今、再びのビーサン跳ばし 達人に極意を教わってきた

特集

この夏、湘南で遊ぶ!

2017/08/12

今、再びのビーサン跳ばし 達人に極意を教わってきた

誰もが子どもの頃、一度は熱中したことがある遊び「ビーチサンダル跳ばし」。今回は、飛ばし系ライターの小山田滝音がビーサン跳ばしの極意を学びに湘南のビーチへ。“海遊びの達人”ドジ井坂さんに本気で教わってきました。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

ビーサン跳ばしの先生、否、神

ドジ井坂さん

とにかくすごいボディだ

本名、井坂啓己さん。日本の男性初代プロサーファーで、御年なんと69歳。約40年前にプロサーファーを引退。現在はマリンスポーツを中心に、さまざまな海遊びの普及に携わり、“海遊びの達人”として、湘南地域の盛り上げに貢献している。

ビーサン跳ばしを教わる人

飛ばし系ライター 
 小山田滝音

どちらかと言えば山派

そして私、ライター小山田です。神奈川の西端・湯河原町で生まれ育った32歳、海遊びはからっきしです。編集デスクから「お前は飛ばし系ライターだから、今日はビーサン跳ばしの取材してこい」ってわけわからないこと言われて、茅ヶ崎・ヘッドランドビーチまで来ました。

早速、教わります。

ライター小山田
ライター小山田
「ドジ井坂さん、こんにちは! 今日は宜しくお願いします。僕は海のある街で生まれ育ちましたが、どちらかというと山側に家があったので、人生でビーサンを跳ばしたのは数えるくらいのド素人です。でもビーサンって、正直誰でも簡単に跳ばすことができるんじゃないですか?」
ドジ井坂さん
ドジ井坂さん
「ビーサン跳ばしって、簡単にできるようで意外と難しかったりするんですよ。まあまずはやってごらん」
ということで手始めにビーサンを跳ばしてみる小山田。しかし、意思に反して上に跳んでしまう…
ライター小山田
ライター小山田
「全然前に跳ばない…。子どものころはもっと簡単にできていたはずなのに。これが老いというものか(愕然)」
ドジ井坂さん
ドジ井坂さん
「力が入って体が硬くなってしまっているね。もっと、リラックスしてごらん! 足の指に力が入っていると跳ばないよ」
ビーサン跳ばしのレクチャーを受ける小山田。ドジ井坂さんは熱く、それでいて丁寧に教えてくれた。出会って数分。すでに師弟関係の感すらある
ドジ井坂さん
ドジ井坂さん
「子どもたちを教えていて多いのが、緊張してしまって体が硬くなっている状態。それだとビーサンが上にしか跳ばないんですよ」
ドジさんのレクチャーのおかげです少しずつ前に跳ぶようになった小山田。これでもうバッチリ?
ドジ井坂さん
ドジ井坂さん
「ビーサンを跳ばすとき、足全体ではなくて、膝をうまく使ってテコのように足を使うとより前に跳ぶよ」
膝をテコのように…む、むずかしい
ドジ井坂さん
ドジ井坂さん
「そうだ、今日はこのあとに『ビーサン跳ばし選手権』をやるから、よかったら参加していったら?」

ビーサン跳ばし選手権ですと? ドジさん、それは果たし状ですか? もちろん男・小山田、参戦いたしますよ!

というわけで、ド素人が選手権に参加してみた

ビーサン選手権の様子。選手権つっても、ほのぼのとした雰囲気です

説明しよう。ビーサン跳ばし選手権とは平成元(1989)年に茅ヶ崎市で誕生し、現在は全国14カ所で開催されている大会である。参加資格は特になく、大会当日にふらっと開催場所のビーチに行きエントリーすれば誰でも参加できる。ちなみに、一人につきビーサン跳ばしができる回数は1回限りです。そう、失敗は許されないのである。

試合直前。

参加者は試合で使用するビーサンを選びます。

おもむろに撒かれた試合用のビーチサンダル

その時です。ビーサン選びをしている僕のもとにドジさんが近づいて、耳元でこうアドバイスしてくれました。

ドジ井坂さん
ドジ井坂さん
「より遠くへ跳ばすためには、ビーサン選びが大事なんだ。重たくてもダメで、反対に軽すぎても風に吹かれて持っていかれてしまうからね(ヒソヒソ)」
ライター小山田
ライター小山田
「ド、ドジさん…ありがとうございます! 僕を優勝させるために、そんな有力な情報を」

ドジ井坂さんからのアドバイスをもとに、重すぎず軽すぎないビーサンを物色します。これで優勝はもらったものだ、イヒヒヒ。

いろいろ試し履きしたものの、自分が履いてきたサンダルでもOKとのことだったので、慣れ親しんでいるサンダルで挑戦することに
ライター小山田
ライター小山田
「うーん、重すぎず軽すぎないビーサンがどの程度のものなのかわからず、結局は履いてきたものをチョイスしちゃいましたよ。まぁ、とりあえずやってみます」

絶対に負けられない戦いがここにはある

ライバルの“投擲”を睨みつけて威嚇するライター小山田。「相手が女だろうが子どもだろうが容赦はしない」。まさに勝負師の姿はそこにはあった

ついに僕の番です…と、その時、再びドジさんが僕に近づいてきてこう言います。

ドジ井坂さん
ドジ井坂さん
「風が海から陸に向かって吹いているから、流されてファウルにならないように少し海側に向かって跳ばすといいよ。ちなみに世界記録は15.16メートルだよ。超えられるかな?」

どこまでも小山田びいきなドジさん。ありがとう。そしてド素人の僕に世界記録超えを期待してくれるなんて、感動すら覚えます。ええ、やりますとも。行ってやりますとも、ピリオドの向こう側へ。

でーーーーーーーい!

グッバイ、ワイのビーサン!
まるで羽をつけた天使のように舞うビーサン(※イメージです)
ライター小山田
ライター小山田
「これはイッたでしょ! ドヤ、ドヤ、ワイの記録はドヤ?」
小山田の記録を確認する係員さん。果たして世界記録の更新は?
係員さん
係員さん
えーっと、ただいまの記録、約4メートルですね
ライター小山田
ライター小山田
「えー、そんなはずは! そして“約4メートル”って大雑把すぎぃぃぃ!」
表彰される人たちを前に肩を落とす小山田。黒い
ビーサン跳ばし選手権は、子どもの部、小学生の部、女性の部、男性の部などの部門に分かれており、それぞれ3位までに入賞を果たした人には表彰状がもらえる
ライター小山田
ライター小山田
「悔しかったけど、とても楽しかったですし、いい思い出になりました。そういえばドジ井坂さんは、“海遊びの達人”と呼ばれているとのことですが、普段はどんな活動をされてらっしゃるんですか?」
ドジ井坂さん
ドジ井坂さん
「もともと僕は若い頃からずっとサーフィンをやっていて、プロに転向して、約40年前に引退したんです。その後にマリンスポーツの普及活動を全国で行い、その一環としてビーサン跳ばしを中心とした海遊びを普及させていったんです。そんな中で約30年前に、茅ヶ崎市の環境市民団体『ほのぼのビーチ実行委員会』がビーサン跳ばしを競技にしようって言ってくれて」
ライター小山田
ライター小山田
「40年以上もマリンスポーツや海の遊びの普及に携わっているなんて!」
ドジ井坂さん
ドジ井坂さん
「ちなみに、ビーサン跳ばしを開催するもう一つの理由は、海から全員を上がらせること。というもの、海では海水浴だけでなく浜辺でも面白い遊びがたくさんあるということを知ってほしいからなんです。かつての江戸時代、日本では、世界でもっとも遊びの文化が発達していたともいわれています」
ライター小山田
ライター小山田
「へー、それは面白い話です」
ドジ井坂さん
ドジ井坂さん
「でも明治になり、西洋から様々なスポーツが伝えられてきて、『これでは日本人は遊んでしまう』『こういうのは鍛錬のためにやるもんだ』と言って、『〇〇道』などと呼ぶようにして、いろいろな遊びをなくしてしまった。もったいないことです。そういうかつてあった遊び文化、遊びへの情熱みたいなものを現代の人がもっと持つようになってほしいんですよね。それで僕の場合はずっとマリンスポーツをやっていたので、海の遊びを普及させていっているんです」
この日、「ビーサン選手権」に参加した皆さん。「茅ヶ崎ビーチクラブ」として海遊びの普及運動を行っている
ドジ井坂さん
ドジ井坂さん
「現代では、共働きをしているお母さんが家にいないことで、夏休みなのに外に遊びにいけない、海に行けない子が多くなっています。そんな中で茅ヶ崎では海を使った学童保育を始めています。インストラクターは地域のシニア層たちが担っていきます。僕はこうやって多くの人々と一緒に社会貢献できるような活動をこれからもやっていこうと思っています。さらにみんなが利用できる公園のような場所をどんどん作ろうと思っています」
ライター小山田
ライター小山田
「めちゃくちゃ素晴らしい活動だと思います。今日はビーサン跳ばしだけじゃなくて、人生の先輩にたくさんのことを教わった気がします! 明日からは飛ばしライターって言われないように、一生懸命仕事します。ありがとうございました!」
ビーサン跳ばしを通じて、子どもたちや日本の未来についてまで考えされられたライター小山田。「もう飛ばし記事は書きません」と誓うのであった
Yahoo!ロコ茅ヶ崎ヘッドランドビーチ
住所
神奈川県茅ヶ崎市東海岸南

地図を見る

アクセス
茅ケ崎駅[南口]から徒歩約27分
北茅ケ崎駅[出口]から徒歩約39分
辻堂駅[西口]から徒歩約50分
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材・文/小山田滝音
撮影/皆本類

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES