今、福井がアツい! 福井ラバーがイチオシする観光スポット

特集

夏の終わりの福井を楽しむ方法

2017/08/27

今、福井がアツい! 福井ラバーがイチオシする観光スポット

雄大な日本海、そして緑あふれる山々に囲まれた福井には、美しい自然が満喫できるスポットがめじろ押し。さらに、日本海でとれた海の幸をふんだんに使った料理は、地元住民はもちろん、観光客の心をわしづかみにしている。今回はそんな福井のイチオシスポットを、同県を愛する方々に聞いた。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

残暑が厳しい今こそ行きたい! 福井のおすすめスポット

山と海に囲まれた自然豊かな福井には、日本三大松原の一つに数えられる「気比(けひ)の松原」や、国の天然記念物に指定されている「東尋坊(とうじんぼう)」、越前ブルーと呼ばれる美しい海が広がる「越前海岸」など、風光明媚(ふうこうめいび)な観光スポットがいっぱい。

そして、厳しい残暑が続くこの時期は、美しい苔(こけ)が広がる神秘的な境内を参拝できる「白山平泉寺」や、樹木が生い茂る足羽川(あすわがわ)渓谷にかかる「かずら橋」がおすすめ。県内屈指のパワースポットを散策して、今年の夏最後の思い出作りをしよう。

そんな魅力たっぷりの福井を愛する方々に、絶対に行っておくべきスポットを尋ねた。

福井を愛する6名に聞きました! 「私がすすめる、ココに行っておけば間違いない」スポットは?

トップバッターはこの方!

福井ふるさと大使を務める五木ひろしさんにおすすめスポットを聞いた

Q1.ココは絶対行っておくべき! というおすすめのスポットを教えてください。

五木ひろしさん
五木ひろしさん
「私のおすすめスポットは『レインボーライン』です。三方五湖(三方湖、水月湖、菅湖、久々子湖、日向湖の5つの湖のこと)を一望できる景観は見応え十分。山頂公園内の『五木の園』という場所に、私の代表曲のひとつである『ふるさと』の歌碑があります。『レインボーライン』は四季を通じて景色を楽しめる場所なのですが、これからの時期は紅葉の絶景スポットです。都会の喧騒を忘れ、この秋、ドライブを楽しんではいかがでしょうか?」
全長約11.2kmの有料道路「レインボーライン」。その頂上にある公園は、三方五湖が一望できるビュースポットとなっている

レインボーライン

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

Q2.他県の人に声を大にして伝えたい! 福井の魅力とは、ズバリどんなところでしょう?

五木ひろしさん
五木ひろしさん
「私の好きな食べ物は、『ヨーロッパ軒』ソースカツ丼です。小さい頃からこのカツ丼を食べて育ちました。通常のカツ丼とは違い、独特のソースはクセになります。福井に帰る時は必ず『ヨーロッパ軒』に立ち寄ります。これを食べないと福井に来た気がしません。私のおすすめする福井の味です。ぜひ食べてみてください!」
「ヨーロッパ軒」のソースカツ丼(880円)。福井を訪れたら、必ず食べたい逸品だ

ヨーロッパ軒 総本店

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

五木ひろしさん

五木ひろしさん

福井ふるさと大使

続いてはこの方!

ふくいブランド大使の高橋愛さんがおすすめスポットを教えてくれた

Q1.ココは絶対行っておくべき! というおすすめのスポットを教えてください。

高橋愛さん
高橋愛さん
「やはり福井といえば恐竜! ということで『福井駅』にいる恐竜に触れていただきたいなと思います♡ 必ずといっていいほど、駅前に行くといつも写真を撮ってしまいます(笑)。そして、駅前のビル『ハピリン』にあるプラネタリウム『セーレンプラネット』では、わたしが出演させていただきました、全天周ドーム映画『星々の約束』という物語も放映されております! ぜひお立ち寄りくださいませ。そのあとは、『福井県立恐竜博物館』に行って、さらに恐竜の迫力を味わっていただきたいですね!」
「福井駅」の恐竜広場には、恐竜モニュメントや恐竜足跡化石がズラリ。一番大きなフクイティタンの高さはなんと約6m! 大迫力の恐竜がお出迎えしてくれる人気スポット

福井駅 恐竜広場

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

Q2.他県の人に声を大にして伝えたい! 福井の魅力とは、ズバリどんなところでしょう?

高橋愛さん
高橋愛さん
「とにかく福井の人が好きです! 福井に帰った時に、老若男女問わず、『愛ちゃんか? 頑張ってるの! いつも応援してるざ!』と声をかけてくださるんです。それがとてもうれしくて、頑張ってて良かったって思えます! 福井の人たちのためにも、もっと福井の良さをたくさんの人に知ってもらいたいなと思っています!」
高橋愛さん

高橋愛さん

女優・モデル・ふくいブランド大使

続いてはこの方!

福井市観光大使を務める清水邦広さんにおすすめスポットを尋ねた

Q1.ココは絶対行っておくべき! というおすすめのスポットを教えてください。

清水邦広さん
清水邦広さん
「福井に来たならまずは『福井駅』。私は試合や合宿などの遠征で全国各地に行っていますが、あんなに駅前に恐竜がいるのは福井県だけではないでしょうか。興奮すること間違いないと思います。また、池田町にある『かずら橋』はイチオシです。つり橋の板の間隔が思ったよりも広く、隙間から下が見えるのでとても怖いです。足を踏み外しそうになったり、歩くとすごく揺れるので、ちょっとしたアトラクションのようなつり橋です。足羽川が流れる自然の中にあり、とても気持ちが良くて大好きです」
足羽川渓谷にかかる「かずら橋」。実は恋に効くパワースポットとしても有名で、この橋の上で愛を誓うと永遠に幸せになれるのだとか…

かずら橋

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

Q2.他県の人に声を大にして伝えたい! 福井の魅力とは、ズバリどんなところでしょう?

清水邦広さん
清水邦広さん
「福井には観光スポットがたくさんあり、春夏秋冬どの季節に行っても楽しめると思います。食べるものもとてもおいしく、おろし蕎麦(そば)ソースカツ丼越前がに鮎(あゆ)は地元に帰れば必ず食べます。また、山や川があり、海もある自然豊かで空気がきれいなところです。都会にはない福井の魅力が本当にたくさんあると思います」
清水邦広さん

清水邦広さん

福井市観光大使

続いてはこの方!

めがねのまちさばえ大使を務める立花あんなさんがおすすめスポットを教えてくれた

Q1.ココは絶対行っておくべき! というおすすめのスポットを教えてください。

立花あんな
立花あんな
めがねのまちさばえということで、やはり『めがねミュージアム』が素晴らしい! 1日であんなにたくさんのオシャレなめがね、サングラスに出合えることはなかなかないですよ! めがねの手作り教室など貴重な体験もできちゃいますよ! みなさんも必ずお気に入りのめがねに出合えるハズ!! さらに! 『ヨーロッパ軒』ソースカツ丼が今まで食べたカツ丼の中でダントツNo.1のおいしさでした!! ぜひみなさんにも食べてほしいです!」
めがねの国産フレームの95%以上のシェアを誇る鯖江市。めがねを買って、学んで、楽しめる施設「めがねミュージアム」は人気の観光スポットになっている

めがねミュージアム

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

Q2.他県の人に声を大にして伝えたい! 福井の魅力とは、ズバリどんなところでしょう?

立花あんな
立花あんな
「どこに行っても人々が温かく親切でした!! さらに、とにかく空気がおいしくってひたすら緑いっぱいの景色を写真に収めました! 鯖江に来たら心が癒やされること間違いなしです! 時期によってはホタルが見られちゃうくらい自然が豊かな街です!! わたしは人生初のホタルだったので生ホタルが見られるなんてとっても感激しました!」
仮面女子 立花あんなさん

仮面女子 立花あんなさん

めがねのまちさばえ大使 仮面女子課長

続いてはこの方!

福井を中心に活躍するフリーアナウンサーのさかいちよみ。さんにおすすめスポットを聞いた

Q1.ココは絶対行っておくべき! というおすすめのスポットを教えてください。

さかいちよみ。さん
さかいちよみ。さん
「福井県勝山市にある『白山平泉寺』がおすすめ! 今年は泰澄大師が白山を開山して1300年の記念の年。青く苔生(こけむ)した境内は静寂な雰囲気で心穏やかに。中でも特におすすめは南谷三千六百坊跡の一角に残る『若宮神社』の大杉。天正2年の全山焼失に耐えて残ったという樹齢450年の長老のたたずまいは見ているだけでもパワーがいただけます。平泉寺のふもとには牧場の新鮮なジャージー牛のミルクで作るおいしいソフトクリーム屋さんも。まほろばの地でぜひ♪」
国史跡「白山平泉寺」。苔に覆われた神秘的な境内を一目見ようと、連日多くの参拝者が訪れる
「若宮神社」の大杉

白山平泉寺

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

若宮神社

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

Q2.他県の人に声を大にして伝えたい! 福井の魅力とは、ズバリどんなところでしょう?

さかいちよみ。さん
さかいちよみ。さん
「福井は水も空気もうまい! だからこそお米もうまい! コシヒカリ発祥の地ということもあってとにかくご飯がおいしい! さらに優しい響きの『福井弁』。心温かい優しい福井人から出てくるやわらかい言葉の響きは訪れた人の心を温めます♪ さすが『幸福度日本一』に輝いただけのことはあります! 海もありますよ! 山もありますよ! 冬の味覚『越前がに』をはじめ自然の恵みもたっぷり楽しめます♪」
さかいちよみ。さん

さかいちよみ。さん

フリーアナウンサー

ラストはこの方!

福井県の公式恐竜ブランド・ジュラチックのラプトがおすすめスポットを教えてくれた

Q1.ココは絶対行っておくべき! というおすすめのスポットを教えてください。

ジュラチック ラプト
ジュラチック ラプト
「福井県の好きなスポットといえば、もちろん『福井県立恐竜博物館』じゅら! 年間90万人を超える入館者数で世界三大恐竜博物館の一つとして高い評価を得ているじゅら。大迫力の恐竜全身骨格が44体もあるほか、数多くの化石やジオラマが展示され、大人も子どもも夢中になれるじゅら。今年10月15日(日)までは、特別展『恐竜の卵~恐竜誕生に秘められた謎~』を開催中じゅら。恐竜の貴重な記録を楽しむことができるじゅらよ!」
日本屈指の規模を誇る恐竜ミュージアム「福井県立恐竜博物館」

福井県立恐竜博物館

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

Q2.他県の人に声を大にして伝えたい! 福井の魅力とは、ズバリどんなところでしょう?

ジュラチック ラプト
ジュラチック ラプト
「『福井県立恐竜博物館』のほかにも、ミシュラン・グリーンガイドで二つ星を獲得した『大本山永平寺』、戦国時代の城下町の遺構が残る『一乗谷朝倉氏遺跡』、日本海にそびえたつ断崖絶壁の『東尋坊』、爽快レイクビュー『三方五湖』など、魅力あるたくさんの観光地があるじゅら。また、御食国(みけつくに)の至宝『若狭ぐじ』や冬の味覚の王者『越前がに』など、豊かな自然からもたらされる四季折々の豊富な食材もあるじゅら。さらに今年は、福井生まれのコシヒカリを超えるおいしさの新たなブランド米『いちほまれ』の生産を開始し、話題を呼んでいるじゅらよ!」

福井に行ったら必ず立ち寄りたい観光スポットを教えていただきました。みなさまありがとうございました!

福井に行きたくなってきたあなたへ、便利な情報そろえました

 
福井行きのツアーを検索

福井行きのツアーを検索

Yahoo!トラベル

福井に行きたい欲が高まってきたら、まずはお得なツアーをチェックしてみては?

ちょっとリッチな宿泊プランを探そう

ちょっとリッチな宿泊プランを探そう

一休.com

一休なら、心と体にやすらぎを与えてくれる、ぜいたくな旅行が見つかるはず。

クチコミ数の多い福井の飲食店ランキング

クチコミ数の多い福井の飲食店ランキング

Yahoo!ロコ

せっかく行くなら、おいしいグルメも忘れずに。みんなの口コミを見てみよう。

福井の天気

福井の天気

Yahoo!天気・災害

服装や持ち物を決めるのに必要なお天気は、ここから確認を。

福井のおすすめ観光スポットについて聞いてみよう

福井のおすすめ観光スポットについて聞いてみよう

Yahoo!知恵袋

どこに行けばいいか迷ったら、全国のユーザーに聞いてみるべし。

福井についてもっと知りたくなったあなたに

 

全国での検索のうち、福井県内から検索された割合が高いもの(その地域に根差した検索ワード)を編集部でピックアップしてみました。(集計対象期間:2017年7月20日〜8月20日)

2017年7月26日、人気の立ち食いステーキ専門店「いきなり!ステーキ」福井初出店。オープン初日には、店の前に50名以上の行列ができ、開店時間を20分早めるという異例の事態に。新店舗がオープンするたびに、何かと話題を集める「いきなり!ステーキ」だ。

2017年8月13〜15日にかけて、越前市で行われた「第12回 越前市サマーフェスティバル」。2000人の市民が町内を踊り歩く「ふるさと踊り」や、町中が七夕飾りで華やぐ「わっしょい越前」など見どころ満載のイベントだ。個人的には、最終日に行われた約10000発の花火が夜空を彩る「花火大会」を見てみたかった。

めがねの街・鯖江市にある映画館「鯖江アレックスシネマ」。当館の公式Facebookでは、支配人である池田さんのややテンション高め(?)な新作映画にまつわる投稿が楽しめる。今年8月3日の、映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』について触れた投稿にはクスリときました(笑)。


取材メモ/僕が気になったのは、仮面女子の立花あんなさんにご紹介いただいた「めがねミュージアム」。小学生時代から30代になる今までめがねをかけ続けている僕にとって、めがねはなくてはならない大切な存在。僕が使っているめがねのフレームは国産なので、きっと鯖江市で作られているハズ。日頃の感謝を込めて、いつかめがねの聖地を巡礼したいと本気で思っています。

取材・文=樋口和也(シーアール)

あわせて読みたい

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES