精神科医が「ウーピーゴールドバーガー」で感動。駄洒落と、脳。

特集

8月の連載記事まとめ

2017/08/27

精神科医が「ウーピーゴールドバーガー」で感動。駄洒落と、脳。

精神科医として総合病院に勤務する傍ら、文筆、音楽、ラジオなどマルチに働く星野概念が「食べに行く」という行為を通して、「こころ」に関する気づきをひも解く。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

創造性もセンスも、経験の記憶の積み重ね次第。それを司る脳のすごさよ。

こんにちは、精神科医の星野概念です。

この連載は、日常の食生活の中から僕が感じたり考えたりしたカウンセリング的要素をみなさんにご紹介するものです。

「ウーピーゴールドバーガー」なんていう駄洒落のようなハンバーガー屋さんを見つけました。このお店に惹かれた経緯と、惹かれる理由を考えていたら、やっぱり脳ってすごいなぁ、と思えたのでした。今回はそんなお話です。

  

【目次】
1. 2方向からドーパミンを刺激する
ハンバーガー屋
2. 創造性もセンスも記憶次第
3. 駄洒落も脳にいいのかな


1. 2方向からドーパミンを刺激するハンバーガー屋

・必然的にコーラスグループ

コーラスや合唱が大好きです。全員で同じ旋律を歌っている(ユニゾンしている)時も、ハーモニーを奏でている時も、誰かが飛び出すようにソロパートを歌う時も、恍惚すら感じられる時があります。

僕は星野概念実験室というコーラスグループをやっているのですが、それももはや必然であるとさえ思います。

     

1年に数回しかライブは出来ませんが。
いや、しませんが、合唱部出身の人を誘い、ハーモニーなど専門的なことが分かる音大出身の人を誘い、歌いたい人を集めて歌います。

それはもう、、、、

  

最高です!!

  

・ゴスペルに憧れて

ゴスペルは、そんな僕にとって大きな憧れです。

  

日本ではクリスマスの風物詩のような印象があるので、まだ暑いこの時期に話題にするのは、違和感を感じますが、

  

合唱、恍惚、といえばゴスペルです。

  

何かの映像で、本場の教会で歌われている場面をみたことがあるのですが、大勢で歌う中、黒人のおばあちゃんが歌いながら、恍惚のあまりに涙を流し、気を失いそうになっているのには

  

嫉妬さえ覚えました。

  

そんな僕なので、好きな映画を挙げるとしたら……

  

「天使にラブソングを」

は欠かせません。

  

特に、主演女優のウーピー・ゴールドバーグは素晴らしい。

  

子供の時に初めて「天使にラブソングを」を観た時には、国籍も、言語も、人種も違うというのに、ウーピー演じるデロリスのことを、なぜか本物の母親以上に、

「ママだ!」

  

と感じました。

さすが子供!

柔軟!

  

・まさかの店名に遭遇

ある日、渋谷で自分のコーラスグループのライブがあったので、昼間にリハーサルを終えて、本番までの間をブラブラして過ごしていました。

  

すると、少し細い路地を入ったところにハンバーガー屋さんがありました。

  

その店構えに何となく惹かれて近づいたのですが、

  

あいにくお休み。

  

ただ、その店名をみてみるとなんと

ウーピーゴールドバーガー!!!!

  

当時の看板の表記は覚えておらず、英語表記だったかもしれませんが、カタカナ読みでは間違いなく

ウーピーゴールドバーガー!!!!

  

僕は思わず

「ママ!!」

  

と叫びそうになりましたが、女性のメンバーもいたので、叫びませんでした。そして心の中で

(必ず、すぐに、くるぞ!)

と、映画「ターミネーター」シリーズのアーノルド・シュワルツネッガーの雰囲気でそう誓い、その日はお店を後にしました。

  

その日のライブ、脳内ではウーピーが憑依。

  

しかし、自分の声帯や音感にはウーピーはノット憑依……。

  

イメージと身体性のギャップに苦しみ、散々な結果になりました。

  

・そして、すぐに、いくぞ!

後日、予告通り、すぐにお店を訪れました。

  

ある意味、この店名のお陰でライブが(僕だけですが……)ぐちゃぐちゃになったのです。期待外れだったらどうしてやろうか。

そんな気持ちを握りしめて入店。

メニューをみると、そんな気持ちを抱いていた自分をすぐに懺悔しました。

  

並んでいたメニューの名前が素晴らしすぎたのです。一部を書くと

ヘレナボナムバーガー
スティーブンソダーバーガー
サラジェシカバーガー
シャルロットゲンズバーガー
ウーピーゴールドバーガー


店名から薄々気づいていたけど、

  

駄洒落やん!!

  

僕の推理だと

ヘレナボナムバーガー
⇒ヘレナ・ボナム・カーター

スティーブンソダーバーガー
⇒スティーブン・ソダーバーグ

サラジェシカバーガー
⇒サラ・ジェシカ・パーカー

シャルロットゲンズバーガー
⇒シャルロット・ゲンズブール


そして、

ウーピーゴールドバーガー
⇒ウーピー・ゴールドバーグ

  

でしょう。まぁ、推理するまでもないとは思うのですが、それにしてもこのハリウッドたちの使い方よ!

さらに突き刺さったのは、

ケビンベーコン
⇒ケビン・ベーコン

  

きゃ! そのまま!!

  

その後も心の中でキャッキャ、キャッキャはしゃぎながら注文を迷った結果、

サニーサイドケビンベーコン

という、いわゆるベーコンエッグバーガーを楽しく食べました。またこれ、ハンバーガー自体がかなり良い!

  

付け合わせのマッシュポテト(フライドポテトと選べる!)も美味しかったし、酒の種類も豊富。

嗚呼、素敵!!

   

そして何より、想像力を刺激するメニューたち。

  

思わず、帰り道で自分でもメニュー名を考えたのですが……

ジョニーディップ

イーサンポーク

ベネディクトカンバーバーガー

オードリーヘップバーガー

ケン ワタナバーガー

……。
はぁ、イマイチでした。

  

それはともかくとして、美味しい料理と、おもしろ駄洒落という2元的なドーパミンの刺激を味わえる、他にはなかなかない、素晴らしいお店でした。

2. 創造性もセンスも記憶次第

・脳のすごさ

僕は精神科医なので、脳研究の専門家ではありませんが、日本を代表する脳研究者の池谷裕二さんと、糸井重里さんの共著である『海馬』という本を読んで、精神医学を志した、かつての人生の分岐点もあり、脳の話にはとても興味があります。

  

脳に関して、すごい! と思うことは、あまりにもあり過ぎるのですが、今回はそのごく一部を書いてみようと思います。

・脳には細胞が1000億も

脳には全体で約1000億個も神経細胞があります。

まぁ、大人の体には全部で約60兆個の細胞があるのですが。

脳のそれぞれの神経細胞は、的確に手をつなぎ(実は、実際にはつないでおらず、
数万分の1mmの隙間があります)、様々な神経伝達物質という化学物質をリレーしながら、

  

リレーしながら、、

  

リレーしながら、、、

  

リレーしながら、、、、

  

電気刺激を伝えていきます。

それによって、運動できたり、感情が発生したりと、日々の生活を営んでいるわけです。

でも、よく考えたら、1000億個もある細胞たちが、的確に手をつなぐって、すごいと思いませんか?

だって、地球上の人口は100億人に満たないのです。

細胞を人間、手をつなぐことを通信に例えたとしたら、全ての人達が、例えばチェーンメールなどを的確に拒否するなんて無理ですよね。

通信に例えなくても、的確ではなさそうな人と実際に手をつないでしまった、なんて経験、誰にでも1回や2回はあるのではないでしょうか。

ぐぬぬ……。

  

それを(基本的には)しない神経細胞、とてつもなく偉いです!

では、このようなつながりが実際にどのように我々の生活に影響を及ぼしているのか。

これはもう果てしなさすぎるし、分かっていないことも多いので、ここで全てを解説しようとするのは、それこそ的確ではありません。

・感性も記憶の組み合わせ

今回、僕が言いたいのは、人間の認識は、感性、つまりセンスも含めて、記憶の組み合わせでできているらしいということです。

  

僕自身、これは前述した『海馬』で初めて得た知識で、その後論文を調べはしたものの、脳研究者ではない僕には自分で確かめようがないのですが、それにしても、とてもしっくりくる気がします。

・自分の経験では

例えば診察で、ある考えで凝り固まってしまっている患者さんとお話しているとします。

  

お話しながら、少し考えが広がるように、とか、少し違った視点で考えてみるような流れをつくれたとします。

それを続けることで、その方の価値観が少し柔軟になったり、多面的になったりする例を、僕は何度も経験しています。

・視点を色々と変えてみることで

これはきっと、新たな視点で考えてみるようにしてみたことで、それまでその方にはなかった神経細胞のつながりが出来たのだと思います。

  

こういう感じで、色々な場所で、的確かつ新しいつながりができていくと、発想が豊かになりそうな気がしませんか?

つまり、様々な経験を記憶することで、創造性とか、物事を感じる柔軟なセンスが養われるということなのではないでしょうか。

  

頑固一徹というのも一つの哲学かもしれませんが、時には色々な物の見方をしてみたり、新しい経験をしてみることは大切なことなのでしょう。

3. 駄洒落も脳にいいのかな

こう考えると、駄洒落もある意味、元々はつながりのないものを、つなげているとも言えそうです。

ウーピーゴールドバーグ

  



ハンバーガー

  



ウーピーゴールドバーガー

  

これって、頑固に言葉の意味に囚われずに、響き先行でつなげたわけですよね。

・駄洒落が得意な人

駄洒落が得意な人種といえば、子供と、酔ったおじさんです。

子供は言葉を覚える過程で、意味は分からないけど、音が似てて面白いから、楽しそうに駄洒落を言うのでしょう。

  

酔ったおじさんは、言葉の意味なんてどうでもよくなるし、酔えばちょっと子供返りもする(個人差あり)。そこに、それまでの人生で得た語彙力を、主に響き主体でフル活用して駄洒落を言うのでしょう。(僕もその一人なのでよく分かります)

  

・駄洒落とラップの関連性

これって、もっと深めたら、ラップにもつながりそうですね。

韻をふむ、というのは、母音を合わせるということなので、響き先行で言葉をつなげるという意味では駄洒落と近いような気がします。

そういえば、僕の知り合いのラッパーが、フリースタイルの練習をしていたら、ある日急にコツが掴めてできるようになったと言っていました。

  

これって、もしかして、彼の脳内でフリースタイルに必要な神経細胞が的確に手をつないだ結果なのではないでしょうか!?

  

やっぱり、駄洒落的なアプローチも脳に悪くなさそうです。

・新しい脳トレ!?

というわけで、みなさんも、ウーピーゴールドバーガーに行って、ハンバーガーにかぶりつきながら、新メニューを考案してみてください。

  

万が一流行ったら…… 「脳にも良い!」なんて感じでバズったら……

  

ウーピーゴールドバーガーさんと星野概念の連名で、新しい脳トレとして、世間に提案できるかもしれない!

  

な、なんと、早速出版の可能性が!?

  

嗚呼、想像しただけで歌いたくなってきた。

  

ジョイフル ジョイフル〜♪

  

星野概念(ほしのがいねん)

星野概念(ほしのがいねん)

精神科医

権田直博(ごんだなおひろ)

権田直博(ごんだなおひろ)

画家

Yahoo!ロコウーピーゴールドバーガー
住所
東京都渋谷区渋谷1-9-4 トーカンキャステール渋谷 1F

地図を見る

アクセス
渋谷駅[13a]から徒歩約2分
渋谷駅[宮益坂口]から徒歩約4分
渋谷駅[東口]から徒歩約6分
電話
03-3407-0232
営業時間
月,水~金 12:00~15:00,18:00~24:00 土,日 12:00~24:00
定休日
毎週火曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES