集え現代人! 野菜不足を解消するチェーン店系ベジメニュー3選

特集

8/31は「野菜の日」。おいしく楽しくベジチャージ!

2017/08/31

集え現代人! 野菜不足を解消するチェーン店系ベジメニュー3選

忙しい時こそ野菜を食べて体調を整えたいもの。しかし、どこで何を食べたらいいのか悩んでしまうことも多いはず。「多忙な現代人はチェーン店のベジメニューに注目して」と話すのは、野菜ジャーナリストの篠原久仁子さん。野菜のプロがここ一番で頼りにする、オススメの3店を紹介してもらった。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

篠原久仁子

篠原久仁子

野菜ジャーナリスト/野菜ソムリエプロ

野菜のプロが認めたハイレベルなベジメニュー

味に外れがない安定感もチェーン店ならではの魅力(写真はリンガーハット)
篠原久仁子さん
篠原久仁子さん
「野菜ジャーナリストの仕事は、全国各地の畑で生産者さんから伺った声を、生活者(=食べる人)に届けること。さまざまなメディアへの執筆や出演、講演を通じて情報を発信していますが、取材のため月の半分は出張の日々でホテル生活になるため、意外と野菜不足になりがちなんです。そんなピンチを救ってくれるのが、チェーン系外食レストランで提供されるベジメニュー! 味と栄養価のレベルが高いベジメニューを、知らない土地でも食べることができるので心強いんです。今回は、その中でも特にリピートしている、3つのチェーン店のオススメメニューをご紹介します」

\篠原さんお気に入りチェーン系ベジはこれ/
1.サブウェイ「サラダ」
2.長崎ちゃんぽんリンガーハット「野菜たっぷり食べるスープ」
3.はなまるうどん「コクうまサラダうどん」


1.サブウェイ

\レタスが通常の約4倍/
「えびアボカドサラダ」(490円、価格はすべて税込)

大きめのプラスチックボウルで提供される盛りのよさもポイント
篠原さん
篠原さん
「飲食チェーンで世界一の店舗数を誇るサブウェイ。野菜たっぷりのサンドイッチは野菜を食べたい日の定番という方も多いはず。そんなサブウェイの私のお気に入りは、サンドイッチの中身だけを楽しめるサラダメニューです」

\まずはメニュー選び!/

今回取材をアテンドしていただいた日本サブウェイの広報・辻本安芸さんと野菜談義
日本サブウェイ広報・辻本安芸さん
日本サブウェイ広報・辻本安芸さん
「サンドイッチの中身だけを盛った『サラダ』は、日本では開業当初からご提供しています。全てのサンドイッチメニューをサラダで楽しんでいただけます」
篠原さん
篠原さん
「意外と皆さんサラダの存在をご存知ないせいか、注文時や食事中も『え、何その裏メニュー?』って、驚きの目で二度見されます。今回はサンドイッチとサラダを食べ比べてみたいと思います」 

\まずは定番のサンドイッチをチェック/

辻本さん
辻本さん
「サブウェイのオーダー方法は『パンを選ぶ』『お好みでトッピングを選ぶ』『野菜を選ぶ』『ドレッシングを選ぶ』の4ステップで、スタッフと会話をしながらお好みのサンドイッチに仕上げます。迷ったときは『おまかせで!』と言っていただければ、オススメのバランスでおつくりします。担当スタッフのオススメを聞いてみるのも楽しいですよ!」
篠原さん
篠原さん
「サブウェイはスタッフさんとコミュニケーションしながらつくり上げていくのが楽しいですよね」

\広報・辻本さんのイチオシ!/
「えびアボカド」(490円)

たっぷり野菜にアボカドとプリプリのえびがよく合う!
辻本さん
辻本さん
「定番の『えびアボカド』は、レタス、トマト、ピーマン、オニオン、ピクルス、オリーブといった野菜に、ペーストとごろごろチャンクのアボカドと、蒸したえびを合わせたもの。『ローストビーフ』と人気を二分する看板メニューなんです」
篠原さん
篠原さん
「迷ったら『えびアボカド』が間違いないですね。私は『ローストビーフ』とのローテーションで、肉の日・魚介の日と交互に楽しんでいます」

\サラダをオーダーしてみよう/

サラダのオーダー方法もサンドイッチと同じ対面式でカスタマイズするスタイル
辻本さん
辻本さん
「サラダの注文方法も、パン以外はサンドイッチと同じで、お好みで野菜の増減やトッピングもできます」
サラダもカスタマイズを楽しもう
篠原さん
篠原さん
「あの、実は、ずーっと知りたくてしかたないことがあるんですが……」
辻本さん
辻本さん
「なんでしょう?」
思わず身を乗り出す野菜ジャーナリスト
篠原さん
篠原さん
「サラダもサンドイッチも値段は同じですよね。それって、パンがない分、サラダが少し損のような気がするんです(おずおず)」
辻本さん
辻本さん
「なるほど、確かにそれはご心配ですよね(笑)。サラダには、レタスの量がサンドイッチの約4倍入っているんです。食べごたえもちゃんと考慮しているのでご安心ください!」
ドレッシングもお好みで
篠原さん
篠原さん
「それを聞いて長年の胸のつかえがとれました(笑)」
辻本さん
辻本さん
「もちろん、サンドイッチと同じで、野菜も『多め』にできるんです」
篠原さん
篠原さん
「野菜をたっぷり食べたい時には本当に助かっちゃいますね」

\できました/
「えびアボカド」(左:レギュラー、右:野菜多め。どちらも490円!)

量が変わってもお値段はそのまま
篠原さん
篠原さん
「これだけ盛っていただいてお値段据え置きはありがたいです! サンドイッチが324kcalで、サラダのレギュラーが116kcalということなので、エネルギーは約1/3とかなりヘルシー。サラダの野菜多めと普通では、分量はどれくらい違うんですか?」
辻本さん
辻本さん
「公表していないのではっきりとは申し上げられなくて……。申し訳ありません」
快調にサラダを攻略する篠原さん
篠原さん
篠原さん
「私が持ち上げた感じでは、野菜多めは25%ほど重いような気がします。いかがです?」
辻本さん
辻本さん
「いい線いってますね(笑)」
「ワンコインでしっかり野菜を食べられるのがうれしい」(篠原さん)
篠原さん
篠原さん
「『えびアボカド』は、いつどこのお店で食べても安心感のあるおいしさだなぁ。最近ネットメディアなどでは、サブウェイさんの野菜増量ネタが取り上げられることも多いですね」
辻本さん
辻本さん
「おかげさまで、野菜の量を調整できるサブウェイの魅力を知っていただけているようです。ただ1つお伝えしたいのは、通常の野菜の量が一番バランスのとれた味だということです」
篠原さん
篠原さん
「なるほど、ベストな味のバランスを考え尽くしたレシピなんですね。それならば極端な増量は避けたいですね」
辻本さん
辻本さん
「野菜を増量すると味がやや薄くなるので、有料ですがトッピングを追加されるのもオススメですよ!」
篠原さん
篠原さん
「サンドイッチと同じようにトッピングもできるんですね。野菜を無料で増量できるので、その分と思ってトッピングにコストをかけてもいいかもしれませんね」
辻本さんの隠し玉が篠原さんにクリーンヒット
辻本さん
辻本さん
「はい。ドレッシングも2種類をハーフ&ハーフでかけたりもできます。私のお気に入りカスタムは、えびアボカドにローストチキン(+170円)のトッピングです!」

\広報直伝カスタマイズ登場!/
「えびアボカドサラダ+ローストチキン」(490円+170円=660円)

メニュー外のトッピングで一気にボリュームアップ(でもヘルシー!)
篠原さん
篠原さん
「え、ローストチキンってトッピングメニューには載ってないですよね?」
辻本さん
辻本さん
「実は、サンドイッチの具材は全部トッピングとして乗せることができるんです。例えば、ローストビーフ(340円)、生ハム(190円)なんかもおいしいですよ!」
篠原さん
篠原さん
「何ですかその裏技は! もっと早く教えてください(笑)。しっとりジューシーなチキンがえびとアボカドにこんなに合うなんて!」
穏やかなトークとは裏腹に大胆なトッピングセンスを発揮する辻本さん
辻本さん
辻本さん
「私の心の中で勝手に『えびアボチキン』と、ベタな名前をつけて楽しんでいます(笑)。ですが、お店でオーダーされる時は『えびアボカドにローストチキンをトッピングで』と言ってくださいね」
篠原さん
篠原さん
「これはレギュラーメニューに加えてもいいんじゃないでしょうか。トッピングやドレッシングの組み合わせを研究しに、しばらくはサブウェイに通わないといけないですね(笑)」

\お邪魔したのはこちら/
サブウェイ明大前店

入りやすく明るい店舗はシックな緑の看板が目印

サブウェイ 明大前店

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


2.長崎ちゃんぽん リンガーハット

\480gの国産野菜の山に歓喜/
「野菜たっぷり食べるスープ」(税別680円)

長崎ちゃんぽんから麺を抜いた大胆な発想が話題に
篠原さん
篠原さん
「野菜たっぷりの麺類と言えば長崎ちゃんぽんのリンガーハット。私のオススメは、『野菜たっぷりちゃんぽん』の麺なしバージョン『野菜たっぷり食べるスープ』(税別680円)です」(編集部注:リンガーハットは店舗によって価格が異なるので利用するお店でご確認ください)

\お邪魔したのはこちら/
長崎ちゃんぽん リンガーハット
田町慶応仲通店

企業ロゴも一新し、ますます進化するリンガーハット
篠原さん
篠原さん
「『野菜たっぷりシリーズ』は、野菜が480g入っているのが特徴で、厚生労働省が1日に摂取すべき野菜の量として定めた350gのおよそ1.7倍に相当します。麺なしをオーダーするのは女性の方が多いですか?」
リンガーハット 田町慶応仲通店店長・木原兼士さん
リンガーハット 田町慶応仲通店店長・木原兼士さん
「2015年に発売開始しましたが、低糖質食を意識してか、男女ともに楽しまれているという印象です」
篠原さん
篠原さん
「私は『野菜たっぷり食べるスープ』が登場するまでは、麺ありの『野菜たっぷりちゃんぽん』を頼んでいましたが、なにしろ麺が200gも入っているので途中で満腹に。野菜の人としては残すのも忍びないし、かといって食べ過ぎもツラい。そんなときにスープが登場したので、よくぞここまで潔いメニューをレギュラーで出してくれたと拍手喝采でした」

\1人前分の野菜がこちら/

1人前の「野菜たっぷり食べるスープ」に入る調理前の野菜。7種ともすべて国産
木原さん
木原さん
「『麺なしのちゃんぽんを出してほしい』という意見が多かったので、よろこんでいただけてうれしいです(笑)。野菜の種類は、モヤシ、キャベツ、ニンジン、タマネギ、青ネギ、豆苗、キクラゲの7種類。すべて国産を使っています」
篠原さん
篠原さん
「キクラゲまで国産とは本当にすごいこと。食の安心と安全を大切にする企業としての気概を感じますし、コストパフォーマンスも極めて高くなります」
野菜を炒めてから手鍋に移し、スープや他の具材を加えてさっと煮込む
篠原さん
篠原さん
「まるで汁気が多めの野菜炒めのようなんですが、ちゃんぽんから単純に麺を抜いたものなんでしょうか?」
食べても食べても野菜が出てくる!(歓喜)
木原さん
木原さん
「アクセントにショウガを加えています。また、野菜だけだとスープがサラサラしすぎるので、トロみがつくよう、少しだけ片栗粉を入れてあります」

\2種の味変ドレッシングが標準装備/

1食に2本セットで供給されるという太っ腹さ
篠原さん
篠原さん
「スープは普通の豚骨・鶏がら味に加え、塩味も選べます。私はより野菜の味わいを感じられるサッパリした塩味派。でも、後半になるとちょっと味を変えたくなるので、ある程度食べ進んだらドレッシングの出番です」
木原さん
木原さん
「『しょうが風味』と『ゆず胡椒風味』の2種類をおつけしています」
味変したくなったらドレッシングをひとたらししてみよう
篠原さん
篠原さん
「何から何まで親切ですよね。野菜の栄養素は熱を加えると流れてしまうという意見もありますが、スープならまるごといただけます」

\麺もガッツリ食べたい人にはこれ/
「野菜たっぷりちゃんぽん」(税別720円※店舗によって価格が異なります)

こちらは480gの野菜に加え、ちゃんぽん麺が200g入る。ちなみに無料で麺の増量ができちゃいます!
篠原さん
篠原さん
「今回ご紹介する店の中で、火を通した野菜を楽しめるのはここだけ。480gと聞くとハードルが高そうですが、熱を加えてカサが減っていることと、絶妙な味つけでスルスル食べられちゃいます。未食の方はぜひ味わってくださいね」

長崎ちゃんぽん リンガーハット 田町慶応仲通店

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


3.はなまるうどん

\考え抜かれた食感に脱帽/
「コクうまサラダうどん」(小430円、中530円)

「コクうまサラダうどん」(小430円、野菜増量+100円)は、メニューのヘルシー化を進めるはなまるうどんを代表するベジな一品
篠原さん
篠原さん
「以前、出張先で『今すぐお昼ごはんを済ませないと夜まで何も食べられない』というときに、目の前のはなまるうどんに飛び込んだんです。そこで出会ったのが『コクうまサラダうどん』です」
天ぷらも、衣に米粉を使うことで油分を最大40%カットしているという
篠原さん
篠原さん
「“うどんに天ぷらをトッピングする店”というイメージがある『はなまるうどん』ですが、こんなに野菜たっぷりのメニューを用意してくれて助かった!と、感激したのを覚えています」
はなまるうどん 南池袋二丁目店店長・村上今日子さん
はなまるうどん 南池袋二丁目店店長・村上今日子さん
「ありがとうございます! 以前から期間限定で提供はしていたんです。提供期間が過ぎても『もう一度サラダのうどんを食べたいなぁ』というご意見を多くいただき、店舗でも定番化を希望する声が大きかったんです。2013年4月にレギュラーメニューに仲間入りした時は我々も嬉しかったですね(笑)」
野菜はあらかじめカットされているので調理時間も短い
篠原さん
篠原さん
「うどんを食べに来た人に『ここでも野菜をしっかり摂れるんだ』と気がついてもらえるのがいいと思うんです」

\篠原さんカスタマイズ/
「コクうまサラダうどん」(小430円+野菜増量100円+半熟たまご80円)

はなまるうどん自慢のツルピカ麺をほぼ覆い尽くす大量の野菜たち。半熟たまごを乗せるのが篠原さん流
村上さん
村上さん
「野菜はサニーレタス、オクラ、ニンジン、ダイコンに加え、食感のアクセントにカボチャの素揚げが入ります。オクラには蒸し鶏を和えているのでタンパク質も摂れるんです」
篠原さん
篠原さん
「野菜を増量するとほぼ麺が目視できない(笑)。このビジュアルは野菜好きにはたまりませんね」
村上さん
村上さん
「麺の量は小と中から選べるので、炭水化物の量を調整したい時にも便利なんです。野菜は標準で約50g入っていますが、プラス100円で増量していただくと2倍になります」

\ノーマル仕様もバランスよし/
「コクうまサラダうどん」(写真手前、小430円)

讃岐うどん専門店だけあって麺のうまさは格別。野菜のシャキシャキ感ともちもちした麺のバランスのよさがクセになる

野菜の量を比べてみました

「普通」(写真左)と「野菜増量」(右)を別皿で比べるとその量の多さに驚かされる
篠原さん
篠原さん
100円で“追い野菜”するとすごく多くなってうれしいなぁと思ってましたが、なんと倍になるんですね! このメニューのすごいポイントは、見た目の美しさも考えつつ、食べ心地もいいこと。ニンジンやダイコンの切り方が絶妙で、オクラのとろみとあいまって麺になじむ。よく研究しているなという印象。生野菜をうどんに乗せただけの安易なものでは決してない。半熟たまごをトッピングすると、さらによく絡むし、コクも増すんです」
野菜の切り方を工夫しているので麺とよく絡んで食べやすい
篠原さん
篠原さん
「私がいつもオーダーするのは『麺が小+野菜増量』ですが、ノーマルでも、食事としてのバランスはよさそう。メニューの選択肢が多いので、その日の気分に合わせて選べるのがいいですね」
村上さん
村上さん
「お好みに合わせて、ドレッシングはゴマダレの『焙煎胡麻』と、醤油ベースの『生姜と玉葱』の二種類から選べるんです」(一部店舗では扱っていない場合もあり)
篠原さん
篠原さん
「冷やし中華風の感覚でさっぱりいただける『生姜と玉葱』が好みです。コクが欲しい時はゴマダレを選ぶといいですね」
こちらはゴマを使ってコクを出したドレッシングの「焙煎胡麻」
篠原さん
篠原さん
「はなまるうどんの麺は、2013年からすべて『食物繊維麺』に切り替わりましたよね。うどん1玉にレタス1個分の食物繊維が入っていて、特許も取られたとか」
村上さん
村上さん
「さすがよくご存知ですね。同志社大学との共同研究で、うどんとサラダをいっしょに食べることで血糖値の上昇が抑えられるので、食後も眠くなりにくいんだそうです」
篠原さん
篠原さん
「満腹になっても眠くなりにくいのはうれしいです。うどんを愛するはなまるイズムを感じずにいられません。ますます愛用しちゃいます!」

\お邪魔したのはこちら/
はなまるうどん 南池袋二丁目店

お一人様も入りやすいセルフスタイルは忙しい時に重宝する

はなまるうどん 南池袋二丁目店

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


突出した個性がないと思われがちなチェーン店だが、多くの人がおいしいと感じるメニューを開発し、全国各地で安価に提供する強みは、野菜が不足しがちな現代人にとってのオアシスとなる。現在、国内の店舗数はサブウェイ=383、リンガーハット=653、はなまるうどん=415。3つのチェーンを合わせると、1451軒もの店舗があることに。最寄りの店をマップアプリで見つければ、気軽においしいベジメニューで野菜不足を解消できるというわけだ。


取材メモ/3つのチェーン店とも、「野菜を食べて健康になってほしい」という思いが伝わってきました。

取材・写真・文=杉山元洋

\あわせて読みたい/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES