名古屋でこだわり野菜が味わえる駅近おしゃれベジカフェ3選

名古屋でこだわり野菜が味わえる駅近おしゃれベジカフェ3選

2017/08/31

ここ数年続く全国的な健康食ブームをうけ、名古屋でも野菜に特化した飲食店が急増中! ベジタリアンやビーガンといった菜食主義者はもちろん、デトックスや美肌効果を期待するおしゃれ系女子まで、さまざまな野菜好きから注目を浴びている、おしゃれで居心地のいいベジカフェをピックアップ!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

おいしい&ヘルシーでキレイになれる!? 注目ベジカフェへGO!

2014年ごろから空前のブームとなっている野菜料理店。その波は名古屋にも到達し、野菜メインの正統派ベジレストランのほか、コールドプレススタイルのジュースバーやサラダ専門店など、野菜をプッシュしたレストランやカフェが続々とオープンしている。今回は、男女や世代を問わず支持される、駅から徒歩圏内の名古屋市内の人気ベジカフェを紹介しよう。

カフェと言ってもオシャレなだけでなく、本格的な野菜メニューを出す実力店が増えた

\名古屋で野菜食べるならここ/
1.「en-kitchen」(東別院)
2.「Mamie&mamie」(久屋大通)
3.「salbello」(伏見)


食物アレルギーでも安心の正統派
1.en-kitchen(エンキッチン)

大通りの山王通のそばとは思えない静かで落ち着ける環境

地下鉄名城線東別院駅1番出口から、徒歩約1分にある野菜カフェ。幼いころから食物アレルギーを抱えていた料理家のChiakiさんが、「食物アレルギーを持つ人でも安心して食事を楽しめる場」を目指し、2016年春にオープンさせたという。

「気軽にお立ち寄りください」と話すオーナーのChiakiさん
オーナーChiakiさん
オーナーChiakiさん
「メニューは野菜が中心で、アレルギーの原因となる卵、牛乳、小麦粉は一切使っていません。ヘルシーなベジ料理を求める女性のお客様はもちろん、オプションで肉や魚をプラスすることもできるので、ランチ使いの男性も多く訪れていただいています」
テーブル席も含めた座席は15。Chiakiさんやスタッフとの会話を楽しみたいならカウンターへ!
ボードには食材の栄養成分や効能を表記。健康食品の販売コーナーも要チェック

\こだわり野菜クローズアップ/

自家菜園でつくる野菜はどれも、ピンとしていて新鮮さが伝わってくる
オーナーChiakiさん
オーナーChiakiさん
「今日の料理の素材は、自家菜園で採れたナスとオクラ、それにバジル。この時期はナスやキュウリがメインですね。バジルはソースに使おうかな。秋になるとサツマイモやカボチャなども採れだすので、順次メニューを変更していくんです」

——どの野菜もおいしそう! ナスの形がまちまちなのも自家菜園ならでは。店内に広がるバジルの爽やかな香りもいいですね。

\おすすめメニューはこれ/
「ベジタリアンカレー」(サラダつき1000円)

さらっとしたタイプのカレー。ご飯は紫黒米(しこくまい)や赤米(あかまい)などを使用している

人気メニューのベジタリアンカレー。クミンなど数種類のスパイスとショウガを効かせたスパイシーなテイストだが、ココナッツミルクを加えているので風味は豊か。カボチャやナス、パプリカなどの季節の野菜が上にのる。肉っ気が欲しいときは、塩麹チキン(+200円)をトッピングしよう。

オーナーChiakiさん
オーナーChiakiさん
「カレーは中途半端に甘くするより、しっかり辛いほうがおいしいと思うので、スパイシーな味わいに仕上げました。エアコンなどで冷えた体も温まりますよ」

——辛さの中にもココナッツのまろやかな風味が感じられておいしい! トッピングの野菜もそれぞれが持つ味わいがちゃんと感じられました。

「グルテンフリーパスタ」
(サラダつき1200円)

ナッツのクリームには細かく砕いたブロッコリーも入る

今夏登場の新メニュー。米粉を使ったグルテンフリーの麺と、小麦粉や乳製品、卵、大豆を使用せず、ナッツでつくったクリームソースの相性は抜群! ナッツや紫タマネギの程よい食感と、プチトマトの酸味が味のアクセントに。

オーナーChiakiさん
オーナーChiakiさん
「アレルギーのある人はなかなか食べられない、クリーム系のテイストでつくりました」

——乳製品を使わずに、ここまでコクが出せるとは驚きです。

\スイーツもベジ!/
「カボチャのプリン」(左300円)
「オーガニックチョコレートのブラウニー」(右500円)

スイーツもカロリー低めでダイエット中でも気兼ねなく楽しめる。オーガニックコーヒーにもよく合う

砂糖や卵、牛乳を使わないプリンは、カボチャの優しい甘みとモチモチの触感がたまらない、カフェ一番人気の定番スイーツ。卵、小麦粉、乳製品、大豆、ナッツ類不使用のチョコレートケーキは、オーガニックチョコの香りも楽しめる本格派。豆乳でつくったホイップクリームが添えられる。

オーナーChiakiさん
オーナーChiakiさん
「カボチャのプリンはカラメルの代わりにメープルシロップを使っています。ブラウニーは濃厚な味わいで腹持ちもいいですよ」
「ほろほろココナッツクッキー」(210円)などのかわいいお菓子はおみやげにも。もちろん、小麦粉などは不使用

このほか、日替わりのメイン料理が選べる「健美膳」(1300円)や、米粉パンにひよこ豆のコロッケを挟んだ「ビーガンサンド」(1100円)など、メニューも充実。どの料理も「しっかりとした味わいでおいしい」と評判なので、ベジカフェ初心者にもピッタリなお店と言えるのだ。

en-kitchen

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


コールドプレスジュースをお手ごろ価格で!
2.Mamie&mamie(マミーマミー)

大通りから1本入った細い路地にあり、周辺にはセレクトショップなどが立ち並ぶ

名古屋・久屋大通に2016年3月移転オープンしたMamie&mamieは、美容に気を遣う女性を中心にブームとなっている、コールドプレスジュースの専門店。SNSによるクチコミなどで話題となり、名古屋でも人気店の仲間入りを果たしている。

「オーダーが決まっている場合は電話で予約していただくとスムーズです」(オーナーの水谷さん)

コールドプレスジュースとは、スロージューサーと呼ばれる低回転で強い圧力をかけることで、素材を加熱することなく搾り出したジュースのこと。素材そのものの味を楽しめるほか、栄養素をより多く摂取できるという優れもの。

ゆっくりと素材を搾るので、摩擦熱で野菜や果物の栄養や酵素を壊さないのだとか
オーナー水谷さん
オーナー水谷さん
「当店では、『ノーウォークジューサー』という、栄養素の破壊が最も少ないとされる高品質なジュースメーカーを使っています。一般的なコールドプレスの1.5~2倍の栄養素を抽出できるんです」

\おすすめドリンクはこれ/
コールドプレスジュース(カップ:各税別590円)

定番の3種類。左から「BEAUTY CARROT」「GREEN DETOX」「CITRUS HERB」

水谷さんによると一番人気は、デトックス効果や免疫力アップが期待できる「GREEN DETOX」(コマツナ+リンゴ+レモン)。このほか、美肌やダイエット効果が期待できる「BEAUTY CARROT」(ニンジン+グレープフルーツ)、疲労回復やむくみを抑える効果が期待できる「CITRUS HERB」(リンゴ+オレンジ+コリアンダー)を加えた定番3種類と、季節の素材のジュース1種類を月替りでラインナップしている。

オーナー水谷さん
オーナー水谷さん
「カップのほか、ボトルでの販売(500ml:924円/1L:1790円、各税別)も。自分自身このジュースで体調が改善したので、コールドプレスジュースのよさとジューサーの性能の高さを実感しました」
ジュースやスムージーをつくる様子が見えるオープンキッチン。イートインスペースも7席用意

ーー身をもって体験されたのですね。水谷さんのようにキレイになれるなら続けたくなります(笑)。気に入ったジュースは、ボトルで購入するとお得ですね。

オーナー水谷さん
オーナー水谷さん
「ぜひ! 保存期間も長く、3日前後は持つとされています。ぜひともノーウォークジューサーで搾ったジュースをお試しいただきたいです」

\こだわり野菜をクローズアップ!/

コマツナやリンゴ、オレンジなど、店内にはジュース用新鮮素材がいっぱい

ジュースの素材となる野菜や果物は、岐阜県各務原(かかみがはら)市や愛知県豊橋市など近隣の産地のもの。「お互いの顔の見える関係」を大切にする水谷さんは生産者と直接対話し、自分が納得した素材だけを直接買いつけるのだそう。

オーナー水谷さん
オーナー水谷さん
「9月からは、ナシ、ブドウ、セロリ、レモンに注目。当たり前ですが、素材選びの決め手はおいしいこと。見た目よりも味がいいものを仕入れ、安心できるジュースを安価で提供できるよう日々、頑張っています。日本一リーズナブルなコールドプレスジュースだと自負しています!!」

ーージュースは素材が大切。生産地にこだわるだけでなく、お手ごろ価格で味わえるのはうれしい限りです!

\料理もお忘れなく/
「サラダランチ」(税別799円)

ドレッシングは自家製バジルソースを使用(写真はチキン)
オーナー水谷さん
オーナー水谷さん
「11:00~13:30のランチタイムに味わえるサラダランチも好評です。ツナとチキンの2種類で、ベビーリーフ、レタス、アボカド、トマト、パプリカなどの野菜が満載なだけでなく、ナッツ類や黒米(くろごめ)まで入るのでボリューミー。ドリンクと一緒のオーダーだと50円OFFでご提供いたします」

「カレーランチ」(税別599円)

数量限定の人気メニューなので早めにオーダーしたい
オーナー水谷さん
オーナー水谷さん
「カレーランチは今春からスタートした新メニュー。丸鶏と野菜を長時間煮込んだボーンブロスのスープでつくるオリジナルレシピで、野菜や鶏の旨味を感じる、優しい味わいが特徴です」

ーーどちらも野菜や素材のエキスがたっぷりで、体によさそうです!

「TRIPLE BERRY」(左:税別460円)
「KOMBUCHA」(右:税別460円)

スムージーやKOMBUCHAもオススメ!

ベリーなどのフルーツや地元産の野菜を使ったスムージーは、素材の味が生きているドリンク。保存料や添加物、着色料、白砂糖、人工甘味料を一切使用していないヘルシードリンクなのだとか。

オーナー水谷さん
オーナー水谷さん
「スムージーは定番4種類と月替わりの1種類を含めた5種類をご用意。定番は、美肌やアンチエイジングの効果が期待できる『TRIPLE BERRY』(3種のベリー+リンゴ+ハチミツ+ミルク)と、便秘解消やアンチエイジングの効果が期待できる『NUTS MILK』(アーモンド+バナナ+ココナッツミルク)です」

ーー「KOMBUCHA」とは?

オーナー水谷さん
オーナー水谷さん
「紅茶キノコを使ったドリンクですね。酸味が強くあっさりとしたテイストなので、水割りのほか、炭酸割り、お湯割りでも楽しめます。便秘、デトックス、肝機能改善、アンチエイジング、免疫力アップ、ホルモンバランス調整などの効果が期待できるんです」

ーースムージーはSNS映え必至ですね! 紅茶キノコも体によさそう~。

小窓から「はい、お待たせしました!」と水谷さん。晴れた日は店の外から購入することもできる
オーナー水谷さん
オーナー水谷さん
「コールドプレスジュースやスムージーで手軽に野菜の栄養を摂っていただけるほか、体の中をデトックスし毒を排出するプログラムのジュースクレンズも扱っています。まずはコールドプレスジュースを試していただき、美肌や疲労回復など、どんな自分になりたいか、気軽に相談してください。今よりも健康的な自分になれるお手伝いができると思いますよ!」

余計なものが一切入っていない各種野菜ドリンクで消化器官をいたわれば、無理なく自然に体質の改善に取り組むことができるのだそう。そんなMamie&mamieの哲学がつまったジュースを体験してみては?

マミーマミー

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


話題のチョップドサラダ専門店
3.Salbello(サルベロ)

伏見駅から徒歩約4分。錦の繁華街から少し離れた静かなエリアにある

2017年2月7日オープンのチョップドサラダ専門店。チョップドサラダとは、メルツァルーナと呼ばれる三日月型のナイフで細かく切った具材を混ぜ合わせたサラダのこと。ニューヨークで誕生し、2年ほど前から東京でも話題沸騰! そして今年、ついに名古屋にもその波がやってきた、女性に人気の新ベジグルメなのだ。

オーナーはバーに10年ほど勤めた上萩(かみはぎ)さん
オーナー上萩さん
オーナー上萩さん
「もともとバーで働いていましたが、昼間に営業するビジネスを考えていたんです。そんな時、東京でチョップドサラダに出会い、健康的な料理スタイルに感銘を受け『これだ!』と、ひらめいた(笑)」

ーー刻むことで野菜をたくさん摂れそうなので、確かに健康的です!

席は20席ほど。店の奥には、サラダの素材がズラリと並ぶカウンターを備えたオープンキッチンがある

\こだわり野菜クローズアップ/

厨房にはトマトやニンジン、レタスなど、色とりどりの野菜が並ぶ
オーナー上萩さん
オーナー上萩さん
「ロメインレタスなどの葉物野菜は、愛知の『あまファーム』から取り寄せています。ほかの野菜も積極的に地場野菜を取り入れることで、地産地消を心がけています。愛知は野菜の生産が豊富なのに、消費量はワースト1なので、チョップドサラダでそれから脱け出したいですね(笑)」

\おすすめメニューはこれ/
「カラフルスパイシー」(950円)

一品380gで7種類の野菜が摂れる。気になるカロリーは110kcalほど

メニューのシステムは大きく分けて2つあり、具材を自由にカスタマイズできるオーダーメイドサラダか、野菜とドレッシングの組み合わせが決まっているレギュラーサラダから選択できる。上萩さんいわく、「最初はレギュラーサラダの中から選んでみては」とのことで、肉類の入っていないレギュラーメニューの「カラフルスパイシー」を頼んでみた!

まずは具材を取り分けて準備。これからチョップしてもらうぞ!
オーナー上萩さん
オーナー上萩さん
「『カラフルスパイシー』に使う野菜は、ホウレンソウ、ロメインレタス、レッドオニオン、コーン、レッドキャベツ、ブロッコリー、ニンジンです」
オーナーの上萩さんらスタッフが小気味よく野菜を刻んでいく。
レタスなど大きな葉物からメルツァルーナで刻み、ニンジンなども加えてさらにチョップ!
ドレッシングしてでき上がり! ディナー時は木の器に盛られて提供される
オーナー上萩さん
オーナー上萩さん
「ドレッシングはニンジンベースのキャロットチリ。チリといっても辛くないので子供さんでもOKなんです」

ーーあっという間に完成しちゃいましたね。

オーナー上萩さん
オーナー上萩さん
「オーダーの混雑具合によりますが、早ければ3分ほどでサーブできます。しっかり食べたい時には、オプションでトルティーヤ(150円)もご用意できます」
トルティーヤに巻けば食べごたえUP!

ーーオーダーメイドサラダ(900円)はどうやって注文するんですか?

オーナー上萩さん
オーナー上萩さん
「最初にベース野菜を1〜2種類、トッピング野菜を4種類選びます。あとはお好みのドレッシングを指定していただくだけです。ドレッシングは数種類ありますが、サルベロコブに使われるバターミルクランチドレッシングや、オメガ3に使われるオメガ3ドレッシングなどが人気です。チキンやベーコン、ローストビーフ、チーズなどのプレミアムトッピング(200円~350円)も8種類ありますよ」

\ランチはスープが無料!/

チキンコンソメのほか、卵入りの和風スープが登場することも
オーナー上萩さん
オーナー上萩さん
「14:00までのランチタイムは日替わりのスープも無料で付くんです」

ーー今日はスパイシーなチキンコンソメですね。スープにもたくさん野菜が入っていてうれしい!

\男性にはこちらも人気/
「ローストビーフ丼!?」(手前:1100円)

「ローストビーフ丼!?」(手前:1100円)は約400gとボリューミーで男性も大好きなメニュー
オーナー上萩さん
オーナー上萩さん
「自家製ローストビーフを使った『ローストビーフ丼!?』も自信作! ベースのキヌア&雑穀米を丼モノのご飯に見立て、ロメインレタス、ローストビーフL、レッドオニオン、ブロッコリー、ニンジンをトッピングし、ソイソースオニオンのドレッシングで和えたものです」

ーーローストビーフは大きめにチョップしているせいか、存在感が適度にあって食べ応え抜群。低糖質なだけでなく、たったの262kcalとはなんてヘルシー!

オーナー上萩さん
オーナー上萩さん
ほとんどの方がオーダーされます(笑)。ディナータイムからは、サラダのほか、ローストビーフのみの単品(1200円)でも楽しめます。またディナーでは『トマトのオーブン焼き アンチョビ風味(880円)』、『ラムチョップ(1400円)』などといった1品料理もお出しするので、ぜひ夕食にも使っていただきたいですね」

\新作もチェック!/
「カボチャの限定サラダ Pumpkin Party」(1150円)

秋の新作サラダは10月末までの限定メニュー(写真はチョップする前のイメージ)
オーナー上萩さん
オーナー上萩さん
「新作は秋らしくカボチャがメインです。ベーコンやブロッコリー、アスパラガス、コーン、オリーブなどが入り、酸味が強めのシェリービネグレットドレッシングでさっぱりと味わってください。ほっくりした食感が楽しめるよう、カボチャは大きめに刻むなど、(ほかのサラダもそうですが)切る時の工夫で、それぞれの野菜が持つ食感を楽しんでもらいたいと考えています」

ーーカボチャのほっくり感や甘さなど、確かに大きめのほうが分かりやすい。あと、酸味のあるドレッシングだと味が締まっていいですね! カボチャの甘みとよく合います。

テイクアウトの場合はドレッシングを別容器に入れてくれる
オーナー上萩さん
オーナー上萩さん
「7月からは営業時間を、深夜3時までに変更したんです。近くにお勤めの女性からの要望があったのと、この界隈には深夜まで営業している飲食店が多く、スタッフさんが店終わりに立ち寄ってくれるから。深夜だからこそ、ヘルシーな野菜メニューが食べたいということですかね?」

ーー確かに、深夜まで仕事している人には朗報ですね! 徹夜しがちな自分もお邪魔させていただきます!(笑)

「ランチでもディナーでも夜食でも、いつでもお待ちしております!」とオーナーの上萩さん

チョップドサラダ専門店でディナータイムを設け、一品料理も提供している店はまだ名古屋では珍しい。また、近隣1km程度の範囲までならば、デリバリーしてくれるのもうれしい。営業時間を拡大したことで、よりさまざまなライフスタイルの人がハイレベルなサラダに出会うことだろう。

サルベロ

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


取材をして感じたのは、どの店のオーナーも野菜を含めた素材に対するこだわりが一途だということ。素材集めや下ごしらえなど、こだわる分だけ苦労や手間も増えるが、「おいしいものを追及するのにこれくらい当たり前!」と、楽しそうに話してくれたのが印象的だった。そんなこだわりがたくさん詰まった体にいい野菜メニューを食べて、健康美を目指そう!


取材メモ/野菜メニューって本当にお腹いっぱいになるの?と半信半疑でしたが、どのメニューも食べごたえ充分。ジュースのみでも意外にお腹にたまりました! どのお店もテイクアウトOKのメニューが多いので、ランチなどに利用してみては?

取材・文=大川真由美
撮影=林直美

\あわせて読みたい/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載