地元の人から旅行客まで楽しめる! 定山渓温泉 鹿の湯/北海道

特集

【第1回】全国のタウン誌が選んだ“日帰り温泉100選”

2017/10/20

地元の人から旅行客まで楽しめる! 定山渓温泉 鹿の湯/北海道

札幌市内中心部から車で1時間足らずの場所にあり、アクセスも抜群な温泉地・定山渓。ゆったりと温泉につかるのはもちろん、自然豊かな散策路を散歩したり、名物スイーツを味わったりと魅力が満載! 今回は日帰り入浴OKの老舗温泉施設とともに、新名物のスイーツが味わえるお店をご紹介します。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

四季折々の大自然の美しさを気軽に楽しめる定山渓温泉

修験僧・美泉定山がアイヌの人々の案内で泉源と出合い、温泉の礎を築いたとされる定山渓温泉。江戸末期の開湯から150年以上の歴史を誇り、今や北海道を代表する温泉地となっています。地元の人はもちろん、全国各地の旅行客からも人気のスポット。

定山渓温泉に到着!
ライター 小澤
ライター 小澤
「みなさん、こんにちは! 今回レポートをいたします、ライターの小澤和歌子と申します。年齢を重ねるごとに取れなくなる疲れをしっかりと癒やすべく、定山渓へと参りました。どうぞ最後までお付き合いくださいね」

個性豊かなお湯を楽しめる「定山源泉公園」

「定山源泉公園」入口の門

絶好の行楽日和の某日、まずは温泉街にある「定山源泉公園」へ。園内には無料で楽しめる足湯や、高温の源泉を利用して温泉卵を作ることができる「おんたまの湯」という珍しいスポットも。さまざまな広葉樹が植えられた散策路は、季節ごとの自然の美しさを身近に感じられます。

季節の移り変わりを肌で感じられる散策路
定山渓温泉の礎を築いた美泉定山の像
公園内には「湯の滝」のほか、足湯、手湯、膝かけ湯など自由に楽しめる場所がたくさんあります

老舗温泉宿の日帰り温泉は、大小さまざまなお風呂が魅力

いよいよ日帰り温泉を楽しむべく、いざ「定山渓温泉 ホテル鹿の湯」へ

公園の散策でちょっぴり疲れたその足で、念願の日帰り温泉へ! 今回お世話になる「定山渓温泉 ホテル鹿の湯」は、創業から90年を超える老舗の温泉宿。思わず見上げてしまう立派な外観に、期待は高まります。

取材にお付き合いいただいた常務取締役の金川浩幸さん
ライター 小澤
ライター 小澤
「今日はお世話になります! 日頃の疲れをしっかり癒やして帰りたいです。こちらは札幌の中心部からもアクセスがよくていいですね」
常務取締役 金川さん
常務取締役 金川さん
「ええ、日帰り入浴のお客様は、札幌市内からいらっしゃるリピーターの方が多いんですよ」
ライター 小澤
ライター 小澤
「そうなんですね。札幌駅から温泉街への直行バスも出ていますし、気軽に来られそうです」

川のせせらぎを感じながら、ぜいたくな湯あみを

さていよいよ温泉です。のれんをくぐり脱衣所を抜けると、大浴場へと続く階段が現れます。こちらは浴場が半地下のようになっているので、吹き抜けの天井が印象的。広々とした内風呂が、どーん! と迎えてくれます。

吹き抜けになった天井の内風呂。やわらかな陽光が差し込みます

泉質はナトリウム-塩化物泉。湯冷めしにくく、疲労回復などの効果が期待できるそう。実際にお湯に触れてみると、無色透明でサラサラとしています。源泉は施設の真下にあるそうで、豊富な湯量も魅力です。

湯冷めしにくいナトリウム-塩化物泉。冷え性の女性にもオススメ!
無色透明のやさしいお湯
ジェットバスもあります。マッサージ効果があるので肩こりにも◎

そしてやはり気になるのは露天風呂! 眼下に豊平川が流れ、そのせせらぎを聞きながらぜいたくな湯あみを楽しめます

半露天になっていて、ほどよい開放感
すぐ横を流れる豊平川。上流には豊平峡ダムがあります

のんびりと温泉につかって温まったあとには、休憩所でクールダウン。全身を包み込んでくれるマッサージチェアでさらに癒やされます。

お風呂のあとにはやっぱりコレです
ライター 小澤
ライター 小澤
「あ~、これはいいですね。極楽ってこのことですよね~」

旅館のお土産処は、オリジナルスイーツも見逃せない!

所狭しと並べられたお土産処も、旅行の楽しみのひとつ。

定番の温泉まんじゅうのほかにも、おつまみや旅館のオリジナル商品、定山渓温泉のゆるキャラ「かっぽん」があしらわれたグッズなど豊富にそろいます。

中でも人気なのは、旅館オリジナルの「もみじの華」。しっとりとした皮に、粒あんとお餅がはさまれていて、ほっこりするおいしさ。

一番人気の「もみじの華」はこちらのオリジナル商品
ライター 小澤
ライター 小澤
「もっちり食感がたまらないですね~!」
常務取締役 金川さん
常務取締役 金川さん
「客室でお出ししているオリジナルのお菓子なんですが、お土産にもとっても人気ですよ。この独特な食感がクセになるみたいです」
ライター 小澤
ライター 小澤
「ほんと、クセになります!」
定山渓温泉のゆるキャラ「かっぽん」グッズも

お土産処の奥には、お茶をいただける休憩スペースもあります。オリジナルの温泉まんじゅうをひとつサービスしてくれるので、ちゃっかりいただきます。

和風のお休み処で、タイムスリップした気分
ライター 小澤
ライター 小澤
「川のせせらぎと、心地いい風を感じながら温泉を楽しめました。お湯を純粋に楽しむファンの方が多いというのもうなずけますね。バスタオル・フェイスタオルもそれぞれ100円でレンタルできるから、手ぶらでOK! 日帰りでこんなに満足できるなんて、私も毎週通っちゃおうかなぁ」

▼温泉DATA 定山渓温泉 ホテル鹿の湯▼
・泉質:ナトリウム―塩化物泉(中性低張性高温泉)
・効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、うちみ、疲労回復、冷え性ほか
・風呂の種類:11種
・源泉風呂:なし
・露天風呂:有り
・入浴料(税込):大人820円、子供410円
・駐車場情報:有り、185台

定山渓温泉 ホテル鹿の湯

住所:北海道札幌市南区定山渓温泉西3丁目32
電話:011-598-2002
営業時間:【日帰り温泉】13:00~20:00(最終受付19:00まで)
定休日:無休(清掃の日程により不定休あり、要確認)

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

温泉の帰りにふらりと立ち寄りたい、新顔スイーツ

素材の味が際立つ「J・glacée」のアップルパイ

「定山渓温泉 ホテル鹿の湯」からほど近い場所にある「J・glacée」

定山渓温泉の新たな名物と名高い「J・glacée」のアップルパイ。地元の提携農家さんや、北海道を中心に仕入れた新鮮なフルーツを使い、甘みには上質なみりんを使用。果実感たっぷりでジューシーな味わいです! 店内では、季節ごとに変わるソースとアイスクリームを添えて提供してくれます。

自然な甘さと、リンゴの食感が美味! 写真のソースは定番の「リンゴのカラメルソース」
アップルパイはテイクアウトもOKです
ナチュラルな雰囲気でかわいらしい店内

アップルパイだけでは飽き足らず、オリジナルソフトクリームを使った「アップルパイパフェ」も頬張る私。甘いものって、どうしてこんなに幸せな気分にしてくれるのでしょうか。

北海道牛乳たっぷりのなめらかなソフトクリームと、アップルパイがマッチ!
ライター 小澤
ライター 小澤
「温泉といえば温泉まんじゅうが定番ですが、定山渓温泉の新名物として浸透しつつあるようです。店内もオシャレで、女子旅の立ち寄りスポットとしてもオススメ。お土産にも喜ばれそうです」

取材メモ/200万都市の札幌市内にある定山渓温泉郷は、まちの騒がしさを忘れるほど豊かな自然に囲まれています。札幌から気軽に行くことができるのが魅力。温泉はもちろん、新顔スイーツや新しいスポット、イベントもあるので、目が離せないスポットです。四季を通じてさまざまな表情を見せてくれる温泉街散策もオススメです。

取材・文=小澤和歌子 撮影=豊田 誠

poroco

poroco

毎月20日発行

アクティブにさっぽろライフを楽しむための情報誌ト。グルメ、ビューティ、ファッションなど新鮮な情報で女性の生活を豊かにします。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

SERIES