7つの外湯、どこいこ~? 町歩きが楽しい、城崎温泉/兵庫

特集

【第7回】全国のタウン誌が選んだ“日帰り温泉100選”

2017/12/01

7つの外湯、どこいこ~? 町歩きが楽しい、城崎温泉/兵庫

ザ・温泉街! な風情がぷんぷんの城崎温泉には7つの「外湯」が点在し、宿のゆかたと下駄でカランコロンと外湯巡りするのが名物。日帰りの場合、7湯全てを制覇するのもいいけれど、お気に入りの温泉でまったりして、町をぷらぷらも楽しい。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

狙うは「美人の湯」でダイエット。目指せ! 浴衣美人

開湯1400年の歴史を誇る兵庫県の城崎温泉は旅館の中の「内湯」以外に、日帰り公衆浴場の「外湯」が7つもある。それぞれの湯に言い伝えが残り、合格祈願の「一の湯」夫婦円満の「鴻の湯」などご利益付きで温泉浴を楽しめる。今回は7つの外湯の中から美人の湯として評判の「御所の湯」をチョイス。ダイエットにも効果が期待できるという塩化物泉は、おなかぷよぷよ化進行中のおっさん女子にもってこいの温泉なのだ。

\今回、紹介するのは.../

城崎温泉駅前でパシャ!
ライター安田
ライター安田
「名湯巡りに命をかけるライターの安田サッチンです。ゆかたの似合うまち・城崎ながら今回はおっさん服でご勘弁を。美人の湯につかり、帰る頃にはゆかたが似合う美人に変貌しているはず……(願)」

ザ・温泉街を満喫しつつ、お目当ての「御所の湯」へ

城崎温泉はミシュランガイドで有名な「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」二つ星を獲得。おフランスも認める星付き温泉と聞くとトレビア~ンな期待も倍増しますよね。

ライター安田
ライター安田
「まずはJR城崎温泉駅前の飲湯場で飲用温泉を堪能し、外湯の1つ『さとの湯』にある無料の足湯で温泉気分をあげあげ。柳が揺れる川沿いを歩いて、『御所の湯』へ向かいま~す」
駅前の下駄奉納板。ゆかたと下駄が城崎温泉のスタイルゆえ、下駄への感謝をこめて各旅館の下駄を奉納。1年後、新しい下駄と取り換えるときに古下駄を供養するそう
温泉街には全5カ所も無料の足湯スポットがあります
駅前の飲湯場。塩化物泉だけに「しょっぺ~」、消化器系や便秘に効果があると言われている
太鼓橋がかかる大谿川(おおたにがわ)と柳並木は城崎温泉の定番風景
火伏防災・良縁成就、美人の湯としても知られる「御所の湯」

駅から歩いて約10分。外湯の中でもトップクラスの人気を誇る「御所の湯」に到着。南北朝時代の歴史物語「増鏡」後堀河天皇のお姉さん、安嘉門院が入湯されたという記述があり、それにちなんで「御所の湯」と命名されたそう。

浴場管理者のイケメン坂田さんに人気の秘密を伺いました
ライター安田
ライター安田
「ゴージャスな建物ですね(うっとり)」
管理人 坂田さん
管理人 坂田さん
「城崎温泉の外湯の中では一番新しい建物なんですよ。以前は城崎温泉ロープウェイの近くにありましたが、平成17年に四所神社の隣に移転リニューアル、京都御所を彷彿させる壮観な建築様式の建物となりました」
天井画は必見!
管理人 坂田さん
管理人 坂田さん
「休憩所にある金箔の屏風絵天井画も必見。また温泉も開放的なガラス張り天井の設計で、露天風呂で滝を眺めながらつかることができます。まさに姫気分、非日常感たっぷりの空間です」
ライター安田
ライター安田
「天井や襖(ふすま)絵、さながら京都御所に迷い込んだかのよう(京都御所に行ったことはないけれど……)。早速、姫気分で温泉を堪能してまいりまする~」
寝転んで眺めたい天井画
金箔の屏風絵が雅な雰囲気

いざ、女子におすすめの“美人の湯”へ

天井が高く、露天風呂と一体になった広々したつくり

杉丸太で組まれた内湯の建物はガラス張り天井! 「天空風呂」と名付けられ、ガラス屋根越しに空が広がる。弱アルカリ性のナトリウム泉の湯はなめらかな肌ざわりで入浴後、食塩が汗の蒸発を防ぐためいつまでもカラダがポカポカ。エネルギー消費効果でガンガン脂肪を燃やし、ダイエットにもよさそう。

ライター安田
ライター安田
「とろみのあるお湯はスッと肌にすいつくような感じ。しっとり美肌へ期待度大!」
暗くなると灯りがつき、昼間とはまた違った趣に様変わり
ライター安田
ライター安田
「ザザザザァ~という滝の水音も耳に心地よし。細かな水しぶきが空中をさまよい、息を吸うたびに清々しい」

内風呂は一部が「深っかい湯」と示された1m10cmの水深になっていて泡のボディマッサージが快感。温泉水のミストサウナは女子に特に人気が高く、温泉効果で肌も髪もイキイキツヤツヤに! 背中を伝う温泉に癒やされる座湯などもあり、いろいろな温泉を楽しめる。

畳敷きの休憩所でしばしのんびり
ライター安田
ライター安田
「顔もカラダもな~んにもつけずともツルッツル。さすが美人の湯です。湯上がり美人に変身したかどうかはさておき、皆に笑顔をふりまきたくなるほど気持ちええ~。今度、来るときはゆかたで悩殺っ! も狙ってみよかいな~」
トイレ案内でさえ雅
ライトアップされる夜はさらにゴージャス

城崎の外湯の利用料金は1カ所につき600円または800円、2カ所以上廻るのであれば、一日外湯入り放題券「ゆめぱ(1200円)」がお得(各外湯の窓口 にて販売)。朝7時からオープンの「御所の湯」は時間を有効に使え、日帰り利用におすすめです。外湯の中には午後以降、15時スタートの施設などもあるので注意してくださいね。

▼温泉DATA 御所の湯▼
・泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物・高温泉
・効能:神経痛・筋肉痛・うちみ・慢性消化器病・痔病・疲労回復 等
・風呂の種類:6種
・源泉風呂:なし
・露天風呂:有り
・入浴料(税込):大人800円、子供400円 ※子供は3歳から小学生
・駐車場情報:なし

御所の湯

住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島448-1
電話:0796-32-2230
営業時間:【日帰り温泉】7:00~23:00(最終受付22:40まで)
定休日:第1、3木曜

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

アフター温泉、そぞろ歩きへレッツゴー

ザ・温泉街という風情。下駄を鳴らして歩くとさらに気分があがりそう!
城崎といえば、カニ。リアルな巨大オブジェは外人観光客に大人気
たい焼きならぬ、かに焼きまで
城崎温泉のある豊岡市は絶滅の危機にあるコウノトリをもう一度大空に羽ばたかせる事業を推進。赤ちゃんを運んでくる鳥として知られるコウノトリって、幸せの象徴っぽい
レアというか恐らく日本でもここだけ。コウノトリの飛び出し注意看板

城崎温泉のお楽しみはそぞろ歩き。カニとコウノトリが有名な町だけに巨大カニオブジェの食堂カニストラップの、みやげ店、カニコロッケカニの形をした大判焼き店も。 射的やスマートボールを楽しめる遊技場も要チェック。ちなみに飛び出し看板はコウノトリでした!

湯上がりクールダウンにぴったりなお店発見

「グビガブ」のベリー&ベリーパンケーキ800円

湯上がりのクールダウンには「城崎町家 地ビールレストラン グビガブ」がおすすめ。ここは地元の人気宿「城崎山本屋」が営む、地ビールレストラン。ビールでプハァ~といきたいところですが、小学生の私は(嘘)、名物のパンケーキ「ベリー&ベリーパンケーキ(800円)」を注文。地ビールで粉をといた生地はしっとりふわふわ。焼く際にアルコールが飛ぶので、キッズやドライバーでも安心です。

「御所の湯」からすぐ。町屋風なたたずまいの粋なレストラン
かわいいスタッフさんがサービス
ライター安田
ライター安田
「ランチにビール、スイーツまで一日中、使い勝手抜群のメニュー構成。電車で来た人ならば、ぜひ自慢の城崎地ビールをどうぞ。テイクアウトは300円~、店内ではグラス500円、ジョッキ700円、カニビール(カニ料理に合う味のビール)なんてのもあります。おみやげには但馬牛入り地ビールカレーも!」
間接照明がおしゃれ
ビール工房で作り立て、フレッシュ生の城崎ビール

取材メモ/「御所の湯」の隣ほか、温泉街にはゆかたのレンタルショップが数件あり。日帰りでもガチな温泉旅気分に浸りたい人はぜひゆかたと下駄でカランコロンしてくださいな。

取材・文・撮影=安田祥子

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

SERIES