東海エリア随一の露天風呂天国!奥飛騨温泉郷 新穂高温泉/岐阜

東海エリア随一の露天風呂天国!奥飛騨温泉郷 新穂高温泉/岐阜

2017/11/24

飛騨山脈(北アルプス)に包まれ、5つの秘湯が育まれてきた奥飛騨温泉郷。岐阜県の都心部から車で約2時間半。少し時間はかかりますが、その分、都会では味わえない非日常空間が広がり、日帰りながら小旅行気分が楽しめるのも魅力です。中でも、今回は北アルプスの山々が眼前に広がる新穂高温泉へ。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

奥飛騨温泉郷の最奥! やっと見つけた大自然の秘湯

奥飛騨温泉郷の中でも、山道を登りに登った先にあるのが、新穂高温泉です。5つの温泉地の入り口で最も歴史がある平湯温泉を通り過ぎ、福地温泉、新平湯温泉、栃尾温泉を通過。レトロな温泉街を眺めながら、ひたすらドライブ。
そうしてやっと辿り着きました! 今回の目的地、新穂高温泉の「深山荘」です。うねうねした山道に苦戦した分だけ、見つけた時の感動はひとしお。目印の吊り橋に駆け寄って、思わず記念撮影!

かじか橋の前でパシャ!
ライター松田
ライター松田
「こんにちは、ライターの松田支信(しのぶ)です。生まれも、育ちも、生粋の名古屋人ですが、岐阜県大好き! 大自然と穏やかな県民性は、まさに癒やし……。さらに、今日は温泉で身も心もリフレッシュしたいと思います」
吊り橋を渡る途中の景色。この絶景にテンションも上がります!

「深山荘」へ行くためには、蒲田川に架かる大きな吊り橋「かじか橋」を渡る必要があります。歩くたびに揺れる吊り橋に期待を膨らませながら渡る途中、こんなに美しい景色が広がっていました。早く露天風呂からの景色も眺めたい! 
ちなみに、「かじか」とは、この地域に生息するカエルの名前なのだとか。美しい鳴き声でも有名らしく、一度聞いてみたいですね。

源泉かけ流し温泉で、一緒に川遊びも楽しめる!

「かじか橋」を渡った先にある、2階建ての旅館

旅館も営むこちらは、ログハウスのような趣のある外観。ロビーで日帰り温泉の代金を支払えば、すぐに露天風呂を楽しむことができます。露天風呂は4つ。混浴露天風呂と2つの男性用露天風呂、そして女性用露天風呂。

専用の湯あみ着。水着を持参しなくても混浴露天風呂に入浴できます

驚きなのは、混浴露天風呂と男性用露天風呂に柵や囲いなどが一切ないこと。蒲田川と隣り合わせで開放感満点だけど、さすがに女性は恥ずかしい……と思いきや、ご安心ください! 専用の湯あみ着を500円でレンタルできちゃいます。もちろん、水着でもOKです。

とても丁寧に案内してくれた水波さん。恥ずかしがりながら記念撮影に応じてくれました

「うちの露天風呂は、すべて源泉100%かけ流しなんですよ」と教えてくれたのは、2代目のご主人である水波博和さん。

2代目 水波さん
2代目 水波さん
「無色透明で、硫黄臭が少し強め。温泉にふわふわと白い“湯の花”が浮いているのも特徴で、これは硫黄などの温泉の成分が結晶化したものなんですよ」
硫黄など温泉の成分が結晶した“湯の花”。ふわふわと漂う様は本物の花のよう
ライター松田
ライター松田
「天然温泉ならではですね! 確かに、吊り橋を渡ると硫黄の匂いも強くなります。それにしても、このロケーション! 新穂高温泉の中でも、抜群の景色ではないですか?」
2代目 水波さん
2代目 水波さん
「新穂高温泉は北アルプスのふもとですから。ここの標高は1050mですが、川岸より 温泉が流れ込んだり、下から湧き出ていますので、夏は水量が少なくなると川の温度が少し温かくなり川遊びを楽しむことができます。家族連れにも人気ですよ」
ライター松田
ライター松田
「大人は温泉、子供は川遊びと、一度に楽しめるなんて最高ですね! 」

\自然にとけこむワイルドな名物混浴露天風呂/

蒲田川の真横にある岩風呂が混浴露天風呂
女性専用露天風呂“湯華 姫のゆ”の入り口はここ!

さえぎるものが一切ない露天風呂は、もはや自然の一部。これほどまで自然に溶け込んだ露天風呂は、なかなかありません。カップルやファミリーには持ってこいですね!
周りから丸見えの混浴はちょっと気が引ける……という女性は、女性専用露天風呂“湯華 姫のゆ”へ。こちらは柵で囲われていて、青い空と緑を感じながら隠れ家的な雰囲気が楽しめます。

囲いがあるから、女性ひとりで訪れても安心して入浴できます
ライター松田
ライター松田
「大自然に包まれた露天風呂では、都会の喧騒を忘れる非日常空間に身も心も開放的になって、日常の疲れや悩みなんて吹っ飛びます! 奥飛騨温泉郷、その最奥まで行く価値ありですよ」

▼温泉DATA 深山荘▼
・泉質:単純温泉
・効能:神経痛、リュウマチ、疲労回復
・風呂の種類:7種
・源泉風呂:有り
・露天風呂:有り
・入浴料(税込):露天風呂 大人500円、子供300円/内風呂 大人700円、子供500円
・駐車場情報:有り、50台

深山荘

住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂720-1
電話:0578-89-2031
営業時間:【日帰り温泉】露天風呂8:00~17:00、18:00~22:00、内風呂9:30~15:00
定休日:不定休

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

人気観光地の駅前で食す飛騨名物

足湯につかっていただく飛騨牛は格別

人気の「飛騨牛の串焼き」と新穂高温泉駅オリジナル商品「ゴンドラ焼き」
新穂高ロープウェイ駅の目の前。常に人で賑わうテイクアウト専門店

「深山荘」から車で約5分。言わずと知れた観光名所・新穂高ロープウェイ新穂高温泉駅の目の前にあるお店が「味処 奥飛騨」。ロープウェイに乗る前や、帰りにぶらりと寄れるから大人気。飛騨牛の串やまんじゅう温泉ゆで玉子などを片手にひと息つくことができるのです。
今回注文したのは塩コショウでシンプルに味付けした「飛騨牛の串焼き」(500円)と、飛騨産のあぶらえ(えごま)を使用した粒あんとモチモチの生地がクセになる「ゴンドラ焼き」(150円)。

ベンチ前には、なんと足湯が!
ロープウェイが行き来する様子を眺められます

お店の横には無料で利用できる源泉かけ流しの足湯もあって、子供からお年寄りまで、幅広い年齢層に人気。湯の温度は高めなので、冬でもしっかり身体を暖めてくれそう!

取材メモ/「足湯につかりながら、岐阜ならではのワンハンドグルメをいただくのも、また一興! 腹ごしらえをしたら、ロープウェイに乗って360度の大パノラマを楽しむことも。日帰りながら、温泉で癒やされて、絶景も堪能できて、ご当地グルメも味わえて……大満足のプチトリップになりました!」

取材・文・撮影=松田支信

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載