上野に誕生した24時間営業の横丁で朝飲みしたら幸せになった件

特集

乾杯!で広がる、「昼飲み」の新しい世界。

2017/09/06

上野に誕生した24時間営業の横丁で朝飲みしたら幸せになった件

酒飲みにとって最高の贅沢……それは朝からのんだくれること! 今年7月、上野に誕生したばかりの「上野産直飲食街」は、そんな朝飲みが体験できる24時間営業の新横丁なんです。そこに飛び込んだのはアラサー女子ライターズ! 朝から4軒のお店をはしごしてみました。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

1フロアに4つの居酒屋&バルがギュギュッと集結。どこに腰を吸えるのか、迷うところから物語は始まる……

最高の横丁飲みができる「上野産直飲食街」って?

JR上野駅から徒歩わずか1分という超駅近に、2017年7月26日に誕生した24時間営業の「上野産直飲食街」。なんでも牛料理魚料理貝料理東北の郷土料理と、ジャンルの違う飲食店4軒がひしめいていて、赤提灯やビール箱のイスなど酒飲みにはたまらない横丁ムード満点らしいのです!

24時間営業ということは、昼飲みといわず朝飲みも可能!? ということで酒好きライターの私、KAORIが、朝から飲みに行っちゃいました!

潜入するのは、アラサー女子ライターKAORI。酔っ払うと笑いが止まらなくなるタイプです。一人飲みはちょっと寂しいので、ライター仲間のmomo(酒強め)を誘って2人で行ってきまーす
ライターKAORI
ライターKAORI
「momo、リアルなレポートのために全力で臨みますよ!
ライターmomo
ライターmomo
ガッテン承知の助!

平日朝10時、JR上野駅浅草口から徒歩1分、上野産直飲食街に到着しました。少し年季が入っているようなデザインの看板が渋いぜ……さっそく、のんべえズの心を惹きつけます。

扉を開けると……4つの居酒屋が大集結。仕切りはなく、店と店の間は1mも離れていません。

煌々と輝く裸電球に、簡易な椅子とテーブルが渋い! 横丁といえどオープンしたてなのでとってもキレイ。居酒屋のテーマパークや〜!

【はしごするのはこの4軒】
1.魚◯本店
2.牛◯本店
3. 東北むつ味
4. バル貝◯

なんと4店舗のメニューは全て出前可能(酒類は除く)! つまり、どの店のテーブルに座っても、全ての店の料理が楽しめちゃうのです

1軒目 魚◯本店

\朝獲れも‼︎︎ 産直のプリプリ魚介がウリ/

散々迷った挙げ句、まずは魚介飲みからスタート。のれんをくぐって……おはようございま〜す!

朝飲みのスタートは、「魚◯本店」さん。全国の漁場から旬の魚を仕入れていて(この日は静岡と福岡など)、運が良ければ朝獲れたばかりの超新鮮なお魚も楽しめるんですって! 品数は4店舗で最多の200種。中でも店員さんが「絶対食べたほうがいい」と教えてくれたのが……。

重そうな皿に乗っているのは……マ、マグロだ!

BIGサイズの「鮪の中落ち」。希少部位すぎて、一日2食限定。そ、そんな限定数聞いたことない……毎朝市場に出向いて必死で確保しているのだとか。

1匹のマグロから2本ほどしか取れない「鮪骨つき中落ち」(1299円)。3〜4人前
ライターKAORI
ライターKAORI
こ、これはものすごい迫力ですね……! 目がすっかり覚めました。どのように食べるのが正解ですか?
店員さん
店員さん
「添えてあるハマグリの貝殻で、身を豪快にこそぎ取って食べてください。腹側はトロに近くて脂身がのっていて、背側は赤身が強いです。食べ比べてみてくださいね」

しょっぱなからレアすぎる酒の肴をGET。店員さんにオススメいただいたお酒と一緒にいただくことに!

\ホッピーの金宮焼酎割り/

金宮ボトル(1799円)、ホッピー黒(299円)。「この割り方、大好物です」(ライターKAORI)

それでは朝飲みスタートっ! パオオーン! (ほら貝の音)

これから始まる幸せな朝&BIGマグロにカンパ〜イ! 
ライターKAORI
ライターKAORI
「しかし朝飲みって最高だなぁ。まだなんにもしてないのに、いきなりご褒美をもらうような……お店はワイワイガヤガヤ混んでいないし、お酒が目覚ましがわりなんてもう幸せしかないよ〜」
教えてもらったとおり、真ん中の方からグイッと殻を差し込んで……
貝殻を滑らせます。わさび醤油をつけていただくのがオススメ。
ライターKAORI
ライターKAORI
「こんなにシュルシュルッと身が取れるのですね、気持ちがいい〜! トゥルンとした舌触りのマグロは臭みもなくって新鮮そのもの。ホッピーの焼酎割りとの相性……抜群だわ」
ライターmomo
ライターmomo
「お会計、3696円なり〜! 一人あたり1848円。いきなり飛ばしちゃったね」

2軒目 牛◯本店

\北海道函館直送の国産ブラント牛メニューがウリ/

天井から所狭しと吊り下げられたメニューは手書き。「サーロインポンドステーキ」「ローストビーフ入牛ばくだん」「牛タルタルユッケ」など、なんともそそられる。全100品

2軒目は、国産ブランド・大沼牛を使ったお肉料理が楽しめる「牛◯本店」さん。北海道は函館の広大な土地で飼育されている肉食用のホルスタイン牛で、あっさりした赤身が特徴なんですって。こだわりの肉料理を注文、待っている間にハイ、かんぱーい!

王道の「アサヒスーパードライ生」(549円)でカンパーイ! 10:30で本日すでに2杯目!

生ビールに合わせるのは、国産牛のタンの煮込み。分厚くってお布団みたいですが、ナイフとフォークが驚くほどスッと入って、お箸でも簡単に切れそうなくらいの柔らかさです。つゆだく状態のお出汁も食欲をそそります。

「ゆでタン」(1599円)。牛のタンのど真ん中の部分。150gものボリューム。「えっ、これは私の知っているタンの厚みじゃない」(ライターKAORI)
タンに隠れていたのは、旨味が染み込んだ玉ねぎ! お出汁でくたくた状態。おいしいに決まってるよ〜
ライターKAORI
ライターKAORI
「こんなに分厚いのに、お肉にお出汁がしっかり染み入っていてびっくり。タンの旨味とお出汁のやさしい甘み、ホッとします。しかしこの柔らかさ、相当手間がかかっているのでは⁉︎
店員さん
店員さん
「そうですね。圧力鍋で柔らかくした後、1時間かけてじっくり煮込んでいます。味付けはお塩、生姜などとってもシンプルで、その甘みはタンの旨味玉ねぎから滲み出たコクなんですよ〜」
「上野産直飲食街、クオリティ高くないです?」(ライターKAORI)、「(コクリ)。お会計2697円! 一人1348円よ」(ライターmomo)

3軒目 東北むつ味

\三元豚と東北5県の王道郷土料理と地酒がウリ/

東北の地酒って本当に美味しいのよね〜。日本酒タイムかしら

はしご酒も折り返し! お次は、岩手久慈ファーム直送の三元豚「佐助豚」東北の郷土料理が楽しめる「東北むつ味」さんにイン! まず、山形の郷土料理「だし」を使ったこちらの一品から。

山形の郷土料理「だし冷奴」(499円)を注文。絹豆腐の上にはお漬物のきゅうりとシソを和えた「だし」がこんもり。旨みたっぷりのだしと冷奴のコンビはすっきりさっぱり

だし冷奴に合わすはこちらの日本酒!

\「刈穂」山廃純米(秋田)/

「刈穂」(699円)。「辛口で、キレッキレの一杯。でもその中にコクがあって、癖になる味わいです。朝11時に飲む日本酒、しみる〜」(ライターKAORI)

郷土料理のほか、ぜひこのお店で味わっておきたいのが、岩手久慈ファーム直送の三元豚「佐助豚」のやきとん盛り合わせです。

「佐助豚のおまかせ串盛り合わせ5本」(899円)。この日はタン、サガリ、トントロ、ホルモン、鼻のラインアップ。甘辛いタレは店オリジナルで、「豚」のエキスで出汁をとった秘伝レシピだそうです
ライターKAORI
ライターKAORI
佐助豚の弾力たるや! それに絡まった甘辛いタレ日本酒を飲めって、訴えてくる〜momo、ハウマッチ⁉︎」
ライターmomo
ライターmomo
「お会計しめて3063円! 一人1531円で〜す!」

ふと隣を見てみると、我々のように朝飲みをエンジョイする女子たちの集団が! 突撃インタビューしちゃいました。

夜勤明けの看護士さんチームにjoin! 朝9時までの勤務を終え、電車を乗り継いでここにやってきたんですって。朝から開いている店を探すのも一苦労だそうです
ライターKAORI
ライターKAORI
朝飲みの醍醐味ってなんですか?」
看護士チームの皆さん
看護士チームの皆さん
「皆さんが寝ている間に頑張った、自分たちへのご褒美ですよね〜。あとは、働いている人様を横目に少し優越感があったりとか……? この朝飲みがあるから仕事もまた頑張れるんですよ! 今日はのんべえチームで来ましたから特に大盛り上がりです

聞けば朝飲み現場でよく出会うのは、タクシードライバーさん工事現場の方などが多いとか。なるほど、朝飲みは夜どおし頑張る皆さんの原動力なのですね!

4軒目 バル!貝◯

\ソムリエが選ぶ国産ワインと「貝料理」がウリ/

ソムリエ歴15年の納堂さんチョイスの国産白ワインは?

最後のお店は、バルスタイルがおしゃれな「バル!貝◯」さん。全国から取り寄せた国産ワインを常時30種ほど提供しています。ホッピー、ビール、日本酒のあとは、ワインでしょ! ということでソムリエの納堂さんに、魚介系の料理にマッチするという、山形県上山市の「サントネージュ」をチョイスいただきました。

「サントネージュ かみのやまシャルドネ2016」(649円)。納堂さんいわく、酸味の中にコクがあり、非常にバランスがいい。強い個性がないぶん、どんな和食にもマッチするとのこと
名残惜しいけれど、最後のカンパイ!

ここで登場したのは、「牡蠣のカンカン香草白ワイン蒸し」。カンカンの中に、瀬戸内で獲れた大粒の牡蠣10粒が入っていました!

「牡蠣のカンカン香草白ワイン蒸し」(1999円)。広島から毎日届いているという牡蠣。ニンニク、香草、白ワインでシンプルに味付けし、牡蠣が一番プリプリするタイミングでお客さんの元へ……軍手でつかんで〜
レモンをポトリと絞ります
見てください! 顔と比べてもこの存在感。BIGサイズです
ライターKAORI
ライターKAORI
「ウハー! プリップリの牡蠣、濃厚です〜ミルキー磯の香りが漂ってきます。白ワインで蒸し上がっているからか、上品な味わいですよ。momoちゃん、お会計は?」
ライターmomo
ライターmomo
「zzz……」
ライターKAORI
ライターKAORI
「笑いながら寝てる!? momoちゃ〜〜〜ん!(一人1649円でした)」

お店を出たのはお昼の12時過ぎ。2時間弱で、ビール・日本酒・ワイン・焼酎を制覇し、さらにそれに合う肉・魚・貝・東北料理を食べられちゃいました! こんなにバラエティに富んだ朝飲みができるなんてびっくり。思う存分飲んでも、お店を出たらお日様がサンサン〜。普段よりもゴキゲンな一日が過ごせそうです。さ、酔い冷ましにちょっと散歩して帰りますかね〜!

「ほーら、帰るよー」(ライターKAORI)

取材メモ/私、平日はテレビ局の早朝番組を担当していて、朝8時くらいから飲みに行くこともしばしばあるんですが、行く店に困っちゃうんですよね。だいたい決まった店で、決まったメニューを頼んで解散……ちょっと味気なかったんです。ところがどっこい! 上野産直飲食街はもはやエンタメ施設で、料理のクオリティにもびっくり。4店のメニューを全部合わせると、500種類くらい⁉︎ す、すごすぎます。今度、上司を連れてこよう。きっと褒められる〜♪

構成=mogShore 取材・文=眞田佳織(mogShore) 撮影=岡本卓大

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES