「源泉かけ流し」の高湯温泉でにごり湯を満喫、高湯温泉/福島

「源泉かけ流し」の高湯温泉でにごり湯を満喫、高湯温泉/福島

2017/12/01

福島市の西側、吾妻山の麓にある「高湯温泉」。2010年には東北で初めて「源泉かけ流し宣言」を行った、湯質に定評のある温泉地。地元の人はもちろん、他県から通うファンも多い「高湯温泉」の魅力を地元タウン誌の編集部スタッフがレポートします!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

硫黄の香りと白濁の湯が温泉気分をさらに盛り上げる!

高湯温泉へは福島駅から車で30分ほど。山道を進んでいる途中、車の窓を開けていると硫黄の香りが漂ってきました。道の途中にもいくつか温泉宿が見えます。今回目指すのは、温泉地で唯一の日帰り入浴施設「あったか湯」です。駐車場に車を停め一歩外に出ると、硫黄が一層強く香ります。これぞ、温泉の香り! ワクワク感が高まります。

\今回、体験するのは…/

「あったか湯」に到着!
ライター伊藤
ライター伊藤
「温泉の奥深さに魅了され、温泉ソムリエになりました。タウン誌編集者・伊藤かずみです。
『ふくしま日帰り温泉』の編集も担当し、温泉天国・福島の魅力を発信! 最近は、双子の娘と一緒に湯めぐりを楽しんでいます」

源泉から約60メートル! 温泉地内で最も源泉から近い“新鮮な湯”を堪能

駐車場から見下ろすと、温泉の湧き出るところ、お風呂へ引かれていく様子を見ることができます。硫化水素が発生しているため、下に降りることはできないのでご注意を

早速、施設『あったか湯』の中へ。ここは観光協会も併設しているので、ロビーには観光パンフレットなどもたくさん置いてあります。券売機で入浴料を払うのですが、なんと250円! リーズナブルです! 入浴利用の方は、畳敷きの休憩所(食べ物・酒類の持ち込み不可)が使えます。湯上がりに一息つけるのはうれしいです。オープンと同時に続々とお客さんがやってきます! 地元の常連さんもいれば、他県から訪れる人も多いそう。駐車場に県外ナンバーの車が多いのも納得です。特に、春から秋にかけては磐梯吾妻スカイラインをドライブしながら立ち寄る人たちでにぎわいます。

高湯温泉観光協会・高湯温泉旅館協同組合 事務局長 永山さん
高湯温泉観光協会・高湯温泉旅館協同組合 事務局長 永山さん
「高湯には源泉が9カ所あります。各施設がそれぞれ決まった源泉から引き湯し、必ず1人はいる『湯守』が温泉を管理しています。天候に合わせて引湯樋の蓋を開閉したり、分湯箱で湯量を増やしたり減らしたりして、湯温を調整し、お風呂へ引いているんですよ。『あったか湯』は駐車場の下に湧き出している源泉から湯を引いています」
ライター伊藤
ライター伊藤
「駐車場から見えました! すごいスケールでした。温泉は人の手で守られているのですね」
高湯温泉観光協会・高湯温泉旅館協同組合 事務局長 永山さん
高湯温泉観光協会・高湯温泉旅館協同組合 事務局長 永山さん
「9カ所の源泉の中でも『あったか湯』は源泉から湯船までが60メートルほどと、温泉地内の施設の中では源泉に一番近いんです。“新鮮な湯”を満喫してくださいね」
ライター伊藤
ライター伊藤
「楽しみです! 行ってきます」

湯量たっぷり! 乳白色の湯が満ちる露天風呂

源泉から引湯樋を通って、湯船に注がれます

お風呂は男女別の露天風呂と貸し切り風呂があります。男女別の露天風呂木造り石造りの2タイプがあり、不定期で男女が入れ替わるそう。湯船にはたっぷりの温泉が注がれ、青みがかったにごり湯が満ちていました。かけ流しの醍醐味(だいごみ)です。露天風呂には屋根がかかっており、天気に左右されずに温泉を満喫できます。

こちらは木造りの露天風呂です。この日はあいにくの天気でしたが、天気の良い日は白い湯と山々の緑とのコントラストが美しい
貸し切り露天風呂(50分・1000円・入浴料別途・要予約)は家族連れに人気です! 利用は19:00まで。冬季は閉鎖することもあるそう
『あったか湯』から50メートルほど上がったところに整備された公園。源泉かけ流しの温泉池があります
ライター伊藤
ライター伊藤
「乳白色の湯が、本当にキレイでした! 光の加減で真っ白に見えたり、青みがかって見えたり……ウットリする湯色でした。浴槽はやや熱めでしたが、外の涼しい空気と相まって心地良い入浴時間となりました。肌あたりやわらかな湯ですが、温泉成分が強い温泉です。湯あたりしないよう、入浴時はたっぷりとかけ湯をしましょう。肌が弱い方は、上がり湯をしてから出ると安心ですよ!」

▼温泉DATA 高湯温泉共同浴場 あったか湯▼
・泉質:酸性-含硫黄-カルシウム・アルミニウム-硫酸塩温泉(硫黄泉)
・効能:慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、糖尿病、高血圧症、動脈硬化症、やけど、他
・風呂の種類:3種
・源泉風呂:有り
・露天風呂:有り
・入浴料(税込):大人250円、子供(1歳~小学生)120円、1歳未満無料 ※利用は1時間
・駐車場情報:有り、18台(第2駐車場20台あり)

高湯温泉共同浴場 あったか湯

住所:福島県福島市町庭坂字高湯25
電話:024-591-1125
営業時間:【日帰り温泉】9:00~21:00(最終受付20:30まで)
定休日:木曜(祝日の場合は営業・翌日休み、GW・8月・10月・年末年始は休まず営業)

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

ソフトクリームで火照った体をクールダウン!

「あったか湯」から車で20分ほど。「あづま総合運動公園 軟式野球場」近くにあります
入り口のロゴがかわいい!

自慢の牛乳でつくる、牧場直営のソフトクリームやさん

福島市の佐原地区で約60年続く酪農家「佐々木牧場」。手間ひまかけて作られた低温殺菌の「ささき牛乳」は、さっぱりとした味わいが特長です。このおいしさをより多くの人に知ってもらいたいと、2016年5月に牧場の隣に「ささき牧場カフェ」をオープン。自慢の牛乳をたっぷり使った「ささき牛乳ソフトクリーム」(350円)は、しっかりとした牛乳の風味とさっぱりとした甘さで、乾いたのどを潤すのにピッタリです。ソフトクリームの他、ドリンクメニューもあるので、ドライブついでに立ち寄りたいスポットです。店頭では、瓶入りの「ささき牛乳」(900ミリリットル・400円)も販売されていました。お土産にもピッタリ! 

看板メニュー「ささき牛乳ソフトクリーム」(350円)
木のぬくもりあふれる店内には、イートインスペースも。座ってゆっくり味わうことができます
ライター伊藤
ライター伊藤
「入浴後に食べるソフトクリームは格別ですよね。ひんやり、なめらかでおいしくいただきました! 旬の味覚を使った期間限定メニューもあるので、次はそちらもトライしてみたいです」

取材メモ/取材当日は雨混じりの天気でしたが、硫黄の香りに包まれた白濁の湯で、気分がグッと盛り上がりました! 晴れた日は美しい山々の景色が眺められます。福島の美しさが感じられる自慢の温泉です!

取材・文=伊藤かずみ 撮影=渡邉美波(CJ編集部)

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

毎月25日発売 定価450円

福島県福島市を中心とした県北エリアで販売しているタウン情報誌。外食や買い物、イベント情報など、読者の毎日をもっと楽しくするお出かけ情報を掲載。毎日情報を更新する「日刊シティ情報ふくしまWeb」も配信中

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載