アーティスティックな温泉、片山津温泉 総湯/石川

アーティスティックな温泉、片山津温泉 総湯/石川

2017/11/24

潟と木々の緑の風景を生かした、なんだかアーティスティックな温泉「片山津温泉 総湯」。温泉だけでなく、テラス席のあるおしゃれなカフェも併設した、モダンすぎる温泉をご紹介しちゃいます。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

モダンな景観がうつくしい! 日帰り温泉「片山津温泉 総湯」

石川県加賀市に位置している「片山津温泉」。ニューヨーク近代美術館などを手掛けた谷口吉生氏が設計した斬新でモダンなデザインの建物にも注目です!

昼から温泉の贅沢~!
ライター辻
ライター辻
どうもー! 温泉大好き! 石川県でライターのお仕事をしております辻と申します。“加賀温泉郷”とも呼ばれる石川県加賀市出身のわたしですが、実はまだ行ったことのない温泉もチラホラ……「超おしゃれだよ!」などとウワサには聞いていた「片山津温泉 総湯」へとやってきましたー!

石川県の名湯「片山津温泉」へGO

おしゃれな温泉の実体とは……?

石川県の加賀温泉郷のひとつ「片山津温泉」。加賀温泉郷には、加賀四湯と呼ばれる、粟津温泉、片山津温泉、山代温泉、山中温泉があるのですが、片山津温泉はその中でも最も北側、柴山潟のほとりに位置しています。

柴山潟の景色も合わせて楽しめるから、お風呂上りにぶらぶら散歩するのも楽しいかも!
何度みてもカッコイイ外観だなぁ

ちなみに“総湯”とは、温泉地で旅館の外にある浴場のこと。なんと北陸地方独特の呼び方なのだとか! 意味合いとしては、“銭湯”とだいたい似ているかも。加賀市に住んでると、家のお風呂より総湯へ行く、なんて日が多いから地元民もたくさん訪れるスポットでもあるんです。総湯は、伝統的な日本家屋のような瓦ぶきの建物が多い中、異彩を放つのが、ココ片山津温泉の総湯です!

ライター辻
ライター辻
「まるで現代美術館かホテルのような外観…でもここは実は温泉! しかも、公衆浴場なんですよ! 外観はとりあえず写真必須ですね」
どうでしょうこの眺め! 超気持ちいい!

柴山潟をはじめとした周辺の自然を大パノラマで楽しませてくれるガラス張りの建物は、ニューヨーク近代美術館や京都国立博物館の設計で知られる建築家、谷口吉生氏の手によるもの。モダンでありながら周辺の柴山潟や白山などの景観にも溶け込む姿は、とにかく美しい!

館内へ入って見えてきたのは、圧巻の景観!
ライター辻
ライター辻
「建物の中に入るとガラス越しに広がる柴山潟の景観がお出迎えです! 柴山潟の周辺には高い建物があまりないので、白山連峰の眺望は抜群! 片山津温泉の名物にもなっています。ベンチや椅子がいくつか設けられているので、外を眺めながらのんびりしちゃってください。各階のフロアにちょっとくつろげる空間がいくつもあるのが嬉しいですね」
券売機でチケットを買って、受付で渡します
入口にある下駄箱。ここへ靴をしまって、いざ脱衣場へ
今日は、女湯が「潟の湯」でした

ちなみに、浴場は「潟の湯」と「森の湯」があり、男女日替わりで浴室が替わります。

窓の外を木々や花に囲まれた「森の湯」。窓から見える樹木に囲まれた緑豊かな景色の中、リラックスすることができますよ。四季の自然の移ろいを感じながら過ごせる素敵な空間になっています
柴山潟側に大きな窓を備えた「潟の湯」。窓からは、前面に広がる柴山潟の水面と浴槽の水が連なり、まるで潟につかっているような幻想的な気分を楽しめます
ライター辻
ライター辻
「ちなみに、奇数日は森の湯が男湯・潟の湯が女湯、偶数日は潟の湯が男湯・森の湯が女湯と、日替わりで浴室が入れ替わるようになっています。でも、やっぱりオススメは『潟の湯』かなぁ。潟につかってるような気分が味わえる……とは聞いていたけど、本当だった!」

残念ながら露天風呂はありませんが、どちらも空間や自然の風景の景観を意識したお風呂になっているので、まるで露天風呂のような感覚です。湯壺の中は2つに仕切られていて、熱めのお湯とぬるめのお湯に分けられています。

ライター辻
ライター辻
「効能としては、神経痛、筋肉痛、関節痛などがあるんだって」
2階にある「まちカフェ」

ちなみに、2階には「まちカフェ」があり、開放感あふれるガラス張りのテーブル席はロケーションも抜群です。四季折々の風景や、夜にはライトアップされる噴水が見られますよ。中でも、オススメなのが夏に行われる「湯のまつり花火大会」。ここは、絶好の花火観覧ポイントになること間違いなし!

開放感のあるテラスで一服したい!
ライター辻
ライター辻
「天気の良い日にはオープンテラスで一服するのもいいし、カフェでランチするのもいいし……、とにかくこのテラスとカフェは観光に一押しです!」

▼温泉DATA 片山津温泉総湯▼
・泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(高張性中性高温泉)
・効能:筋肉痛、関節痛、関節のこわばり、冷え症、疲労回復、健康増進
・風呂の種類:2種
・源泉風呂:なし
・露天風呂:なし 
・入浴料(税込):大人(12歳以上)440円、中人(6歳以上12歳未満)130円、子供(3歳以上6歳未満)50円
・駐車場情報:有り、50台

片山津温泉総湯

住所:石川県加賀市片山津温泉乙65番地2
電話:0761-74-0550
営業時間:【日帰り温泉】6:00~22:00
定休日:無休(臨時休館あり)

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

温泉の後は、地元民オススメのパン屋さん
「ヒラクベーカリー」の「森のくまさんのハニーナッツ」

カフェのような外観がかわいい!!

2017年8月にオープンしたばかりの、パン屋「ヒラクベーカリー」。総湯の目の前にあるので、すぐ見つけられちゃいます。まるでカフェのような外観と、壁に描かれたイラストもとってもかわいい! ハード系のパンが主ですが、やわらかいパンやお総菜パンなどたくさんの種類がズラリと並んでいて、いつもどれにしようか迷っちゃいます。中でもオススメなのが、「森のくまさんのハニーナッツ」。フランスパンに地元産のはちみつに漬けたナッツとクリームチーズがサンドされている大人気のパンなんです。

森のくまさんのハニーナッツ(260円)
ライター辻
ライター辻
「ベーコンエピ、豆パン、あんぱん…どれも美味しいけど、一番好きなのがこの『森のくまさんのハニーナッツ』。片山津温泉へ来たら、お風呂上りにパンっていうのが定番になりそうだなぁ」

取材メモ/柴山潟のほとりにある片山津温泉。外観・内観だけではなく、お風呂までもうっとりするほどアーティスティック。今度は、夕暮れ時に来て夕日を眺めながらお風呂に入る……なんて、粋なこともしてみたいです。温泉街には、今回紹介した「ヒラクベーカリー」だけではなく、お土産屋さんや飲食店もたくさんあるので、ぶらっと散歩してみてくださいね!

取材・文・撮影=辻有那

情報誌Favo南加賀版

情報誌Favo南加賀版

毎月20日発行

“大好き・お気に入り”を意味する “Favorite”から名付けられたフリーマガジン『Favo』。「あたりまえになった日常の中に隠れたワクワクを切り取る」をコンセプトに、独自の視点から企画・編集。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載