私だけの「いいね!」を見つける日帰り温泉旅、秋保温泉/宮城

私だけの「いいね!」を見つける日帰り温泉旅、秋保温泉/宮城

2017/11/10

仙台を代表する温泉地、秋保。市街地からちょっと車を走らせるだけで、そこは豪華な旅館が立ち並ぶ温泉パラダイス。仕事に恋愛に忙しいお姉さんたち! スーツもヒールも全部脱いじゃってひと息つきません? 今、手に持っているスマホも置いて温泉なんてどうですか?

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

写真には収めきれない、“緑と水”が織りなす景色に刮目せよ!

世の中のトレンドが大好きな女性のみなさん! きょうもスタバの新作を手に持ちながらその片隅にブランド物のサイフをあえて見切れさせた写真を撮ってInstagramの更新にお忙しいですか? あれ? プチプラコーデに身を包んで顔の下半分から全身を写して“#おしゃれさんと繋がりたい”ってハッシュタグを付けちゃうような写真の撮影で忙しいんでしたっけ? そうですかそうですか、失礼しました。

でも、そんな毎日にお疲れじゃないですか? 素敵な景色もアイテムも、スマホ越しに見ていたら目とか肩とか疲れてきません? よし、じゃあ今から温泉に疲れを取りに行きましょう。いざ、秋保温泉へ!

\今回、紹介するライターは.../

フリーライター・及川です。好きな四文字熟語は「高橋一生」です
ライター及川
ライター及川
「気仙沼生まれ石巻育ち、仙台在住。生粋の宮城人、及川恵子です。フリーライターをやっております。旅が大好きで、愛車のオッティ(通称:夫)とともに、宮城県内はもちろん東北各地を走りまわっています」

“インスタ映え”なんて関係ない!「私が楽しい」それでよし!

女性のおひとりさま利用も多いという「緑水亭」。華やか過ぎず、ちょうどよく落ち着いた雰囲気が魅力です

というわけでやって来ました「緑水亭」。高台に位置し、そこはいわば秋保の「特等席」。わかりやすく言うと「天国」です。手入れの行き届いた庭園は、晴れた日はもちろん、しっとりと濡れた緑が美しい雨の日もまた素敵。この景色はしっかりとその目に焼きつけておきたいものです。まずは疲れ目を癒やしましょう。

大きな岩と東屋を配した日本庭園風の露天風呂。かがり火がともりはじめる夕暮れ時の入浴がおすすめ
ライター及川
ライター及川
「なんといっても『緑水亭』の魅力は、“かがり火”が揺れる幻想的な景色を眺めながら湯浴みを楽しめる露天風呂。日常を忘れ、ただただ心地よい特別な時間を過ごせます。もはや『緑水亭はベホイミ』と言ってもいいのでは……? あ、友達同士ならベホマズンですかね。ああ、日々ストレスというモンスターと戦い、潤いを失った心が全回復していきます……」
緑水亭・田中栞菜さん。「卓球の福原愛さんによく似ていると言われます」とのこと。たしかに!

私の大好きなドラクエの例えがうまく伝わないと申し訳ないので、ここは緑水亭のサービス係・田中さんにご説明いただきましょう。この愛らしい笑顔に、一瞬でファンになりました。

サービス係 田中さん
サービス係 田中さん
「この露天風呂は、鉄分を多く含んだ湯源泉掛け流し。湯上りはお肌がすべすべになりますよ! 露天風呂までは48段の階段を下りていきますが、自然の音に包まれたアプローチも楽しんでみてください」
ライター及川
ライター及川
「やっぱりこの大自然は緑水亭の魅力ですもんね。歩いているだけで心が解き放たれていきます~」
サービス係 田中さん
サービス係 田中さん
「今の時期は露天風呂から眺める紅葉がとてもきれいです! 冬場もそんなに多く雪が積もらないので、一年を通して美しい景色を楽しめますよ。天窓から陽が入って明るく広々とした内風呂でも、ゆったりと入浴を楽しんでもらえると思います」

海も山も! ぜいたくな素材の恵みをいただきます!

館内にあるレストラン「ハーモニー」。「日帰り入浴+食事付きプラン」の予約で利用できます

女はいつだって欲張り。温泉を楽しんだあとにはおいしい食事も楽しみたいですよね? それならレストラン「ハーモニー」でいただける、しゃぶしゃぶをメインとした「はぎコース」(3780円 ※入湯税70円別途)、もしくは、しゃぶしゃぶに海鮮の陶板焼を加えた「つばきコース」(5400円 ※入湯税70円別途)はいかがですか? 女性同士での利用が多く、ゆっくりと食事を楽しんでいかれるそうです。“カメラでパチリ!”はここではご法度。目の前にある料理のおいしさをじっくりと味わいましょう。

また、食事処「祭ばやし」(平日20:00〜24:00、土・日曜、祝日11:30~15:00/20:00~24:00)でいただける、緑水亭オリジナル「篝(かがり)火ラーメン」(800円)も人気です。

お酒好きのみなさん、要チェックです!

お風呂上がりのビールって最高ですよね。指先まで潤いが行き渡っていくあの感じ……。ロビー横にあるビールカウンター「麦酒家(びーるや)」では、この宿オリジナルのビール「かがり火」(756円)がいただけます。これは飲まずにはいられません。

ここのカウンターはイギリス・ウェールズ地方にある「セントラルホテル」で、約100年前に使われていたものを移築したものなのだとか。すてき~! 平日は16:00~23:00、土・日曜は11:00~23:00まで営業しています。

敷地内の散歩もお忘れなく!

庭園の中でひときわ目を引く赤い橋。その名も「出逢い橋」……!!

「緑水亭の中でおすすめの場所はありますか?」と聞いたところ、「出逢い橋から見る景色ですね」と即答した田中さん。「で、出逢い橋……!?」。我先にとダッシュしたのは言うまでもありません。木々をバックに朱色が映える素敵な場所……。ここにいれば、3分後にでも待ち人が来てくれそうです。

群がる鯉に満面の笑みの私。普段もこんな人気者になってみたいものです……

秋保には、恋人を応援してくれる場所があります。

岩のくぼみがハートの形に見える……!

「緑水亭」からの帰り道、何やら「秋保に“恋人の聖地”がある」という噂をゲット。血眼になって探したところ、秋保温泉の入り口にある「覗橋(のぞきばし)」のたもとにハート形になった岩のくぼみを発見……! ここは、「恋人の聖地プロジェクト」恋人の聖地として認定した「覗橋ハート」という場所なのだそうです。カップルはキャッキャしながら眺めてみるとよいでしょうし、私のような独身の方は……、えーっと……、まあ毎日笑っていればそのうちいいことがあるかと思います。ともに頑張っていきましょう。

ライター及川
ライター及川
「自然の中に身を置くと、本当に心も身体もすっきり! 緑水亭は、思う存分リフレッシュできる場所でした。ここ最近って、なんだか人の目を気にして縮こまってしまう人が多い気がするんです。そんな時こそ、少しでも日常を忘れられる日帰り温泉へ! 自分の時間を、思うがままに過ごす。そんな、自分への『いいね!』なひと時を楽しんでみてください!」

▼温泉DATA 篝火の湯 緑水亭▼
・泉質:ナトリウム・塩化物硫酸塩泉
・効能:切り傷、やけど、慢性皮膚病、慢性婦人病、神経痛、筋肉痛、関節痛
・風呂の種類:4種
・源泉風呂:有り
・露天風呂:有り
・入浴料(税込):大人1200円、子供(4歳~小学生)600円
 ※昼食付きプラン 大人1人3780円(入湯税70円別途)、5400円(入湯税70円別途)
・駐車場情報:有り、300台

篝火の湯 緑水亭

住所:宮城県仙台市太白区湯元上原27
電話:022-397-3333
営業時間:【日帰り温泉】11:00~18:00(最終受付17:00)
定休日:不定休 ※毎週月曜は大浴場清掃日

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

“さいちのおはぎ”を食べずして秋保を語るべからず!

全国にファンを持つ魅惑のおはぎ!

秋保おはぎ(2個入 各216円。3、6、10個入もあり)は、あんこ、きなこ、ゴマの3種
連日多くの人でにぎわう「主婦の店 さいち」。夕方にはおはぎが売切れになることが多いので、早めの来店がおすすめです

地元の方の口コミから人気が広がり、今では遠方から買いに訪れる人も多いというこのおはぎ。なんと、1日平均5,000個を売り上げるほどの愛されっぷり。おいしさの秘密は、あんこにほどよく塩気を効かせて甘さ控えめに仕上げていること。ボリュームたっぷりなのも魅力です。秋保に来たら、立ち寄りマストです!

ライター及川
ライター及川
「仙台市民だけでなく、いまや全国から愛されるこちらのおはぎ。私も昔からこの味の大ファンです。種類豊富なお総菜も絶品! あれもこれも食べたくなって気づいたらカゴがいっぱいになっていた、なんてこともしばしば……。でも、それでこそこのお店に来た醍醐味(だいごみ)なのです!」

取材メモ/宮城でも有数の観光地である秋保。たくさんの人が訪れる場所だからこそ、人それぞれのユニークな視点が旅をよりいっそうおもしろくしてくれるのだと思います。あなただけの「秋保マップ」を作るべく、まだ見ぬ場所を探検するつもりで足を運んでみてください!

取材・文・撮影=及川恵子

せんだいタウン情報S-style

せんだいタウン情報S-style

発行日:毎月25日 発行部数:60,000部

仙台・宮城のグルメ、レジャー、ニューショップなど、話題のスポットを幅広く紹介。地元の人々に愛され続けて40年のタウン情報誌。この1冊で仙台の”今”がわかる! 

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載