年間120万人が訪れる小さな町の小布施温泉・あけびの湯/長野

年間120万人が訪れる小さな町の小布施温泉・あけびの湯/長野

2017/11/10

長野県の市町村で最も面積が小さい小布施町。葛飾北斎と栗の町として有名で、近年は「花の町」としても注目されています。この小さな町の来訪者数は年間120万人で「女子旅」の人気スポットにもなっています。「あけびの湯」はそんな小布施にある唯一の温泉宿。景色とお湯のよさが評判の名湯です。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

栗の町小布施散策と北信州の山々を一望できる、源泉掛け流し温泉「あけびの湯」

温泉の前には信州の小京都とも呼ばれる風情ある小布施の街を散策し、栗の小径を歩いたり、栗のお菓子を扱うお菓子屋さんを覗いたり、カフェでも栗のスイーツをしっかり堪能。栗づくしで満たされたところでいざあけびの湯へ向かいます。高台に位置するあけびの湯は山裾にあるため、後ろに広がるのは北信州の山々。源泉掛け流しの露天風呂からはこの景色が堪能できるということでなんとも期待がふくらみます!

\今回、あけびの湯を紹介するのは....../

「あけびの湯」に到着!
ライターNONO
ライターNONO
「長野県大好きライターのNONO(のの)です! 休日は広い長野県内をドライブして、さまざまな観光スポットに行ったり、温泉につかったりしながら楽しんでいます。今回は長野市内から車で30分ほどの距離にある、風情があって大好きな町「小布施町」のとびきりオススメの温泉をご紹介します!」

高台にある「あけびの湯」へ到着! 玄関を入った途端に漂う硫黄のかおり

まずはたくさんのお魚たちがお出迎え

入口を入ってすぐの左手には小さな池があり、水の中には鯉や金魚がたくさん泳いでいました! とても人懐っこく、手を出したら集まってくる様子に入浴前からいきなりほのぼの。ほんわかした気持ちのままいざ温泉へGO!

水色が変化する小布施温泉。北信五岳を眺めながら表情豊かなお湯を楽しんで

気温や湿度によって無色透明、緑色、白濁色とさまざまな表情を見せる

「あけびの湯」はそれぞれ特徴のある露天風呂大浴場があります。硫黄の香りにつつまれながら、北アルプス北信五岳など、たくさんの山並みを一望にできる、なかなかほかでは味わうことができない贅沢な露天風呂と、気温や湿度などによって無色透明、緑色、白濁色とさまざまな表情を見せる温泉の大浴場です。珍しい黒い湯花も時折見られる、何度通っても飽きのこない温泉です。

北アルプスや北信五岳といった、たくさんの山並みが一望

露天風呂は寝湯になっているので景色を眺めながらぼんやりリラックスしていると、日頃の疲れやストレスもいつの間にかどこかに飛んでいくようでした。黒い湯花効果肌もしっとりつるつるに。硫黄泉だけのことはあり、温泉を出た後も湯冷めしにくく、いつまでも体がぽかぽかしていましたよ!

温泉以外にも魅力がいっぱいあけびの湯。とことん満喫しちゃいましょう!

地元の特産品が揃う直売所コーナー

入口すぐのフロント正面にある、直売所コーナーでは、長野県内でもなかなか見ることのできない地元で取れた新鮮野菜やそれらを加工した漬物などの特産品が揃っています。温泉の後はショッピングも楽しめます。

休憩室にはハンモックも

休憩室にはハンモックが2台設置してあり、湯上りにこのハンモックでゆらゆらしながらひと眠り。最高のひとときでした。また、併設されているキッズエリアにはお子様向けの遊具がたくさん。これならお子さんたちも飽きずに楽しむことができるのでファミリーにもおすすめですね!

笑顔がさわやかな橋爪さん

\最後にスタッフの橋爪さんに聞いてみました!/

ライターNONO
ライターNONO
「毎日、早朝の6時から営業されているそうですね」
スタッフ橋爪さん
スタッフ橋爪さん
「はい、朝風呂から入って、そのままずっと施設内にいることができるので、長時間楽しまれる方もいらっしゃいますね」
ライターNONO
ライターNONO
「温泉以外にも楽しめるいろいろなイベントも行なわれていると聞いたのですが」
スタッフ橋爪さん
スタッフ橋爪さん
落語会などのイベントを行っているので、定期的に通われる方も増えてきております」
ライターNONO
ライターNONO
「こちらでは、日帰り温泉だけではなく、宿泊もできるのですよね?」
スタッフ橋爪さん
スタッフ橋爪さん
「はい。小布施町で唯一の温泉宿なんですよ。宿泊できるお部屋では、和室、洋室など、どの部屋からも雄大な山並みを楽しめます。また、18畳もの広さがあり、檜風呂庭園を完備した特別室などもご用意しております」
ライターNONO
ライターNONO
「ほかにもあけびの湯の特徴はありますか?」
スタッフ橋爪さん
スタッフ橋爪さん
「館内で打った手打ちそばが自慢です。ほかにも自然豊かな北信州の大地が育んだ旬の素材を使った、さまざまな料理を提供しています。また、温泉の後にはカラオケ(有料)も楽しんでいただけますよ」
ライターNONO
ライターNONO
「充実施設のあけびの湯。硫黄の香りに包まれながら、北信五岳を眺め、ゆったり温泉につかるひとときはまさに至福。評判がいいのもうなずける納得の温泉施設でした! 憧れだったハンモックに揺られたり、入口の魚とたわむれたりなど私的癒やしポイントも満載。次回は宿泊して自慢のお蕎麦や食事もじっくり味わってみたいです!」

▼温泉DATA 小布施温泉 あけびの湯▼
・泉質:含硫黄・カルシウム-ナトリウム塩化物泉 ( アルカリ性低張性高温泉 )
・効能:硫黄による殺菌作用、末梢血管拡張作用、血糖値の降下作用により、慢性皮膚病、高血圧、糖尿病に対して効能がある
塩化物を含みアルカリ性であることから、皮膚表面にごく薄い膜を作り毛穴を塞ぐことから温熱効果により冷え症、神経痛等に効能がある
・風呂の種類:4種
・源泉風呂:有り
・露天風呂:有り
・入浴料(税込):大人600円、子供300円、3歳以下無料/朝風呂(6:00~9:00までの入館・9時以降の滞在も可)大人500円、子供250円、3歳以下無料 ※大人は中学生以上、子供とは4歳以上中学生未満
・駐車場情報:有り、100台

小布施温泉 あけびの湯

住所:長野県上高井郡小布施町雁田1311
電話:026-247-4880
営業時間:【日帰り温泉】6:00~22:00
定休日:第3木曜

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

土日には、行列ができるほどの大人気 「えんとつカフェ」のモンブラン朱雀

ソフトボールほどのビッグサイズなモンブラン朱雀! 季節のフルーツが添えられます
大きくて甘い栗とさっぱりめのアイスクリームが相性抜群!

ナッツを中に忍ばせたイタリアのアイスクリーム、セミフレッドの上にたっぷりと絞られた小布施自慢の栗のペースト。ひとくち食べると栗の風味が口いっぱいに広がる、「モンブラン朱雀」えんとつカフェを代表するスイーツです。ひんやりとした冷たさとなめらかさ、異なる食感が楽しめるので飽きずに食べ進めることができる上、ボリューミーで甘さも控えめなので男性にもおすすめ。セットドリンクのいちおしはコーヒー。厳選した豆を使用したコーヒーはモンブランとの相性もばっちりです。モンブラン朱雀(ドリンク付1500円)。

一見、重厚感のあるたたずまいですが……
なかは白を基調としたおしゃれな雰囲気

もともとカフェだったお店を2016年4月よりモンブラン専門店にリニューアルオープン。かつて酒蔵の精米蔵だった建物をリノベーション。店名の由来はお店の前にそびえている、酒蔵の「煙突」にちなんだそうです。当時のままの外観や、そのまま残した店内の梁や張り紙などがすてきなお店です。

ライターNONO
ライターNONO
「日本家屋をリノベーションした建物は小布施の街並みに溶け込む外観をそのまま残しつつ、店内はとてもおしゃれでモダンな雰囲気。白壁の爽やかさやアクセントになっている梁がとても印象的でした。『モンブラン朱雀』もいままで食べてきたモンブランは一体なんだったの? と思わずつぶやいてしまうくらいの衝撃的なおいしさにとにかく感動! しかもボリュームも満点。ぜひ小布施に来たら食べていただきたい絶品スイーツです!」

取材メモ/小布施唯一の温泉宿「あけびの湯」。四季折々に変化する山の景色を眺めながら広いお風呂につかれるなんて極楽の極みですよね! なぜ変化するのかその原因は謎という温泉の水色もなんとも神秘的。小布施の町を散策すればそこは栗スイーツの宝庫。栗づくしからの温泉はまさに女子旅にもってこいのプランです!

取材・文=NONO 撮影=hide

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載