生まれ変わる町へ。電車でゆく日帰り温泉旅、女川温泉/宮城

特集

【第9回】全国のタウン誌が選んだ“日帰り温泉100選”

2017/12/15

生まれ変わる町へ。電車でゆく日帰り温泉旅、女川温泉/宮城

仙台から電車に揺られること1時間30分。目の前に海が広がる港町・女川町にたどり着きます。ここは今、新しく生まれ変わる途中の町。そして、港に生きる人々に長く愛されてきた温泉がある町なのです。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

海を望む温泉で、心をバシャバシャ洗いましょう!

唐突ですが、宮城はとてもいいところです。米どころであり、さらに日本でも有数の豊かな漁場がある。だから絶品のお米と(そしておいしいお酒も)、新鮮な海の幸がいただける場所なんです。すなわち、住んでいるだけで向こうから勝手に幸せがやってくる感じです。最高じゃん。

\今回、紹介するライターは.../

石巻市出身のフリーライター・及川は笑顔で女川駅に到着! ぜひJRのCMに使ってほしい
ライター及川
ライター及川
「フリーライターの及川恵子です。宮城県の港町で生まれ育ち、太平洋のように広い心を持っております(たぶん)。港町育ち特有の気性の荒さも持ち合わせておりますが、もうこの年だし治らないでしょう」

きらめく太平洋を眺めながら、電車に揺られて女川へ

改札降りたら2秒で温泉! ザ・ベスト・オブ 駅チカ温泉です

石巻と女川をつなぐJR石巻線。キラキラと輝く海の横を、電車はぐんぐん進みます。絶景に見とれているうちに、終着・女川駅へ。「女川温泉 ゆぽっぽ」改札の目の前にあります。

温泉と駅がひとつの建物に! 建築家・坂茂さんによる斬新なデザインが目を引きます

以前は女川駅の隣にあった「ゆぽっぽ」。東日本大震災で大きな被害を受け、2015年3月にこの場所でリニューアルオープンを果たしました。建物は流されてしまいましたが、幸いにも源泉は無傷。昔と変わらず、効能豊かな湯が訪れた人を癒やしています。

温泉に入りながら、アートを眺めるというぜいたく

無料休憩所の壁面には「家族樹」という作品が。美しい描写に見入ってしまいます
ライター及川
ライター及川
「建物の中にはタイルアートがたくさん描かれていると聞きました!」
支配人 吉田さん
支配人 吉田さん
「そうなんです。2階の休憩所から見えるタイルアートは、日本画家・千住博さん女川町民、そして女川の復興を応援してくれた方たちと一緒に描いた『家族樹』という作品です。よく見ると、タイル1枚1枚に個性的な花の絵が描かれているんです。浴室には『霊峰富士』や『泉と鹿』という作品もありますよ」
ライター及川
ライター及川
「千住博さんが描いた絵を眺めながら温泉に入れるなんて! これはひとまず確かめてこなければ……!」
ちょっと失礼して……、ひとっ風呂浴びてきます!

浴室は、高い天井と窓から入る陽の光で開放感たっぷり。そんななか、白いタイルに淡い青色で描かれた絵が湯気の奥にぼんやりと浮かび上がります。なんだか幻想的な雰囲気。すてき……。

大きな富士山が見下ろす広々とした浴室。電車旅の疲れが癒やされていきます……
無料休憩所は温泉利用者が自由に使える憩いの場。持ち込みOKで制限時間もなし!

休憩所ではお風呂上がりの1杯を楽しむもよし、海に面した窓から景色を眺めるのもよし。私なら絶対ビール飲んじゃいますね……。

女川の玄関口から、どんどんにぎわいが広がっています

展望デッキからの眺め。飲食店などが並ぶ商業施設「シーパルピア女川」を抜け海まで続くレンガ道は、災害時の避難道にもなっています
ライター及川
ライター及川
「リニューアルしてからもたくさんの方が温泉を楽しんでいるようですね」
支配人 吉田さん
支配人 吉田さん
「リニューアルしてから、来場者数は2016年3月に5万人に。そして今年5月には10万人を達成しました。震災後、町民の多くが町から離れてしまったのですが、仮設住宅で暮らす方や観光客の方にゆっくりと過ごしてもらえる場になっていることがうれしいですね」
おみやげの品がたくさんそろっています!

1階のギャラリーには、サンマやサバ、ワカメなどの水産加工品がずらりと並びます。また、おみやげやプレゼントにぴったりなトートバッグやキーホルダー、バスソルトなど「ゆぽっぽ」オリジナルのアイテムも。「おみやげどれがいいかな」なんて悩む時間も旅の楽しみのひとつですよね!

「ゆっくり温泉に入る時間がない」なんてときは、足湯で気軽にリフレッシュ!

温泉にも足湯にも入る私。せっかくの温泉旅ですもの、ここは時間が許す限り楽しみましょう。温泉って、偶然居合わせた人との会話が楽しかったりもしますよね。ついつい心も開放的になります。

ライター及川
ライター及川
「大きく傷ついた出来事もあったけど、女川はいつでも青い海と広い空、そして新鮮な魚介類と温泉で歓迎してくれる町。そして一度足を運べば、心と体をじんわり温めて日々のモヤモヤをきれいさっぱり洗い流してくれる町です。どうです? 海が見える終着駅までの温泉旅、行ってみたくなったでしょう?」

▼温泉DATA 女川温泉 ゆぽっぽ▼
・泉質:カルシウム・ナトリウム-塩化物泉(低張性アルカリ性温泉)
・効能:慢性皮膚病、慢性的筋肉・関節痛、神経痛ほか
・風呂の種類:4種
・源泉風呂:有り
・露天風呂:なし
・入浴料(税込):大人(中学生以上)500円、小学生300円、未就学児無料 ※家族風呂は60分1000円、要予約
・駐車場情報:有り、65台(女川駐車場と共有)

女川温泉 ゆぽっぽ

住所:宮城県牡鹿郡女川町女川浜字大原1-10
電話:0225-50-2683
営業時間:【日帰り温泉】9:00~21:00(最終受付20:30)
定休日:第3水曜

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

真の女川スイーツ、発見しました!

みんなを笑顔にする「ホヤ塩ソフト」

女川町地域医療センターの敷地内にある「おちゃっこクラブ」。「おちゃっこ」とは、お菓子やお茶を楽しみながらおしゃべりをするというこの地域の文化のこと

温泉をあとにしてむかったのが、「おちゃっこクラブ」。ここにある変わり種のソフトクリーム「ホヤ塩ソフト」を一度味わってみたかったのです。ホヤと塩とソフトクリーム!? 最近物忘れがひどくて消耗が激しい私の脳がますますこんがらがっていきます。そもそもホヤをご存じですか? 独特の風味がクセになる、「海のパイナップル」と呼ばれる海洋生物です。え……!? 私、今の今までホヤって貝だと思っていました……。まあ、たぶんホヤが好きな人は相当な玄人だと思います。

このお店を切り盛りする岡さん夫妻。元気な2人に会いに、何度も足を運びたくなります

ここは、人が気軽に集える場所を目指して岡 裕彦さんと奥さまが震災後に開いたお店。

岡さん
岡さん
「お店で出すメニューを考えていたとき、最初に思い付いたのがソフトクリーム。だってソフトクリームを食べているときって、みんなが笑顔になるじゃないですか。それって心の復興にぴったりだなって思ったんです」
これが「ホヤ塩ソフト」(300円)。あとを引くおいしさがクセになる!!

ホヤ塩は目の前の海で取れたばかりの新鮮なホヤとその水分、そしてホヤが吸った栄養たっぷりの海水を煮詰めて岡さん自らが作っています。それをソフトクリームにたっぷりと振りかければ出来上がり! ホヤの旨みと磯の風味が感じられる、海をそのまま閉じ込めたような味わい。これを食べて改めてホヤのおいしさに気付く人もいるそうですよ。

ライター及川
ライター及川
「正直に言います。私、ホヤが苦手でした。なので、ちょっとビクビクしながらの取材でした。ただ、ひと口食べてわかったのが『ホヤ塩ソフトは絶品!』ということ。口いっぱいに広がる磯の香り。そしてソフトクリームの濃厚な甘さを引き立てる強めの塩……。複雑ながらもバランスよく仕上がっていて、あとを引く味わいがクセになりました。今も、あの味を求めて女川にひとっ飛びしたい……。これはチェック必須のスイーツです!」

取材メモ/女川町では、今もなお、多くの人が復興に向けて日々汗を流しています。でもここには、未来にむかって前を向く人がたくさんいます。だからこそ温泉でのんびりしたあとは、ぜひ町の方と交流してもらいたい。人懐っこいハマっ子たちが、照れ臭そうにしながらも優しく迎えてくれるはずですから。

取材・文・撮影=及川恵子

せんだいタウン情報S-style

せんだいタウン情報S-style

発行日:毎月25日 発行部数:60,000部

仙台・宮城のグルメ、レジャー、ニューショップなど、話題のスポットを幅広く紹介。地元の人々に愛され続けて40年のタウン情報誌。この1冊で仙台の”今”がわかる! 

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

SERIES