全国露天風呂番付・西の横綱にランクイン! 湯原温泉砂湯/岡山

特集

【第5回】全国のタウン誌が選んだ“日帰り温泉100選”

2017/11/17

全国露天風呂番付・西の横綱にランクイン! 湯原温泉砂湯/岡山

岡山市内から高速道路に乗って車で約1時間半ほど北上した真庭市にある湯原温泉。自噴する温泉が数多くあり、湯郷、奥津とともに美作三湯(みまさかさんとう)といわれています。なかでも有名な天然の露天風呂「砂湯」を今回レポートします!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

豊富な湯量で100%源泉。岡山県北の湯原温泉で癒やされる

湯原温泉の特徴は、泉源がすべて自噴泉であるということ。毎分6000リットル以上ともいわれる豊富な湯量から「湯原(湯ノ原)」と呼ばれるようになり、古くから多くの地元の人がこのお湯に親しんでいました。歴史的には、豊臣秀吉の家臣・宇喜多秀家が、母である「おふくの方」の湯治場を開設したという記述があるそうです。山あいの旭川沿いに温泉旅館や飲食店、足湯施設などが並ぶ温泉街を抜けた先に「砂湯」はあります。ここは、1981年に暁教育図書から出版された「湯けむりの里」で紹介された、全国露天風呂番付の「西の横綱」にランクインしているそう。これは期待が高まります!

\今回、紹介するライターは……/

名泉砂湯の碑前でパシャリ!
ライター太田
ライター太田
「岡山で生まれて、岡山で育って30ウン年。岡山県を中心に、カメラマンとライターをしています。30代も半ばになり、肌の調子と日々向き合っているライターの太田と申します。無料で入れる露天風呂、しかも美肌の湯があるといううわさを聞きつけて、湯原温泉にやってきました」
温泉薬師堂の砂湯分院。本院は温泉街の真ん中にある
砂湯に入る前に、心得を確認

温泉街の突き当たりからさらに歩きます。温泉薬師堂の祠(ほこら)や、砂湯の入浴指南などを見ながら歩を進めると、「砂湯」と書かれた大きな岩の先に、露天風呂ならではの屋根が見えてきます。

川とまるで一体になったかのような、昔ながらの露天風呂

温泉の原風景ともいえる、天然の混浴露天風呂

砂湯の奥には巨大な湯原ダムが!

山に囲まれた河原に、湯気がのぼる露天風呂。奥には大迫力の湯原ダム…。これは想像以上に開放感があります! 
そして、その開放感と同時に気になってくるのが混浴露天風呂であるということ。タオルを巻いたり、水着を着ての入浴もOKということですが、女性はやはり周りの目が心配…。
でもそんな人もご安心を! なんと「湯原観光情報センター」では、女性は2000円(返却時に1000円返金)で湯浴み着をレンタルできるそう!

湯原観光情報センター
キャラクターのワンポイントがキュートな女性専用「はんざきちゃん湯浴み着」。「湯本温泉館」でもレンタル可能

この湯浴み着は、「ワコール」と湯原の女将さんたちとの共同開発。中がメッシュ生地になっていて張り付かず、体のラインが気になりません。また、透けないのでこれなら安心です。
砂を噴き上げながら温泉が湧いていることから「砂湯」と呼ばれるようになったそう。ところどころで、プクプクとお湯が湧いてきているところが見られます。

プクプク湧き上がっています

無料で開放されていて、清掃日以外は24時間いつでも入ることができます。近所の住民の方もよく利用されるそう。地元の方の管理と、利用者のマナーによって、いつでもきれいなお湯が保たれているんですね。

長寿の湯
子宝の湯
美人の湯

長寿の湯、子宝の湯、美人の湯という3つのお風呂があります。いい女を目指す私としては、ここはやはり美人の湯でしょう! 
ちょうどいいお湯加減〜。湯原温泉のお湯は源泉の温度が約45度なので、調整なしで入浴することができるのです。アルカリ性だから、皮膚の余分な油分や古い角質を乳化して溶かす作用があると言われており、美肌効果に期待できるそう。入っていると、肌の表面が柔らかくなりツルツルしてきました。なんだかカサカサになった肌もうるおいを取り戻せそう!

自然とダムの壮大な景色

そして、なんといってもこのすばらしい景色! 山の緑と川の流れが気持ちよく、非日常感がたまりません。季節ごとに、紅葉など、いろいろな景色が見られるそうなので、また違う季節にも来たいものです。
心が癒やされて、肌はしっとりツルツル。心身共にリフレッシュできました。

▼温泉DATA 湯原温泉 砂湯▼
・泉質:低張性アルカリ高温泉
・効能:神経痛・筋肉痛・慢性消化器病・慢性リュウマチ・骨及び関節の運動器障害など
・風呂の種類:1種
・源泉風呂:有り
・露天風呂:有り
・入浴料(税込):無料
・駐車場情報:なし

湯原温泉砂湯

住所:岡山県真庭市湯原温泉
電話:0867-62-2526(湯原観光情報センター)
営業時間:【日帰り温泉】24時間
定休日:水曜の午前中、第1金曜の10:00~14:00

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

地元素材をふんだんに使ったパンを楽しむ

温泉でリラックスしたあとは、「picnic or market?」というパン屋さんへ。「砂湯」から温泉街の入り口の方へ戻る途中に、木のぬくもりを感じる建物が見えてきました。

オーナーのデザインによる木のぬくもりを感じる建物
スタッフさんの笑顔がすてきです!

総社(そうじゃ)市で人気のパン屋「logique」の2号店で、2017年8月にオープンしたばかり。元はオーナーのおばあさまの家で、40年くらい前までは近隣の旅館へ下駄を卸していたそう。

商品棚を支える下駄たち。密かに下駄屋のなごりが

蒜山(ひるぜん)の貴重な発酵バターや生クリーム、牛乳などのほか、新庄村の野菜や隣の精肉店から仕入れる上質な肉も使った、ここならではのパンがそろっています。

蒜山発酵バターを使った食パン
惣菜パンに、菓子パンに、どれもこれもおいしそう!
スタッフさん
スタッフさん
国産黒毛和牛をはさんだ『黒毛和牛のわんぱくサンド』がおすすめです。2階に足湯があるので、そこでお食事されるのも大丈夫ですよ」
ライター太田
ライター太田
パン屋の2階に足湯が! それはぜひ入らせてください!」

足湯では、1階で購入したもののみ飲食可能だそう。タオル付きの利用料200円を払い、パンとドリンクを購入していざ2階へ。

本格的な足湯スペース

本格的な足湯。大きな窓の向こうには山と川の景色が広がっています。
足湯最高〜。そして、なんといってもパンがおいしい! 
サンドイッチは、黒毛和牛が柔らかくてジューシー。旬の野菜と玉子も入ってボリューム満点です。一緒に買ったドリンクは、女性に人気の「甘酒スパークリング」。シュワッとした炭酸の刺激とすっきりとした甘さがたまりません。

「黒毛和牛のわんぱくサンド」520円と「甘酒スパークリング」300円

また、温泉といえばまんじゅうでしょ。ここにはまんじゅうの代わりに「にごり酒 白あんぱん」があります。新見産の最高級白小豆と酒麹を独自の配合で合わせた白あんが上品な甘さです。生地もしっとり柔らかでおいしい〜。

「にごり酒 白あんぱん」183円

地元の上質な食材を使ったパンと、心地よい足湯で、なんともぜいたくな時間を過ごせました。

よい湯加減で気持ちいい。パンもおいしくて幸せです

取材メモ/昔ながらの、自然に生まれたままのような露天風呂がこんなに身近にあるなんて…! 天然の混浴露天風呂に驚くと同時に、他にはない自然に包まれる開放感に癒やされました。

取材・文・撮影=太田裕子

月刊タウン情報おかやま

月刊タウン情報おかやま

毎月25日発行

岡山で40年以上発刊する、地域密着メディアです。「今日何する? 週末どこ行く? あたなのおでかけをハッピーに」をコンセプトに、読者のおでかけ意欲を喚起 発行エリア:岡山県内全域 発行部数:56,000部

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

SERIES