まだまだ楽しめる! 南伊豆の秘境でリゾート気分を満喫

2017/09/13

まだまだ楽しめる! 南伊豆の秘境でリゾート気分を満喫

今年の夏は長雨が続きうんざりしている人も、まだまだ今からでも海のアクティビティを楽しんでみては? その美しさから“日本のセブ”島とも言われている南伊豆の美しいビーチ「ヒリゾ浜」と抜群のロケーションでくつろぐ、南伊豆のコテージ&貸し別荘をご紹介します

NAGOYA MAG

NAGOYA MAG

南伊豆の秘境・ヒリゾ浜でリゾート気分

船で渡らなければ辿り着けない秘境

近年SNSで話題を集めているのが、抜群の透明度を誇る南伊豆の美しいビーチ「ヒリゾ浜」。その美しさから“日本のセブ”島とも言われています。口コミで徐々に人気を集め、シーズン中は多くの人で賑わいます。

ありのままの自然が残るこの海は、伊豆屈指の透明度を誇り、海底約5mまでくっきり見えるほどの美しさ。これも、船でしかいくことのできない独特の地理的環境から。半島の先端で切り立った崖に覆われていること、あたり一帯が国立公園で開発が進んでいないこと、付近に川がないことなど、さまざまな条件が重なった奇跡の海とも言えます。

ヒリゾ浜まで片道5分

渡し船に乗るには、「中木生活改善センター」駐車場内の特設テントにて受付を。島に渡れるのは7月上旬~ 9月下旬の3ヶ月弱。※今年は7月2日(日)~10月1日(日)の予定。荒天時は渡し船が運休になることもあるそうです。

下り潮の時の透明度は最高。「奥石廊崎展望所」付近からは、通年透き通った海を見渡せます。

さまざまな種類の季節回遊魚

黒潮の通り道となっているため、多種多様なや貴重なサンゴに出合うことができるのも魅力のひとつ。水中マスクやフィン、スノーケルを持参してシュノーケリングを楽しむこともできます。

美しい自然を守るためにも、ゴミは持ち帰るなどのマナーを守るのは必須!

現地にはトイレやシャワーなどの設備がありませんが、共同運行期間中は何隻かの船で共同して渡している為、運行時間が短く2分~5分にはかならず船が来ます。トイレや忘れ物などはサービスで往復していますので、戻りたいときに戻れてとても安心です。

手つかずの自然環境の中で、のんびりと無人島気分を存分に満喫して!

ヒリゾ浜

住所:静岡県賀茂郡南伊豆町中木
アクセス:名古屋IC→4時間13分
東名高速道路名古屋ICより伊勢湾岸自動車道・新東名高速道路経由約2時間8分→新東名高速道路長泉沼津IC下車。
伊豆縦貫自動車道・伊豆中央道・修善寺道路経由約2時間→ヒリゾ浜渡し船乗り場。
渡し船でヒリゾ浜まで約5分。
電話:0558-65-1050(ヒリゾ浜渡し組合)※運航時のみ
営業時間:渡し船の運航/ 8:00~16:30(受付時間8:00)※9月は~16:00
定休日:シーズン中は無休 ※7月2日(日)~ 10月1日(日)予定
駐車場:有料駐車場あり

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

自然に包まれて過ごすヴィラで贅沢ステイ

緑に包まれた癒しのロケーション

「日本の渚100選」にも選ばれている、静岡県南伊豆町にある1kmに及ぶ美しい海岸線が続く「弓ヶ浜」。そんな「弓ヶ浜」の目の前にある、緑に包まれた「ヴィラ弓ヶ浜」

ツリーハウスを思わせる緑豊かな木々の中にある「ヴィラ弓ヶ浜」は、海水浴で人気の「弓ヶ浜」の目の前にあり、秘境「ヒリゾ浜」や歴史の街「下田」、日本では珍しい「サンドスキー場」など観光スポットまで車で20分以内とアクセスも良好。

色々なタイプのお部屋があります!

2~50名まで宿泊可能で、海の見える部屋やテラスのある部屋など、人数に合わせて選ぶことができます。食事は自炊が基本。各お部屋のキッチンには、調理器具・食器類を完備しています。

ピザ釜もあるので、オリジナルの手作りピザを作ることもできます

バーベキューは炭や鉄板を貸してもらえ、火おこしまでしてくれます。あとは、持ち込んだ食材でみんなと料理やバーベキューを楽しんで!

海と緑に囲まれたテラスでは星空の下、BBQを楽しむこともできます

開放感満点のテラスからは、夜の星空も美しく、天候が良ければ夏には天の川を見ることも。

ふわふわとした浮遊感が心地良い「鳥の巣チェア」でついついうたた寝

自然に包まれた抜群のロケーションで潮風を感じながら、のんびりと贅沢ステイを楽しんでみては。

ヴィラ弓ヶ浜

住所:静岡県賀茂郡南伊豆町湊1600
アクセス:新東名高速道路長泉沼津ICより車で約1時間58分
電話番号:080-1584-1013
チェックイン:15:00~
チェックアウト:~10:00
定休日:無休
駐車場:あり
料金:2~ 3名用1室 6156円~(BBQ料金は別途+540円)

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

NAGOYAMAG

NAGOYAMAG

20年以上、地元・名古屋、東海地区の情報を地元のライター陣で書き続けてきたノウハウを元に、雑誌からwebメディアへ展開。NAGOYAMAGはより深く、よりリアルな情報をネット配信しています。

日本プリコム

日本プリコム

お客様の”これが欲しかった!”をお届けします。 お客様の”これが欲しかった!”をご提供するため、編集、デザイン、DTP、WEB、ITツールを駆使して、ニーズに合ったモノづくりをしていきます。

この記事を書いたライター情報

NAGOYA MAG

NAGOYA MAG

定番から通なスポットまで、より深く、よりタイムリーに情報配信。 20年以上、地元・名古屋、東海地区の情報を地元のライター陣で書き続けてきたノウハウを元に、雑誌からwebメディアへ展開しています。

NAGOYA MAG が最近書いた記事

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES