稲穂に囲まれる露天で満喫 百目鬼温泉/山形

特集

サクッとポカポカ♪ 日帰り温泉ドライブへGO!

2018/01/05

稲穂に囲まれる露天で満喫 百目鬼温泉/山形

山形駅から車を走らせること約20分、田んぼの中にぽつんとたたずむ百目鬼(どめき)温泉。東には蔵王連峰、西には月山と、山形を代表する山々に囲まれ、夜は市街地の夜景を一望でき、山形をに満喫できます。100%源泉掛け流しの湯を求め、年間24万人の方が訪れるという温泉施設をご紹介します。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

開放感たっぷりの露天風呂。豊富な湯量の源泉掛け流し!

同僚や友人など、私の周りにもファンがたくさんいる温泉の一つが百目鬼温泉です。6:00~22:00(最終受付21:30)と長時間の営業、350円と手頃な価格、市街地から近いというのが人気のポイントかしら。

百目鬼温泉に到着!
ライター岡崎
ライター岡崎
「こんにちはー! 山形県内発行のフリーマガジン『ヨミウリウェイ』編集長の岡﨑彩と申します。その日の疲れはその日のうちに落とすのがモットー。ハードなワークが終わると、日帰り温泉に駆け込んでいます。こちらもそんな私のサンクチュアリのなかの1軒なんです」

加水、循環はせずに、ぜいたくな100%源泉掛け流し!

山形市街地から国道348号を白鷹・長井方面へ。田園地帯を進んだところに施設があります。

四季折々の景色が楽しめる、自然豊かなロケーションにある百目鬼温泉。見渡す限りの田園風景にぽつんとたたずむ建物から、もくもくと湯気が立ち上るのは、山形ならではじゃないでしょうか?

入り口横の券売機でチケットを購入したらカウンターへ
タオルはもちろん、百目鬼温泉で作った塩なども販売しています

百目鬼とは地名のこと。「百の目の鬼」なんて、単語はとっても怖そうなんですけど、タオルやオリジナルグッズにはかわいらしい鬼のイラストが施されていますよ。百目鬼温泉を天日干しして作ったという塩も販売しています。手づくりのお塩なんて、料理にちょっと振りかけただけでも、おいしそう~!

1分間に350リットル!?  豊富な湯量のあったまりの湯

男湯ののれんに描かれた鬼とツーショット。百目鬼温泉を運営する株式会社本沢の代表取締役・高橋省悟さんに魅力をお伺いしました
代表取締役 高橋さん
代表取締役 高橋さん
「山形市内では珍しい、100%源泉掛け流しができる1分間に350リットルの豊富な湯量が魅力です!」
ライター岡崎
ライター岡崎
「加水も循環もせずというのはすごいですね」
代表取締役 高橋さん
代表取締役 高橋さん
「そうなんです。ですから、毎朝湯もみをして、湯温を毎日均等にしています」
ライター岡崎
ライター岡崎
「人力で湯温の調整をしているんですか!? それはすごい!」
木のぬくもりが感じられ情緒あふれる内湯。毎週月曜に、男湯と女湯の場所の入れ替えがあるのだそうです
代表取締役 高橋さん
代表取締役 高橋さん
「露天風呂から見える景色は、一面の田んぼ。とても開放感がありますよ!」
ライター岡崎
ライター岡崎
「空も広くて素敵ですよね」
代表取締 役高橋さん
代表取締 役高橋さん
「秋は月見をしながら温泉につかれます。おすすめです」
ライター岡崎
ライター岡崎
「いいですね~。冬の雪がちらつく露天も気持ちよさそう。季節によって楽しみがいろいろありますね」
代表取締役 高橋さん
代表取締役 高橋さん
塩化物泉が特徴なのですが、あったまりの湯ですので、湯あたりを防ぐために3分以上続けて湯船につかることはご遠慮いただいているんです」
ライター岡崎
ライター岡崎
「えっ!? そうなんですね。たしかに風呂上がり、ずーっとポカポカしていますね」
代表取締役 高橋さん
代表取締役 高橋さん
「湯船から一度上がって少し冷ましてまた入って、という形で長湯している方が多いですね」

百目鬼周辺の美味もたくさん販売!

約50畳の大広間もあります。取材時は、おしゃべりに興じたり、囲碁の対戦をしていたり、地元の方の憩いの場になっていました
産地直売所も併設。くだものやお米が販売されています。新鮮な農産物の買い物もできるなんてとっても便利~!
ライター岡崎
ライター岡崎
「露天風呂の開放感が素敵な温泉。ぬるめが好きなわたしには、少し熱く感じる湯温でしたが、景色を楽しみながら湯船につかったり、上がってちょっと休憩していたら、ついつい長湯してしまいました。改めて地元ののどかな風景を堪能できて、心もリラックス。一カ月で2万人もの人が訪れるのも納得です。そして、湯上がりは地元感あふれる産地直売所でお買い物。果物や野菜、お米など、いろいろと目移りしちゃう品ぞろえでした。百目鬼温泉の塩を使った『百目鬼のぬかどこ つけっ娘』も売っていたので、これを機に、百目鬼周辺の野菜を使って、ぬか漬けに挑戦してみようかな」

▼温泉DATA 百目鬼温泉▼
・泉質:塩化物泉
・効能:冷え性
・風呂の種類:4種
・源泉風呂:有り
・露天風呂:有り
・入浴料(税込):大人350円、小学生150円、幼児無料
・駐車場情報:有り、80台

百目鬼温泉

住所:山形県山形市百目鬼42-1
電話:023-645-9033
営業時間:【日帰り温泉】6:00~22:00(最終受付21:30まで)
定休日:毎月第1月曜(第1月曜が祝日の場合は翌週月曜)

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

河北町谷地スタイルのだんごを楽しめるお店

米どころ山形の、自慢のおだんご

百目鬼温泉から車で8分ほど。イオン山形南近くに店を構えています
(左から)いそべ焼・秘伝豆ずんだ・焼あんこ・しょうゆ焼。一本100円~

山形市から車で30分ほど、山形県のほぼ中央に位置するべに花の里として知られる河北町発祥の焼きだんごをいただけるお店です。注文後に焼き上げるため、だんごの表面は香ばしく、中はあったかでモチモチの食感。ぜひ食べてみてください!

ライター岡崎
ライター岡崎
『しょうゆ焼』『いそべ焼』のほか、変わり種の『焼あんこ』など、海苔やあんこをつけてから焼くため、香ばしさをより感じることができる、ほかではなかなか味わえない一本をいただけます。イートインスペースもあるので、焼きたてをいただきながら、ちょっと休憩もいいかも!」
Yahoo!ロコ鈴木だんご屋
住所
山形県山形市若宮4-1-8

地図を見る

アクセス
蔵王駅[出口]から徒歩約37分
山形駅[西口]から徒歩約42分
電話
023-679-3988
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材メモ/内湯の撮影のために、オープンの朝6:00前にお伺いしたら、すでに地元の方でいっぱい。農作業の後や、朝風呂に入りにくるんですって。夜は受付終了ギリギリに仕事帰りの方がたくさん来るみたいで、地元に根付いた温泉なんだと感じました

取材・文=岡崎彩 撮影=大泉正成

月刊山形ZERO☆23

月刊山形ZERO☆23

毎月27日発行

やまがたの街をもっと元気に! もっと楽しく! 「月刊山形ZERO☆23」は、山形の街・人をよりアグレッシブにする月刊タウン情報誌です。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES