まさに女性のためのワンダーランド! 心も潤う玉造温泉/島根

特集

【第1回】全国のタウン誌が選んだ“日帰り温泉100選”

2017/10/20

まさに女性のためのワンダーランド! 心も潤う玉造温泉/島根

全国の温泉地を対象に開催された「温泉総選挙2016」で、最高賞である環境大臣賞とうる肌部門1位を獲得した玉造温泉。美肌の湯として知られる温泉ですが、かわいらしいオブジェや思わず写真に収めたくなるスポットも多く、温泉街全体がテーマパークのよう。実際に歩いて見つけたワクワクをご紹介!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

1300年も前に“神”認定された玉造

島根県松江市にある玉造温泉は、およそ1300年前に編さんされた「出雲国風土記」に登場する歴史ある温泉。風土記には“一度入浴すれば肌が若返り、再び入ればどんな病気も治す神の湯”と残されており、まさに名湯と言うのにふさわしいスポット。温泉街にはまちあるきが楽しくなるようなユニークな仕掛けがいっぱいで、観光客はもちろんのこと、地元の人のおさんぽコースにもピッタリ! 何を隠そう、仕事で県内のさまざまな温泉地を訪れることの多いライター紗田が個人的に好きな場所でもあります。女性がキュンとするポイント満載ですよ~。

玉造温泉に到着!
ライター紗田
ライター紗田
「肌も心も圧倒的に潤い不足の島根県在住ライター。好きな言葉は『時短』『手軽』『お得』。簡単に美しくなれる美容法があれば教えてください……」

まずは温泉街を散策してみる

境内に案内図があるので、初めて訪れる人も安心

温泉街にやってきて最初に訪れたのは「清巌寺(せいがんじ)」。なんでもこちらには美肌祈願ができる「おしろい地蔵さま」が奉られているとか……。まずは本堂に参拝してから、おしろい祈願のお札に願い事を書き込みます。

治癒したい部分を色鉛筆で塗ります。顔用のほか、体用のお札もあり
ライター紗田
ライター紗田
「治したいところ……とりあえず全部! 顔全体を塗りつぶそう。願い事は『赤ちゃんレベルの肌になりますように……』」

これまでたいした努力をしてないのに、ぶっ飛んだお願いを書いてしまいました。でもきっと、おしろい地蔵さまが背中を押してくれるはず……。

取材で訪れたのにかなり本気で顔全体におしろいを塗りました
ライター紗田
ライター紗田
「願い事を書いたお札をおさめて、お地蔵さまに筆でおしろいを塗って参拝。昔、お寺の和尚さんが、このお地蔵さまにおしろいを塗って祀ったところ、顔面のあざがキレイに治ったといわれており、今も信仰が続いているそう。美肌祈願してから温泉に入れば相乗効果も期待できそう……!?」
あふれるほどなみなみと入れましたが何か

温泉に向かう途中、湯薬師広場に立ち寄ります。なんとこちらは玉造温泉の源泉を自由にくむことができるスポット。入れ物がなくても、源泉のすぐ隣に無人販売所があり、持ち帰り専用ボトルが200円で販売されているので安心。ボトルはスプレーになっているので、そのまま化粧水として使える優れもの。

温泉街の真ん中に川が流れているので橋もたくさん。用がなくても渡りたくなる
人ひとり通れるほどの細い橋。通称“ねこ橋”だそう
セルフで撮影しやすいようにと至る所に写真台が置かれている。なんて親切
ライター紗田
ライター紗田
「縁結びスポットや足湯、神話にまつわるオブジェなど、ホントに見どころたっぷり! しっかり歩いたからちょっと汗かいちゃった。そろそろサッパリしたいなぁ」

いざ! 玉造の美肌の湯へ

創業50年を超える、おもてなしに定評のある旅館

今回訪れたのは広々とした日本庭園が自慢の宿「曲水の庭 ホテル玉泉」。庭だけでなくお風呂も広いとのうわさですが……。

スタッフさん
スタッフさん
「当館の大浴場は岩風呂の『巌の湯』檜(ひのき)風呂の『檜の湯』がございます。お風呂はもちろん洗い場もゆったりした造りになっており、西日本最大級と言われています」
ライター紗田
ライター紗田
「ちなみにどれくらい広いんですか」
スタッフさん
スタッフさん
「大浴場はそれぞれ一度に200名、露天風呂は40名の同時入浴ができるくらいの広さです」
ライター紗田
ライター紗田
「それはすごい!」
確かに広い「巌の湯」。思う存分足をのばせるのがうれしい

大浴場は一日ごとで男女の湯が入れ替わり、この日の女湯は岩風呂の「巌の湯」。この広さ、確かに開放感たっぷりです。周りを気にせずゆったりとつかれるから、芯からリラックスできる~。

心地良い風を感じながら広々と入浴できるのが魅力

露天風呂も見てくださいこの迫力。岩のゴツゴツとした無骨さが自然のエネルギーを感じさせてくれます。少しとろりとした湯はやわらかな肌触りで気持ち良く、思わず長湯してしまいました。その分しっかり潤いが浸透した気がします。

檜をふんだんに使用した「檜の湯」。檜の香りでよりリラックスできそう
5400円のプランで楽しめる「みやび膳」。約11品の和食会席膳が楽しめて人気です(※時期により料理内容、器などが異なる場合があります)

日帰り入浴には食事付プランもあって、ひとり5400円から。2名より受付可能ということで、今回は体験できなかったけど、広々とした空間の中で潤いたっぷりの温泉に入れて、豪華な食事が楽しめるのであれば絶対お得だわ。ぜいたくな空間でゆったりと過ごす……これぞ大人の休日って感じ!

湯上りに美しい景色を堪能する……これ以上のぜいたくがありますでしょうか

フロント近くのロビー「草笛」からは日本庭園「曲水の庭」が眺められます。こちらは旅館のスタッフの方が日々手入れしているそう。この景色を見ているだけで心が落ち着いてくるから不思議。

夜にはかがり火が焚(た)かれ、幻想的な雰囲気が楽しめるそう
お隣出雲市の民俗芸術「一式飾り」。陶器でヤマタノオロチ退治を表現
ロビー「草笛」のテーブルには花が生けてあります。細やかな心遣いがうれしい
松江藩7代藩主・松平不昧(ふまい)公の掛け軸

館内は出雲神話をイメージ。また、お部屋や館内を飾るお花もこまめに変えているというお話を聞いて感動。おもてなしの心が伝わってきます。これは日帰りというよりも宿泊で楽しみたいところ。

ライター紗田
ライター紗田
「温泉から上がってロビーでゆっくりし過ぎてしまったけど、肌は変わらずしっとりモチモチ。さすが名湯といわれるだけある。リピーターが多いのもうなずけるわ」

▼温泉DATA 曲水の庭 ホテル玉泉▼
・泉質:ナトリウム、カルシウム-硫酸塩、塩化物質(低張性弱アルカリ性高温泉)
・効能:神経痛、皮膚病、婦人病、消化器系疾患、動脈硬化、リウマチ
・風呂の種類:6種
・源泉風呂:なし
・露天風呂:有り
・入浴料(税込):大人(中学生以上)1600円、子供(小学生)800円 ※タオル無料貸し出しあり
・駐車場情報:有り、150台(普通車のみの場合)

曲水の庭 ホテル玉泉

住所:島根県松江市玉湯町玉造53-2
電話:0852-62-0021
営業時間:【日帰り温泉】11:00~15:00(最終受付)
定休日:不定休※営業日に関しては事前に要問い合わせ

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

玉造新名物! SNS映え抜群ソフトクリーム

温泉卵とソフトクリームのコラボ!

コーンフレークの上にソフトクリームと温泉卵が……!
足湯のある「姫神広場」のすぐそばにあります
アットホームな雰囲気の店内。子ども用イスやかわいいコップなど細やかな気遣いがうれしい

温泉街の中にあり、観光客だけでなく地元の人も多く訪れる「たこやき櫻」。こちらで最近人気急上昇中なのが「玉造温たまソフト」(400円)。その名の通りソフトクリーム温泉卵を組み合わせたスイーツです。

温泉卵もソフトクリームも大好きなんですが、これはちょっと勇気がいる
ライター紗田
ライター紗田
「ちょっと……コレやっちゃった系のやつじゃない……? 一抹の不安はありますが、食べてみないと感想も言えないですからね。ではまずよく混ぜて……いざ実食」
よく混ぜることによってコーンフレークのサクサク食感も一緒に楽しめます
口に入れた瞬間にさっきまでの不安は飛んでいき、驚きと喜びがやってくる

ひと口食べると、そこにはミルクセーキのようなカスタードクリームのようなやさしい甘さが広がります。新感覚のスイーツを食べているような感じで、スプーンがどんどん進んじゃう。実はこのソフト、醤油をかけて食べるのがオススメとのこと。

醤油の量は少なめがオススメ。かけすぎると辛くなるので気を付けて
ツブツブは黄身が固まったもの。不思議な食感が楽しめます

醤油を入れるとあら不思議。香ばしさが加わって、キャラメル風味のような感じに。そのままでも良し、醤油をアクセントに加えるも良しと自分なりの楽しみ方でいただけます。温泉卵を新感覚で味わえるのも温泉街ならでは!? ぜひ体験してみてください。

ライター紗田
ライター紗田
「このメニューを開発したきっかけって何だったんですか」
スタッフさん
スタッフさん
「旅の思い出になるような、SNS映えするメニューを作りたくて出してみました。でも、いざ目の前にソフトが来ると、驚いてしまって写真を撮るのを忘れるお客様もおられますよ」
ライター紗田
ライター紗田
「確かに、インパクトありますもんね。まろやかなおいしさでペロッといけるから、そういう人はもう1個頼めばいいよ、きっと!」

取材メモ/美肌湯に入れるばかりか、まちあるきやグルメも楽しめてワクワクできるなんて……やっぱり玉造温泉は街全体に魅力がある! 温泉総選挙1位の実力、ぜひたくさんの人に体感してほしいな。

取材・文=紗田さあや 撮影=赤山シュウ

タウン情報Lazuda(ラズダ)

タウン情報Lazuda(ラズダ)

毎月25日発行

販売エリア:鳥取県・島根県 発行部数:20,000部 定価:442円(税込) 株式会社メリットが発行する、山陰唯一のタウン情報誌。山陰両県の主要書店・コンビニなど450店舗で販売。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

SERIES