地獄、ここにあり! 歴史ある秘湯、雲仙 小地獄温泉館/長崎

特集

【第9回】全国のタウン誌が選んだ“日帰り温泉100選”

2017/12/15

地獄、ここにあり! 歴史ある秘湯、雲仙 小地獄温泉館/長崎

雲仙小地獄(こじごく)温泉館は、古くから薬用効果が高く、万病に効くと言われているため、湯治にも利用されてきた言わば、温泉中の温泉! その魅力についてたっぷりご紹介していきます!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

あの吉田松陰も訪れた名湯!?

雲仙小地獄温泉館は、享保16(1731)年に開かれた歴史ある温泉です。かの有名な吉田松陰先生も湯治に訪れたと伝えられるほど! 周囲は、昔から変わらない雲仙の面影が残り、リピーターが多くたくさんのファンがいることも特徴です。
現在、国民宿舎「青雲荘」の外湯として、平成5(1993)年に建て替えされています。

長崎の温泉は私が紹介します!
ライター福島
ライター福島
「ども!! お見苦しい登場で申し訳ございませんっ! ライターの福島です。長崎県唯一の地方情報誌『ながさきプレス』の編集部・福島です。長崎のおいしいグルメに旅、ライフスタイル、エンターテインメントまで! 役立つ情報と、オシャレな誌面が自慢です。また、来年で創刊30周年を迎え、長崎のまちに住む幅広い層から愛されています! 私が雲仙小地獄温泉をレポートしますよ~」

さて、「小地獄~? 怖いな、怖いな(稲川淳二風)」なんて思いながらこの表情でやってきました、雲仙! 
長崎では“温泉と言ったら雲仙”というほど親しまれていますが、今回訪れた「小地獄温泉」は穴場中の穴場でして……。

地獄の裏側

青雲荘の総支配人である森さんに案内していただいたのは、地獄の裏側。なんと、温泉の湧き出た場所から、私たちが入る湯船までの距離およそ、10m(驚愕)!! 源泉直下であるため、通常の温泉より少し熱めの温度になっているのだとか。

源泉に触れてみました

特別に地獄のお湯に触れさせていただけるということで、触ってみました! 「んがッ、熱い!」と、笑いが出てきちゃうほど熱い。源泉は、なんと70~90℃!! まさしく本当の地獄がここにはありました! もともとは、一般公開されていたこの地獄ですが、誤って源泉に入ってしまったお客さんがいたようで、今は安全を保つために立ち入り禁止区域です。リアル地獄。

\雲仙の秘湯、ここにあり!/

レトロな外観が温泉欲をかきたてる

“地獄とはなんぞや”が分かったところで、さっそく潜入。なんとも風情ある外観に心おどりますなー! 分かりやすい温泉のマークがレトロで良い。外観の石壁は、建て替え前のものを極力残し、昔の面影を思わせる工夫がされています。

ひとつひとつのデザインにも注目!

見てください。正面玄関の扉なんですが、この装飾、なんと「雲仙小地獄温泉館」の屋根を上からみた形状と一緒なんです。
とってもユーモアたっぷりですよね。

靴箱もレトロデザイン

靴を入れてっと。あらら、これまたレトロな靴箱。鍵が斜めにささってかわいい。もう、テンションが上がっちゃう福島です!

迎えてくれたのは番頭の吉本さん
券売機には、「おつまみ」「行ってきたばい」など謎のメニュー

玄関に入ってすぐお出迎えしてくれたのは、番頭の吉本さん。とっても笑顔のすてきなおじさんでした。「まずは、入浴券を券売機で買ってねー」と教えていただいた券売機がまたレトロー。ん? おつまみ? なんかすごい券売機。興味深いです。
料金は、大人420円、子ども210円(3歳以下のお子さまは無料)で、とってもおてごろ。青雲荘に宿泊すれば半額で温泉に入れます。

◆雲仙随一の「にごり湯」

さっそく、温泉へGO
これぞ、雲仙を代表する秘湯!

さっそく、温泉にレッツゴー。
「毎日、新鮮なお湯で身も心も癒やされてほしい」と話す森さん。気持ち良く温泉を楽しんでいただきたいという思いから、毎朝すべての温泉のお湯を入れ替えているんだそう。
泉質は硫化水素泉で、雲仙随一の白濁した「にごり湯」。適応症は、慢性婦人病、糖尿病、高血圧症などなど。たくさんの疾患に効果があるとされ、美容にも良いとされています。

小地獄温泉アイテム

小地獄温泉館の特製タオル。玄関ののれんと一緒のデザインでかわいいっ!

自販機故障の謎

張り紙を見ると、自販機が故障していました。詳しく聞くと、何やらのっぴきならない事情があるそうで。
なんと! 温泉の泉質に含まれる硫黄が強力で、設置後3カ月以内に、自販機をはじめエアコンやテレビなどの電化製品が壊れてしまうのだとか……。硫黄パワーに圧倒されます。

おちついた内観でほっと一息

湯上がりの休憩室は、ほっと安心するような空間。常連のおじさんに話を聞けば、年間200日は通っているという温泉マニア。どれだけこの温泉が“スバラシイ”のかを熱く語っていました。

湯上がりの牛乳最高!

やっぱりお風呂上がりは、牛乳に限る。
プハーーーッ! うまい。このベタなシチュエーション! 体が軽くなったような気がします……。温泉マニアがこぞって通う秘湯は、つかってみないと分からないたくさんの魅力があふれていました。

▼温泉DATA 小地獄温泉館▼
・泉質:単純硫黄泉(硫化水素型)/PH4.3 弱酸性
・効能:神経痛、くじき、慢性婦人病、関節痛、冷え性、糖尿病、関節こわばり、五十肩、疲労回復、慢性皮膚病、筋肉痛、痔疾、きりきず、運動麻痺、病後回復期、動脈硬化症、うちみ、慢性消化器病、高血圧症、健康増進
・風呂の種類:2種
・源泉風呂:有り
・露天風呂:なし
・入浴料(税込):大人420円、子供210円(3歳以下のお子さま無料)
・駐車場情報:有り、200台(青雲荘を含む)

小地獄温泉館

住所:長崎県雲仙市小浜町雲仙462
電話:0957-73-2351
営業時間:【日帰り温泉】9:00~21:00
定休日:無休

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

温泉で温まった後は、「かせやcafe」のスムージーで決まり!

温泉の後にこちらにお邪魔しました

小地獄温泉を楽しんだ後は、冷たい飲み物でひと休みしませんか? 「かせやcafe」は温泉街に位置しており、自家製パンが自慢のお店です(手にはあんパン)。今回は温泉のお立ち寄りにピッタリのスムージーをご紹介!

たっぷりと注がれていく
人気のスムージー「ミックススムージー」はいかが

「かせやcafe」人気メニュー「ミックススムージー」(450円)。雲仙国立公園指定80周年を記念に、新たに登場したメニューで、巨峰・ブルーベリー・バナナを使った人気のスムージー。「注文が多くて、ミキサーが壊れるほどだったんです」と気さくに話す店主の仲良しご夫婦。

シロップを一切加えていないため、くだものの本来の甘さを感じられ、小腹が空いた時にピッタリの満腹感も◎。新しいミキサーのおかげか、スムージーのなめらかな舌触りがもーう、たまりません!

とても仲良しご夫婦でした

最後にみんなで記念撮影。

取材メモ/長崎は、新地中華街やグラバー園、平和記念公園など長崎市内の中心部に観光スポットが多いイメージですが、まだまだ知られていない魅力がたくさんあります。その一部である雲仙を今回ご紹介したわけですが、「雲仙の温泉に行ってみたい」と思ってくださった方、ぜひおすすめです。地元の方しか知らない秘湯を楽しむ、なんてコアでハイセンスな旅行でしょう。長崎でお待ちしております!

取材・文=福島彩加 撮影=大橋竜也(ながさきプレス編集部)

ながさきプレス

ながさきプレス

毎月25日発売 380円 県内全域の書店・コンビニで販売中

長崎県下を中心に、毎月3万部を発行するタウン情報誌。洗練されたデザインと写真は県内外から高く評価されている。地域に密着したタウン誌ならではの情報にこだわり、子どもから大人まで幅広い読者に情報を届ける。


\こちらのお湯もいかが?/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

SERIES