ワンコインで気軽に楽しめる! 都内の格安プラネタリウム3選

特集

9/12は「宇宙の日」そうだ、プラネタリウムに行こう!

2017/09/11

ワンコインで気軽に楽しめる! 都内の格安プラネタリウム3選

満天の星を見ることが難しい東京でリーズナブルに星空を見たい! 都内にはワンコインで星空を楽しめる施設がある。そこで今回は、「なかのZEROプラネタリウム」、「タイムドーム明石」、「ベネッセスタードーム」の3つのプラネタリウムの特徴と楽しみ方を紹介!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

楽しみ方いろいろ! 大人も子どもも楽しめるプログラムが満載!

眠らない街と呼ばれている東京では夜になっても街の明かりがまぶしく、満天の星を見るのは難しい。しかし、プラネタリウムに行けば目の前に満天の星が広がる。

プラネタリウムの観覧料は少し高そうな印象もあるが、都内にはワンコイン(500円)で楽しめるプラネタリウムがある。なぜ、低料金でサービスを提供できるのか。そして、各プラネタリウムの楽しみ方をスタッフに聞いた。

ワンコインで楽しめる都内のプラネタリウムはこちら!

1.なかのZEROプラネタリウム(中野)【230円】
2.タイムドーム明石(中央区立郷土天文館)(築地)【300円】
3.ベネッセスタードーム(多摩)【400円】

1.なかのZEROプラネタリウム(中野)

【230円】昔ながらの投影機を使って解説員が生解説!

星空解説では中野区の夜景の写真も使いながら、その時季の星や星座について解説員が詳しく話をしてくれる

中野駅から徒歩8分のところにある「なかのZEROプラネタリウム」。中野区の生涯学習複合施設「なかのZERO 西館」の4階にある。一般投映は土・日、祝日の14時からと16時からの2回行われている。ここでは、つぼうちさんとだいらくさんの2人の解説員による生解説を聞きながら満天の星を鑑賞できる。

ドーム径は15メートル。ここに投影機で美しい星空を映し出す
全180席。リクライニングシートは背もたれが高く、少しだけ後ろに倒すことができるため、ゆったりと星空を鑑賞することができる
解説員のだいらくさん。投映中はヘッドセットをつけて手動で操作しながら生解説をする。だいらくさんに「なかのZEROプラネタリウム」の魅力を尋ねた

「なかのZEROプラネタリウム」のココがすごい!

五藤光学研究所のGMII-SPACEという投影機でアナログ感のある星空を映し出す。昔ながらの光学式プラネタリウムだが、肉眼で見えると言われている6等星まで見られる
だいらくさん
だいらくさん
「『なかのZEROプラネタリウム』では、昔ながらの投影機を使って星空を映し出しています。なんといっても一番の特徴は、解説員が生の解説をすることですね。お客様と対話をしながら投映をすることもありますし、解説員が機械を操作して星空を映し出しているので、何度足を運んでも毎回異なる解説を聞いて楽しんでいただくことができると思います」

--生の解説をしていて、思いがけないことが起きることはありませんか?

だいらくさん
だいらくさん
「そうなんです。時々、お子さんに声をかけると、こちらが予測していない答えが返ってくることもありますね(笑)。でも、私はそのライブ感をお客様と一緒に楽しんでいます。生解説をしているプラネタリウムでしか味わえないことだと思います」

--一般投映ではどんなプログラムを見られますか?

だいらくさん
だいらくさん
「一般投映は50分です。まず、その日に見られる星座を中心に、神話や天文現象などさまざまな星の話題を織り交ぜて解説をします。そして、毎月テーマは変わりますが『トピック』と題した天文解説も行っています。9月は『重力のさざ波』をテーマに重力波についてお話をしています」
その時季の星空をもとに星座についても解説をしてくれる

--なぜ、観覧料がリーズナブルなのですか?

だいらくさん
だいらくさん
「『なかのZEROプラネタリウム』は中野区の社会教育施設として作られたこともあって、リーズナブルな料金設定になっています。中野区の施設ですが、区民以外の方でもご来場いただけます。どなたでも、星や天文に興味を持っていただけたらうれしいですね。『なかのZEROプラネタリウム』の観覧料は大人230円ですが、ワンコインでしたら大人2人でもお釣りが出ますので、ぜひお越しください」
「なかのZERO 西館」裏手にある紅葉山公園からはプラネタリウムのドームの姿を見ることができる

投映時間:50分
観覧料:大人230円、子ども110円 ※2歳以下保護者の膝上無料

Yahoo!ロコなかのZERO プラネタリウム
住所
東京都中野区中野2-9-7 なかのZERO西館4階

地図を見る

アクセス
中野(東京都)駅[南口]から徒歩約6分
新中野駅[4]から徒歩約11分
東中野駅[A2]から徒歩約16分
電話
03-5340-5045
営業時間
一般投映 土曜・日曜・祝日 14:00~、16:00~/1回50分 ちびっこプラネ(幼児~小学校低学年向け) 第1・第2・第3・第5土曜日11:00~/1回40分 こども星空探偵団(小学校中学年以上向け) 第4土曜日 11:00~/1回50分 その他、イベント投映あり
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

2.タイムドーム明石(中央区立郷土天文館)(築地)

【300円】地球を感じる体験ができる番組は必見!

中央区保健所等複合施設の6階にある「タイムドーム明石」

築地駅から徒歩7分のところにある「タイムドーム明石(中央区立郷土天文館)」。中央区保健所等複合施設の6階にあり、一般投影は火〜金曜日と土・日、祝日の1日3回、各回異なるプログラムの投影が行われている。

ドーム径は12メートル。2台のプロジェクターを使って星を映し出している
全86席のリクライニングシートは座り心地が良いと来場者からも好評

「タイムドーム明石」のココがすごい!

『タイムドーム明石』では、昨年投影システムをリニューアル。新システムに移行し、2台のプロジェクターを使って星を映し出している。現在のシステムは、地上からの星を見られるだけでなく、太陽や銀河系、他の惑星にも近づくことができ、宇宙シミュレーターとして使用できること。これにより、演出の幅が広がったという。

プロジェクターは前方と後方の2カ所に設置されている
プロジェクターからは満天の星が映し出される

【9月からスタートしたプログラム】
1回目は『キッズタイム』。後半に大人気の絵本シリーズ『くまのがっこう ジャッキーのおほしさま』の上映が行われる。2回目の『生解説タイム』では、前半に今夜の星空とテーマの生解説、後半に『Season〜星降る水面〜』という番組を上映。『Season〜星降る水面〜』は声優の斉藤壮馬さんのナレーションによる癒し系の番組だ。そして、一番のおすすめは3回目の『シアタータイム』。後半に『[新番組]Feel the Earth~music by葉加瀬太郎~』という番組を上映、ヴァイオリニスト葉加瀬太郎の奏でる美しい音楽と、フリーアナウンサーの平井理央さんのナレーションとともに地球を感じる体験のできる番組だ。

投影期間:2017年9月9日(土)〜12月3日(日)
投影時間:【キッズタイム】火〜金曜日15時〜、土・日、祝日11時30分〜
【生解説タイム】火〜金曜日16時30分〜、土・日、祝日14時30分〜
【シアタータイム】火〜金曜日18時〜、土・日、祝日16時〜

プラネタリウムの入口付近には天文のパネルが多数展示されている

こんな楽しみ方もできる!

エレベーターを降り、プラネタリウムに向かう途中にある「常時展示室」

プラネタリウムと同じフロアで、観覧料100円で中央区の江戸時代からの常設展示も見られる。プラネタリウムで星を見た後は「常設展示室」に立ち寄り、中央区の歴史に触れるのもおすすめ。

「都会ではなかなか星空を見ることができませんが、星を見れば癒されるはずです。息抜きや目の保養など、癒し体験として利用していただけたらうれしいです。また、+100円で同じフロアにある『常設展示室』で中央区の歴史や文化にゆかりのある展示が見られます。プラネタリウムと合わせてもワンコインですので、ぜひお越しください(タイムドーム明石・スタッフさん)」

投影時間:各回約50分
観覧料:300円 ※未就学児・区内小中学生は無料
営業日:火曜日~金曜日、土・日、祝日
休館日:月曜日(休日の場合は開館、翌平日休館)

Yahoo!ロコタイムドーム明石 (中央区立郷土天文館)
住所
東京都中央区明石町12番1号 中央区保健所等複合施設6階

地図を見る

アクセス
築地駅[3]から徒歩約5分
新富町(東京都)駅[4]から徒歩約7分
月島駅[7]から徒歩約12分
電話
03-3546-5537
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

3.ベネッセスタードーム(多摩)

【400円】秋の星空やしまじろうの映像を楽しめる!

プラネタリウムは株式会社ベネッセコーポレーション東京オフィス内の最上階にある。ベネッセ社員も利用するエレベーターで21階まで上がる

京王相模原線・小田急多摩線「多摩センター」駅から徒歩5分のところにある「ベネッセスタードーム」。一般公開日は1日に4つのプログラムが投影される。ベネッセの教材にも使用されているしまじろうが登場するプログラムもあり、1日いても親子で楽しめる。

ドーム径は14メートル。2017年1月に現在のシステムにリニューアルした
全61席の座席。ふかふかで座り心地抜群のリクライニングシートは背もたれが後ろに傾くだけでなく、左右にも30度傾く

「ベネッセスタードーム」のココがすごい!

幼児向けのプログラムにはしまじろうが登場する

『ベネッセスタードーム』は年齢制限がなく、0歳から入場が可能だ。1日に上映される全4つのプログラムのうち、2つにはしまじろうが登場し、幼児向けのプログラムとして親子で楽しめる内容になっている。そのうち、13時30分からの『しまじろうとフフの大冒険』は、うちわを使って楽しむ参加型のプログラムとなっており、親子連れに大人気だという。

プラネタリウムと同じフロアにはベネッセの教材が展示されている。上映が終わった後ゆっくりと休憩をするスペースも

こんな楽しみ方もできる!

プラネタリウムの周りはガラス張りになっており、ここから都内をはじめとする関東一帯を眺めることができる

晴れていれば、西武ドームや東京スカイツリー、横浜方面を一望できる。さらに、エレベーターホールからは富士山も見ることができるとか。

「『ベネッセスタードーム』は地域貢献の一環で作られたので、利益を目的とした施設ではないんです。一般公開日は土・日、祝日、春・夏休み期間などです。来場者の年齢制限がないので、友人やご家族といらっしゃって、良い思い出を持ち帰ってほしいという想いで運営しております。スタッフ一同お待ちしております(ベネッセスタードーム・スタッフさん)」

投影時間:30分~45分(プログラムによって投影時間が異なります)
観覧料:大人(高校生以上)400円、子ども200円(膝上のお子様は無料)
営業日:土・日、祝日、春・夏休み期間など(平日も含む)

Yahoo!ロコベネッセスタードーム
住所
東京都多摩市落合1丁目34

地図を見る

アクセス
小田急多摩センター駅[東口2]から徒歩約4分
京王多摩センター駅[東口2]から徒歩約4分
多摩センター駅[出口]から徒歩約7分
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材メモ/東京都に住んで6年になりますが、なかなか星を見ることはできません。この取材を通して、都内にはリーズナブルに楽しめるプラネタリウムがあると知って、行ってみたくなりました。今回はワンコインで楽しめるプラネタリウムを取材しましたが、1000円あればここで紹介した3カ所を全部回れるんです! みなさんも、プラネタリウムで見る星や映像を楽しんでみてください。

取材・文=佐々木悠(シーアール) 撮影=中邑ヒロシ

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES