名古屋生まれの「台湾ラーメン」を台湾人が本音で実食!

特集

外国人が「ジャパナイズされた母国料理」を食べてみたらこうなった。

2017/09/13

名古屋生まれの「台湾ラーメン」を台湾人が本音で実食!

数々のご当地ラーメンがひしめく日本の中でも、名古屋発祥の「台湾ラーメン」は異色。そもそもなんで名古屋で生まれたのに台湾? どんな味なの? と、食べたことのない人にとっては不思議だらけ。そんな台湾ラーメンを“元祖”台湾ラーメンの店「味仙」で本場の台湾の方々に実食してもらいました!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

日本人に大人気の台湾ラーメンは、台湾人に受け入れられるか!?

名古屋のご当地麺として地元民に愛されている台湾ラーメン。東京ではあまり馴染みがないが、名古屋に行ったことがある人なら「もう一度食べたい!」と熱望するほど、中毒性の高いラーメンなのだ。

その元祖と言われているのが、今回お邪魔した「味仙」というお店。今から50年以上前、味仙 郭、兄弟姉妹が台湾の担仔麺(タンツーメン)をベースに、従業員が熱い夏場を乗り切るための料理としてまかない用に開発したのが始まり。昨年、暖簾分けの店がついに東京に上陸したことで、都内でも食べられるようになった。これは本場台湾の方々にぜひ食べてみてもらいたい! ということで、「郭 政良 味仙 東京神田西口店」に集まってもらいました。

\集まってもらったのはこの3人/

左から会社員の謝(シャ)さん(来日3年目)、アーティストのマネージメント会社で働く陳(チン)さん(来日7年目)、エンジニアとして活躍するITマンのリードさん(来日5年目)。みなさん台北の出身

ーー台湾にももちろんラーメンはあると思いますが、どんなラーメンが主流なんですか?

陳さん
陳さん
「台湾ではやっぱり牛肉麺がメジャーかなぁ。麺の上に煮込んだ牛肉がたくさん乗っていて、お腹いっぱいになりますよ」
リードさん
リードさん
「台湾は屋台が主流なので、ラーメンは屋台で食べるものっていうイメージですね。麺の種類もいっぱいありますし、担々麺に近いスパイシーなものもあります。日本とはちょっと違うけど、醤油味のラーメンなどもありますよ」

ーーこの台湾ラーメンは台湾の担仔麺(タンツーメン)をベースにしているそうなんですけど、担仔麺ってどんなラーメンなんですか?

陳さん
陳さん
「担仔麺っていうと、日本では担々麺みたいな感じですよね。上にそぼろ肉が乗ってるやつ。担々麺より辛くはなくて、さっぱりした味です」
謝さん
謝さん
「そうそう。おいしいです!」
「屋台のご飯が懐かしい!」と台湾トークで盛り上がる3人

\いざ! 台湾ラーメンとご対面/

運ばれてきた台湾ラーメンはどれもいい香り!

ーー今回は看板メニューの「台湾ラーメン」など3種類を食べ比べしていただきます!

しっかり混ぜて「いただきま~す!」

これぞ元祖の味! ベーシックな「台湾ラーメン」800円

唐辛子とニンニクで炒めたミンチ肉とニラ、ネギが中太麺の上にどっさり。そして、たっぷりの鷹の爪。スープは鶏ガラ出汁の醤油ベースだ。これが名古屋発の台湾ラーメンの標準的なスタイル

ーー担仔麺にニンニクや鷹の爪を入れてアレンジしたのが台湾ラーメンのはじまりで、もともとはまかないとしてお店で食べられていたものなんだそうです。

謝さん
謝さん
「そうんなんですね~。でも、匂いはあまり台湾っぽくないねー?」
陳さん
陳さん
「そうだね。あ! でも、ニラが入ってるから懐かしい!」

ーーニ、ニラで!?

リードさん
リードさん
「そうそう」
陳さん
陳さん
「ニラは台湾のラーメンには欠かせないものですよ。担々麺とか担仔麺にも絶対入ってます」

ーーそうなんですね。味は懐かしい感じはしますか?

陳さん
陳さん
「しないですね!」(キッパリ)
謝さん
謝さん
「でも、麺は台湾の味に近いかも。台湾の麺はもっと太麺が一般的だけど、あっさりしているというか、味はとっても似てますね。麺に唐辛子が絡まって、辛くておいしいよ! この醤油スープだけではそんなに辛くないと思うけど、どう?」
陳さん
陳さん
「私は、けっこう辛く感じるかなー。台湾に居た頃にはあまり辛いものを食べてないから。謝さんが辛さに強いんですよ」

辛味を押さえたさっぱり塩味「台湾ラーメン」800円

台湾ラーメンと同じ鶏ガラベースのスープを塩味で仕立てた1杯。さっぱりとした味で辛さが控えめなので、激辛が苦手な人はこれを選ぶとGood
謝さん
謝さん
「この塩味は、普通の台湾ラーメンより辛くなくて、またちょっと違いますね」

ーーそうなんです。塩味は辛さが控えめなのが特徴なんですよ。

リードさん
リードさん
「スープの色が薄いから、担仔麺の見た目に似てますよね。これに煮玉子が乗っていたらとってもそっくり。これおいしいね。とっても懐かしい味」
陳さん
陳さん
「担仔麺には入ってない唐辛子やニンニクがいっぱい入っているのがいいですよね」

ーー本場の味に近いのは塩なんですね。ちょっと意外です。

謝さん
謝さん
「担仔麺がベースだっていうのがわかりますね」
リードさん
リードさん
「スープもあっさりしてるし、具もたくさん入ってるのがうれしい! 完食しました!」

1日30食限定! 台湾とインドの共演! 「台湾ラーメン カレー」850円

カレーうどんの要領で開発された、こんな変わり種のラーメンも。カレーの中にも鶏ガラ出汁の旨みが感じられ、意外と日本人に馴染みのある味

ーーそもそも、台湾でカレーって食べるんですか?

リードさん
リードさん
「食べますよ!」
謝さん
謝さん
「でも、台湾にはカレー味のラーメンはほとんどないですね。あっても日本料理のお店のカレーうどんとか。台湾ではカレーをラーメンにはしないです。でもこれ、けっこう辛くておいしいですよ。でも台湾の味というか、普通にカレーラーメンですね」
陳さん
陳さん
「うん、これはめちゃ辛い! 唐辛子がいっぱい入ってるんですよ!」

ーー謝さんは辛いのが好きなんですね~。あれ? リードさんはあまり箸が進んでないですね?

リードさん
リードさん
「辛いのが好きな人にはいいかもしれないけど、僕にはちょっと辛すぎですね……。ちょっと食べてみてくださいよ」

ーーじゃあ一口だけ……。ん、たしかに辛い! これは後からくるやつですね。

「でしょ!? でしょ!?」と言いながら汗を拭うリードさん

ーーリードさんは辛いのが苦手なんですね。台湾の人は辛いのみんな大丈夫なのかと思ってました。

リードさん
リードさん
「台湾には、最初から辛いラーメンはあんまりないです! テーブルの上に調味料がいろいろ置いてあって、自分の好みで辛さを調節するんですよ」

ーーそうなんですね! ひとつ勉強になりました!

最後に、マイ・フェイバリット・台湾ラーメンを教えてください!

せーの! で指すと、こんな結果に!(左から、カレー味、普通の台湾ラーメン、塩味)
陳さん
陳さん
「一番おいしかったのは味仙の普通の台湾ラーメンかなぁ。でも、さっきも話に出ましたけど、懐かしさを感じるのはやっぱり塩! 台湾のラーメンは味が濃くて、ニンニクがしっかり効いているのが良いですね」
謝さん
謝さん
「私もNo.1は普通の台湾ラーメン。全部食べちゃいました。鶏ガラ出汁のスープもおいしいです。鶏ガラは台湾でもありますから。私は辛いのが好きなので、やみつきになります」
リードさん
リードさん
「僕は辛いのニガテ……。だから塩が一番ですね。一番本場っぽい味でした。麺も台湾の担仔麺に使われているのと似ているね。スープの味が染み込んでいておいしかったです」

郭 政良 味仙 東京神田西口店

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

取材メモ/名古屋で台湾人が生み出した台湾ラーメン。結局は「台湾人が作ったから台湾ラーメン」と、その由来は単純なものでしたが、まったく違うものにアレンジされているのが意外でした。実は、数年前から麺好きの間でブームになっている「台湾まぜそば」は、この台湾ラーメンを汁なしにアレンジしたもの。日本中を台湾が席巻する日も近いかもしれません!

取材・文/石井良(Hi-bit) 撮影/根田拓也

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES