SNS映えする景色が見事! 中部エリアのコスモス畑5選

特集

9/14は「コスモスの日」。最高の絶景コスモスが観たい!

2017/09/14

SNS映えする景色が見事! 中部エリアのコスモス畑5選

冬はゲレンデになる高原や、休耕田を利用している田園地帯など、のどかな雰囲気の場所にコスモス畑がある中部エリア。その中でも、写真に撮りたくなるフォトジェニックなスポットを紹介!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

山や海と一緒に見られる! SNS映えする絶景コスモス畑

コスモス畑がきれいなのはもちろん、せっかく見に行くのだから、+αの楽しみが欲しいところ。そんな欲張りな気持ちを満たしてくれるスポットが中部エリアには満載。のどかな田園風景や、散居村、山、海といった風景と共にコスモスが見られる、フォトジェニックなスポットに出かけてみよう!

青空にピンクのグラデーションのコスモスが映える黒姫高原 コスモス園

-中部で行きたいフォトジェニックなコスモス畑-

1.宮ノ下コスモス広苑(福井県・福井市)
2.となみ夢の平スキー場(富山県・砺波市)
3.いちのえだ田園フラワーフェスタ コスモス 2017(羽島市浄化センター北)(岐阜県・羽島市)
4.観光農園花ひろば(愛知県・知多郡)
5.黒姫高原 コスモス園(長野県・上水内郡)

1.宮ノ下コスモス広苑(福井県・福井市)

1億本が咲くコスモスの海原に圧倒される

\ここが絶景!/

カラフルなコスモスが咲く“世界のコスモス園”

東京ドーム約4個分(17ヘクタール)の敷地に約1億本もコスモスが植えられ、全国随一の規模を誇るスポット。目の前に広がる景色は、コスモスの海原が広がっているようで、その迫力に圧倒されること間違いなし。

まちづくり宮ノ下地区委員会会長の時澤季味王(きみお)さん
まちづくり宮ノ下地区委員会会長の時澤季味王(きみお)さん
「コスモス畑の一部には“世界のコスモス園”と題したエリアを作っています。そこにはさまざまな国のコスモス30種を植えているので、ここも見どころのひとつです」
見渡す限りコスモスが広がる絶景は、一度は見てみたい!

一軒の農家が、減反政策の田んぼにコスモスを植えたのが、宮ノ下コスモス広苑の始まり。その翌年から、宮ノ下地区を挙げてコスモス栽培に取り組み、今年で23年目を迎える。子供から高齢者まで地元の人が種まきや草取りなどに参加して、この美しい景色を作り上げているのだ。

まちづくり宮ノ下地区委員会会長の時澤季味王(きみお)さん
まちづくり宮ノ下地区委員会会長の時澤季味王(きみお)さん
「シーズンが終わると、コスモスを肥料にして田んぼに稲を植えてお米を収穫しています。名付けて“コスモス畑のお米”。甘みがあっておいしいですよ。コスモス祭りなどでも販売するので、ぜひ買ってみてください」
“花トラ車”に揺られながら、広大なコスモス畑を満喫しよう

コスモスが咲いている9月下旬から10月下旬は、休憩所なども設置。田んぼのあぜ道を散策しつつ、休憩所でお弁当を味わってのんびり過ごすといった、ピックニック気分も楽しめるのもここの魅力の一つだ。

まちづくり宮ノ下地区委員会会長の時澤季味王(きみお)さん
まちづくり宮ノ下地区委員会会長の時澤季味王(きみお)さん
「土曜・日曜・祝日には、トラクターを改造した『花トラ車』(1回200円)がコスモス畑の中を走ります。歩くと目の高さにコスモスが見えるけど、花トラ車からだとコスモスを見下ろすようになるので、歩いて見るのとは一味異なった風景をご覧ください」
 

\コレも見所!/
福井コスモスまつり

福井コスモスまつりでは、地元の人たちのグルメブースなどが並ぶ

10/8(日)は、毎年恒例の福井コスモスまつりを開催。地元の人たちによる手作り感あふれるお祭りで、会場には、手打ちそばや焼鳥、大学芋をはじめとした料理が味わえるテントがズラリ。

ジャンボカボチャの重さを当てるクイズを実施。重さをピッタリ当てた人には、賞品がプレゼントされる

そのほかにも、地元農家による採れたて野菜を販売する新鮮野菜市や、押花教室、ジャンボカボチャの目方当てクイズといったさまざまな企画がめじろ押し。見ごろを迎えるコスモスと共にお祭りも楽しもう。

まちづくり宮ノ下地区委員会会長の時澤季味王(きみお)さん
まちづくり宮ノ下地区委員会会長の時澤季味王(きみお)さん
「宮ノ下地区の人々総出で行っているイベントなので、アットホームな雰囲気が魅力です。地元の人が作った手打ちそばなども販売するので、ぜひ味わっていってください」

宮ノ下コスモス広苑

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


2.となみ夢の平スキー場(富山県・砺波市)

散居村の風景とコスモスが織りなす景色にうっとり

\ここが絶景!/

コスモスによる“となみ”の文字が浮かび上がる

スキー場として営業する「となみ夢の平スキー場」では、ゲレンデに咲く100万本のコスモスが楽しめる。ここに植えられているのは紅色のレッドベルサイユ、白っぽい色のピコティー、黄色のイエローガーデン、赤やピンク、白色などがあるシーシェル、白色で中心部がピンクになる日の丸、白やピンクなどの花が咲くセンセーションの6品種あり、カラフルなコントラストは見事の一言。

砺波(となみ)市商工観光課の若松遼さん
砺波(となみ)市商工観光課の若松遼さん
「ゲレンデの斜面に沿ってコスモスが咲くので、畑などの平面とは一味異なった立体的に咲くコスモスが自慢です。下から眺めると、上のほうに“となみ”と描かれたコスモスが見られますよ」
ゲレンデ一面に、カラフルなコスモスが咲き乱れる

コスモス畑の中の遊歩道を歩く、ゲレンデ散歩もここの特徴のひとつ。両サイドをコスモスに囲まれつつ、高原の秋風に吹かれながらのんびりとコスモス鑑賞したい。

砺波市商工観光課の若松遼さん
砺波市商工観光課の若松遼さん
「今年は、コスモスが見られるようになって30回目ということで、初めてコスモス迷路を行います。大人の背丈ほどまで成長するので、コスモスに包まれながら迷路に挑戦してください」
散居村のどことなく懐かしい雰囲気と、色鮮やかなコスモスが絶妙にマッチする

また、日本最大級の散居村の景色がコスモスと一緒に見られるのは、となみ夢の平スキー場ならでは。リフトに乗れば、足元にコスモス畑が広がる。そして頂上からはここでしか見られない、散居村とコスモスによる絶景が堪能できる。

砺波市商工観光課の若松遼さん
砺波市商工観光課の若松遼さん
コスモスと散居村が広がる風景は、となみ夢の平スキー場に来たらぜひ見てほしいポイントです。趣のある景色をゆっくり眺めて、みなさんの記憶に残してもらえればと思います」
 

\コレも見所!/
2017となみ夢の平コスモスウォッチング

バラエティに富んだ地元の名産品が並ぶ飲食ブース

砺波市の4大花イベントのうちの一つが、10/7(土)~22(日)に開催される。五谷そばや山菜をはじめとした地元の名産などを販売する軽食コーナーや、特産品も並ぶ。

コスモスをバックにしたよさこいの演舞は迫力満点

そのほかにも、土曜・日曜・祝日限定でよさこいの演舞やコンサートなどのステージイベントやフォトコンテストといった企画も展開。さらに、今回は30回目の記念としてウサギをはじめとした小動物と触れ合える移動動物園も登場する。

砺波市商工観光課の若松遼さん
砺波市商工観光課の若松遼さん
「今回は、移動動物園をはじめ例年とは異なった企画も展開します。グルメでは30周年記念メニューを販売する予定なので、楽しみにしてください」

となみ夢の平スキー場

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


3.いちのえだ田園フラワーフェスタ コスモス 2017(羽島市浄化センター北)(岐阜県・羽島市)

のどかな田園地帯に咲くコスモスに癒される

\ここが絶景!/

広々とした畑一面に咲くコスモスは必見

岐阜県羽島市の田園地帯のうち、約6ヘクタールの土地にピンクや白といった色鮮やかなコスモスが咲き、岐阜県内だけでなく、愛知や三重からも多くの人が訪れるスポット。本来であれば約1200万本咲くが、今年は天候不順により例年よりも大幅に本数が減少しそうとのこと。それでも、カラフルな花が咲くコスモス畑は見ごたえ満点。ここに植えられている品種のセンセーションは、花弁が大きいのが特徴。畑の中にはあぜ道があり、自由に散策できるので、大ぶりの花を間近で見てみよう。

市之枝地域づくりネットワーク協議会会長の三輪稔さん
市之枝地域づくりネットワーク協議会会長の三輪稔さん
「ここは西に伊吹山を臨む田園地帯。田舎ならではの、のんびりとした雰囲気の中でコスモスを見て、癒されてくれればうれしいですね」
花トラクターに乗って、色鮮やかなコスモスを堪能しよう

もともとは休耕田を有効活用するために始まり、今年で15年目を迎える市之枝のコスモス。例年は1200万本が咲くコスモス畑は、行政や民間企業が主導して管理しているわけではなく、すべて地元のボランティアによって運営されている。多くの人にきれいな景色を見てもらいたいという思いで、市之枝の人々が一生懸命手をかけて育てたコスモス。畑の中にある道を散策しながらゆっくり眺めてみてはいかが?

市之枝地域づくりネットワーク協議会会長の三輪稔さん
市之枝地域づくりネットワーク協議会会長の三輪稔さん
きれいなコスモスが見たいなら、午前中の早い時間がおすすめ。朝露に濡れたコスモスは花びらの色も濃いので、写真映えしますよ。それに、午前中なら訪れる人も少ないのでゆっくり写真が撮れます」
 

\コレも見所!/
ぐるっと羽島 はしま観光交流センター

明治時代にできた土蔵を改装した観光施設の「ぐるっと羽島」

コスモス畑から車で約10分のところにある施設。土蔵をリフォームした「体験棟」と、新たに建てられた「休憩棟」で構成されており、休憩棟には約40席の飲食できるスペースを設置。観光パンフレットなども置いており、羽島市の観光情報の発信基地となっている。

地元の名産品や特産品がズラリと並んでいるので、お気に入りのお土産が見つかるはず

「体験棟」の1階では、地元の名産品などを販売。奥田農園の巨大なイチゴを使ったジャムや、吉川養鶏のグルメ卵を使用したプリンやバームクーヘン、黄金堂の洋風生どら焼きといった、羽島市を代表する特産品をラインアップ

美濃縞(みのじま)や機織り機の実物も展示している

「体験棟」の2階には、江戸時代からの羽島の名産品である木綿織物の「美濃縞」の体験コーナーがあり、昔ながらの手法で作られる美濃縞織りの体験ができる。また、土・日には観光ボランティアガイドも無料で行っているので、コスモス鑑賞と共に羽島観光を楽しもう。

羽島市浄化センター

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

ぐるっと羽島 はしま観光交流センター

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


4.観光農園花ひろば(愛知県・知多郡)

ひまわりとコスモスが競演!

\ここが絶景!/

夏の花のひまわりと、秋の花のコスモスが一緒に見られる景色はどこか幻想的

年間を通じて温暖な知多半島の気候を生かし、ひまわりをはじめとしたさまざまな花やフルーツ狩りができる観光農園。秋には約30万本以上のコスモスが開花。今年は2か所の畑にコスモスを植えており、見ごろは10月下旬と11月上旬の2回あるのもうれしいポイント。

園長の小笠原辰夫さん
園長の小笠原辰夫さん
「今年はひまわり畑の近くにコスモスを植えており、ひまわりも12月上旬まで咲いています。コスモスとひまわりを一緒に見られるのは、昨年とは異なった景色ですよ」
70ヘクタール以上の敷地にコスモスが植えられている

園内のなだらかな丘にコスモスが咲いていて、ピンクのじゅうたんが敷き詰められたような、きれいな景色に思わずうっとり。また、園内にはペットを連れて入れるので、ペットと一緒にコスモス鑑賞ができるのも、ここの特徴のひとつだ。

園長の小笠原辰夫さん
園長の小笠原辰夫さん
「コスモスは少しウェットな感じのほうが、色が鮮やかです。それに、陽射しがあるほうがよりきれいに見えるので、午前10~11時ごろが一番見ごたえがありますよ
センセーションによるピンクのグラデーションがきれい

農園は少し高台にあるため、園内から三河湾が見える場所があり、そこからはコスモスも見られる。コスモスと海が並ぶ景色はSNS映えすること間違いなし。そのほか、コスモスの開花時期には、松葉牡丹やサルビア、食用の菜の花なども咲いているので色鮮やかな競演も必見だ

園長の小笠原辰夫さん
園長の小笠原辰夫さん
「一年を通してさまざまな花が見られるのが、この施設の一番のウリなので、コスモスと一緒に、いろいろな花を見てもらえたらうれしいです
 

\コレも見所!/
花摘み&直売所

その時期に咲いている花なら、入場料650円を払うだけで、ひとり10本まで花摘みができる(花によっては5本まで)

観光農園花ひろばには、ひまわりをはじめ、広大な敷地の中で四季折々の花が咲いている。しかも、ほとんどの花で花摘みをできる。この時期はコスモスや松葉牡丹などの花が咲いているので、コスモス鑑賞と一緒に花摘みも楽しもう。

直売所は、園内に入らなくても利用できるので気軽に立ち寄れる

また、園内では大根や白菜といった野菜も作っており、それらの野菜を販売する直売所も。自分のところで採れた野菜だけでなく、近隣の農家の朝採れ野菜も並ぶ。コスモス鑑賞に来たら、直売所もチェックしよう。

園長の小笠原辰夫さん
園長の小笠原辰夫さん
「直売所では、自分たちで丁寧に育てた朝採れの新鮮野菜を販売しています。旬のものを取りそろえ、安いもので、白菜やネギなどが110円からとリーズナブルな価格なので、こちらもぜひお立ち寄りください」

観光農園花ひろば

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


5.黒姫高原 コスモス園(長野県・上水内郡)

色鮮やかな大輪のコスモスに見とれる

\ここが絶景!/

山に向かって、一直線にコスモスの畑が続く

黒姫山のすそ野で展開している、47年の歴史を誇るコスモス園。5.8ヘクタールの敷地に、センセーションやキバナコスモスをメインに、“ひと目100万本”と言われるほど見渡す限りコスモスが咲いている。そのほか数は少ないものの、チョコレートの香りがするチョコレートコスモスといった珍しい品種も見られる。

副支配人の寺嶋弘之さん
副支配人の寺嶋弘之さん
「パノラマリフトに沿って、キバナコスモスが咲いています。リフトに乗れば、足元にコスモスのじゅうたんが広がっているので、とってもきれいですよ」
黒姫高原 コスモス園のコスモスは、花弁が大きく、花の色も鮮やか

黒姫高原 コスモス園は、黒姫山に太陽を遮られるため、日照時間が短く、10月中旬に見ごろを迎える一般的なコスモスと比べ、見ごろの時期が早い。また、秋に咲いたコスモスから種を採取。翌年、その種をまき、苗を1本1本手で植え、花を咲かせるという繰り返しで、この土地にあったコスモスに育っている。それにより、色鮮やかな大輪のコスモスが見られるのがここの特徴だ。

黒姫山を臨む、高原の心地よい景色と共にコスモスが見られる
50種類、2万輪のダリアが咲くダリア園

コスモス畑のそばにはダリアが咲くエリアがあり、2つの花畑の競演は圧巻。ピーク時には、2万輪の色鮮やかな大輪のダリアが咲き誇る。また、コスモス畑の中には、足で地面を蹴って進む、ペダルがない二輪車「ストライダー」に乗れる「ストライダーエンジョイパーク」と、木の幹を使ったブランコやターザンロープなどで遊べる「ちびっこアスレチック“TERA”」という2つの設備があり、子供連れでも楽しめる。

副支配人の寺嶋弘之さん
副支配人の寺嶋弘之さん
「花園から、黒姫童話館まで走るトラクターバスはぜひ乗ってみてください。片道7分かけて運行します。木製ベンチに腰掛けながら、車窓からの景色をお楽しみください」
 

\コレも見所!/
地元素材を使ったグルメを花に囲まれたテラスでゆっくりと

長野産の肉や野菜がたっぷり味わえる「高原バーベキューセット」3000円。手ぶらでも、気軽にBBQが楽しめる

高原野菜やキノコ、リンゴなどさまざな食材が採れる長野県。そんな地元の食材を使ったメニューを味わうなら、花園に隣接したテラスのレストラン「高原のレストラン 黒姫テラス」。ここでは、地元産の肉や野菜を使ったバーベキューをはじめとした地元グルメが多数ラインアップ。そのほかにも、本格的なチーズフォンデュや、季節の食材を使ったメニューなど、こだわりの食事もそろえる。

信州産キノコたっぷりでボリューム満点の「季節のキノコピザ」1500円

これからの季節であれば旬を迎えるキノコを使ったメニューがおすすめ。特に「季節のキノコピザ」1500円は、信州産キノコをたっぷりトッピングしていて、存分にキノコの味が楽しめる。そのほかにも、長野の名産、リンゴを使ったシャーベットなどもそろっているので、コスモス鑑賞したあとは、地元食材を思いっきり堪能しよう。

黒姫高原 コスモス園

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

海や山と一緒にコスモスが見られるという、プレミア度の高いコスモス畑がある中部エリア。コスモス畑の近くで地元の食材がゲットできたり、味わえたりする場所も多いので、地のものを味わいつつ、コスモスを堪能しよう!

取材メモ/「宮ノ下コスモス広苑」は、全国でもトップクラスの1億本というコスモスが咲いていて、見渡す限りコスモスが広がる。日本ではここでしか見ることができない、この景色は一見の価値あり。

取材・文=小松孝裕(エンターバンク)

\あわせて読みたい/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES