大パノラマやお寺にも。近畿エリアの個性あふれるコスモス畑5選

特集

9/14は「コスモスの日」。最高の絶景コスモスが観たい!

2017/09/14

大パノラマやお寺にも。近畿エリアの個性あふれるコスモス畑5選

コスモスが花開くと秋の訪れを感じる人も多いはず。近畿エリアは、話題を呼んでいる個性あふれるコスモススポットをピックアップ。カメラを片手に、フォトジェニックなコスモス畑へ出発!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

珍品種やお寺&コスモスのユニークなスポットもあり!

コスモスが咲き始めた近畿地方は、各県を代表するような個性的なスポットをチョイス。コスモス開花期のみ開園する夢コスモス園では、珍品種が見られるほか創作コンテストも開催。大パノラマが楽しめる鷲ヶ峰コスモスパーク、境内一面を彩るコスモスが有名な般若寺といった、コスモス畑プラスアルファの景観が見られるスポットもある。さらに、畑の一角が広大な花畑になった野田町コスモス畑、豊かな自然の里山に広がるコスモスの里穂谷など、町と一体なったコスモス畑も見逃せない。

どのスポットも特色が強く、人に話したくなるような場所ばかり。いずれも比較的近い場所にあるので、ドライブですべてのコスモススポットを巡ってみるのもあり!

花のコントラストが美しい野田町コスモス畑

ー近畿で行きたいコスモス畑5選ー

1. 奈良 法性山 般若寺 ~コスモス寺~(奈良・奈良市)
2. 京都丹波/亀岡の「夢コスモス園」(京都・亀岡市)
3. 鷲ヶ峰コスモスパーク(和歌山・有田郡)
4. 野田町コスモス畑(滋賀・近江八幡市)
5. コスモスの里穂谷(大阪・枚方市)

1. 奈良 法性山 般若寺 ~コスモス寺~(奈良県・奈良市)

モノトーンの堂塔を染めるバラエティ豊かなコスモス

\ここが絶景!/

本堂(右)や鐘楼(左)をコスモスが囲む

通称「コスモス寺」として親しまれている般若寺は、春と秋の2回、コスモスが境内を彩る。赤や白、ピンク、黄色のコスモスが、モノトーンの堂塔とマッチして、まるで花浄土のような景色だ。コスモスは全部で35種類。ダリアや菊のような花弁で豪華なダブルクリック、大輪の花弁のオータムビューティなど、珍しい品種も多い。

両国三十三観音石像の前に咲き乱れるコスモス
住職の工藤顕任さん
住職の工藤顕任さん
「コスモスが古都奈良を彩っています。本堂から眺める境内のコスモスは最高ですよ! 参拝後はゆっくりと散策してくださいね」
コスモスが観良上人追慕塔(かんりょうじょうにんついぼとう、手前)や、重要文化財の十三重石宝塔(じゅうさんじゅうせきほうとう、右)を飾る

般若寺のコスモス育成が始まったのは約50年前。プランターで育てられたあと、耕し準備を整えた境内に1本1本、手で植えられる。コスモスは風に弱いため、ネットを張っての保護対策も講じるなど、手間ひまも惜しまない。また、月1回「コスモス美咲会」というボランティアが、草取りや後片付けなどを手伝い、毎年見応えのあるコスモスを咲かせているのだ。

住職の工藤顕任さん
住職の工藤顕任さん
「たくさんの方の愛情がこもったコスモスです。国宝や重要文化財と一緒に見ることができる光景は数少ないと思いますので、心ゆくまで楽しんでください」
 

\コレも必見!/

コスモス散策と併せて楽しめる、この時期だけの特別公開

普段見ることができない貴重な仏様を拝むことができる

コスモスのシーズンに合わせて、白鳳秘仏(はくほうひぶつ)の特別公開も行う。阿弥陀如来立像や、その台座に和紙で包まれて納められていた胎内仏三像(たいないぶつさんぞう)など、貴重な重要文化財を鑑賞できるチャンス。新秋季特別公開期間は 9月20日(水)から11月11日(土)、拝観料別途200円。

ぜんぶ欲しくなってしまうほどキュートなお守り

コスモス寺ならではのオリジナルお守り「コスモスお守り」700円が人気。可憐なコスモスをモチーフにしたお守りは、イエローキャンパスやセンセーション、ピコティの柄や色を真似、全部で4種類ある。ご利益は、コスモスのような素直な心を育み、運勢の発展をもたらしてくれるそうだ。

住職の工藤顕任さん
住職の工藤顕任さん
「白鳳秘仏は、なかなか見ることができない仏様たちです。この期間は、コスモスと堂塔のコラボ、そして仏様を鑑賞し、心の癒しにしていただければと思います」

奈良 法性山 般若寺 ~コスモス寺~

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


2. 京都丹波/亀岡の「夢コスモス園」(京都府・亀岡市)

コスモスの品種は20種類以上!

\ここが絶景!/

色ごとに分かれたコスモス畑。雲と空とのコントラストが美しすぎる!

9月23日(土・祝)〜10月29日(日)の期間に開催する夢コスモス園。甲子園球場1つ分の約4ヘクタールに及ぶ広大な花園だ。おなじみのピンクや白のセンセーションをはじめ、20種類のコスモスが花開く。花びらが筒状になっているシーシェルや、草丈の低いコンパクトなコスモスのソナタ、淡い黄色のイエローキャンパスなどを見ることができる。そして、花びらにピンクのリングができるハッピーリングも咲いている。

ピンクに染められたコスモス畑はキュートな花園と評判
亀岡市観光協会事務局の大ヶ谷勝典さん
亀岡市観光協会事務局の大ヶ谷勝典さん
「園のコスモスは色も豊富ですが、花びらの形もさまざまなので、写生も楽しいですよ! また開花状況によりますが、コスモスの摘み取り体験(有料)も行っています」

夢コスモス園では、夏だけでなく秋にもツルを伸ばして咲く品種「琉球あさがお」も有名。暖色系のコスモスとは反対のブルー系の花を咲かせ、トンネルを作っている。写真映えするため、フォトスポットとしても人気だ。ほかには、ラベンダーセイジや千日紅(せんにちこう)なども開花し、コスモス以外の花も鑑賞できる。

トンネルの足元にはワインレッドやピンク色の千日紅が咲く
亀岡市観光協会事務局の大ヶ谷勝典さん
亀岡市観光協会事務局の大ヶ谷勝典さん
あさがおトンネルは園内に3か所あります。トンネルを潜るだけでなく、中から上を見上げるのも忘れずに。頭上の光景も素敵ですよ。コスモスの切り花に加え、季節の花の販売もあり、花好きの方に喜ばれています」
 

\コレも必見!/

亀岡グルメでひと息ついたら、各種コンテストに参加しよう

天然の甘みが豊富な宮本屋の丹波焼き栗

開園期間中はさまざまな企画が盛りだくさん! 吹奏楽や尺八など多様なジャンルの音楽が奏でられる「コスモス演奏会」(期間中の土日祝日のみ)や、愛犬家にうれしいドッグランコーナー、亀岡産採れたて新鮮野菜や新米の直売、特産品の販売も行っている。さらに、地元の味覚が集結する「丹波味わい市」も開催。松茸ご飯や焼き栗、亀岡産の野菜がたっぷり入った豚汁など、亀岡自慢のグルメが堪能できるのだ。

ハロウィンをテーマにした創作かかし

コスモスと並ぶ名物は「創作かかしコンテスト」。園が始まった18年前から毎年恒例のイベントとなり、一般的なかかしだけでなく、その年に人気のあったアニメのキャラクターなどが登場する。入園チケットに付いた投票券で、約25体並ぶ創作かかしから好きなかかしを選んで投票も可能。また、ユニークなかかしにセリフをつける「かかしのセリフコンテスト」も評判で、かかしの様相とコスモスをかけてひねり出した力作が毎週発表されるそうだ。

亀岡市観光協会事務局の大ヶ谷勝典さん
亀岡市観光協会事務局の大ヶ谷勝典さん
「園内芝生エリアに展示している草花の寄せ植えや、多彩な花が植えられたハンギングバスケットの中から、優秀作品を選ぶコンテスト(〜10/10)も行っています。夢コスモス園は見所が満載ですので、1日かけて遊べますよ」

京都丹波/亀岡の「夢コスモス園」

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


3.鷲ヶ峰コスモスパーク(和歌山県・有田郡)

コスモスと大パノラマの絶景を!

\ここが絶景!/

澄んだ空気や吹き抜けるそよ風が心地いいコスモス畑

標高586mの鷲ヶ峰(わしがみね)の頂上にあるコスモスパーク。広さ7000㎡に植えられた花盛りのコスモスと、その向こうに広がる有田川付近の町や山々といった壮観な景色が魅力だ。晴天時には遠く淡路島や四国まで見渡せる大パノラマも楽しめる。子供が遊べる遊具を完備した休憩所「コスモスと風の館」があるので、お弁当を持って遊びに来るファミリーも多い。

鷲が翼を広げたイメージの「コスモスと風の館」

「日常の慌ただしさを忘れられるほど、圧巻の景色ですよ。ぜひ、皆さんに見に来ていただきたいです。コスモスパークまでの山道の途中には、対向車とのすれ違いが困難な場所があるため、運転に気を付けていらしてくださいね」(有田川町商工観光課の山崎功さん)

コスモス畑越しの山向こうに沈む夕日

和歌山県の朝日・夕陽100選に入る鷲ヶ峰の山頂は、夕暮れ時の景色も見逃せない。紀伊水道に沈んでいく太陽と、夕日に照らされたコスモス畑のコラボレーションは、時を止めたくなるほどの美しさだ。また、日が落ちたあとの夜景も眺めたい。町の夜景と、湯浅広港と陸地が入り組む地形で、明暗に富んだ印象深い夜の景色を見ることができる。

「夜景が望める方向に向かって斜面になっているので、ベンチに座ってしばし眺めるのも最高です。おだやかなムードの落ち着いた夜景が楽しめます」(有田川町商工観光課の山崎功さん)

 

\休憩ならココ!/

古民家カフェでくつろぐ至福の時

オレンジ色のライトで温かみをプラスした店内

コスモスパークから車で約20分、みかん畑に囲まれた静かな環境にたたずむ「cafe いのくち30番地」は、コスモス畑を楽しんだあと、ひと息つくのにぴったりの場所。約70年前に建てられた納屋と離れを、当時から残っている資材や物で改装した古民家カフェだ。一昔前の日本にタイムスリップしたような雰囲気で、木の温もりを感じながらゆっくりとくつろげる。

\イチオシはこれ!/

「洋風のパンケーキ」(1000円、14:00からオーダー可)。トッピングにはベリー、梅メープル、バニラアイス、果物が付く

ここのイチオシは手作りパンケーキ。バニラ生地の洋風バージョンと抹茶生地の和風バージョンの2種類があり、それぞれに数種類のトッピングがつくなど、さまざまな組み合わせが楽しめる。ちょっと小腹が空いた場合は、キーマカレー(800円、サラダ付)がオススメ。水を使わずに、トマトや野菜で煮込んだ本格的な仕上がりだ。

「1杯ずつハンドドリップで淹れる、東京の堀口珈琲さんのスペシャルティブレンドをゆっくり味わって欲しいです」(オーナーの新田真穂さん)

鷲ヶ峰コスモスパーク

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

いのくちcafe30番地
※入店は小学生以上

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


4.野田町コスモス畑(滋賀県・近江八幡市)

村の一角に出現する広々としたコスモス畑

\ここが絶景!/

集落に突然現れるコスモス畑。まさに花のじゅうたんのよう

近江八幡市野田町に毎年、秋になると現れるビッグスケールのコスモス畑。麦の収穫が終わった休耕地3ヘクタールを利用して、色とりどりのコスモスを咲かせている。近くには新幹線や近江鉄道が走り、高い建物がない平坦な畑地帯のため、撮影スポットとしても有名だ。花の密集度が高く、ウエディングなどの前撮りにも多用されている。

色ごとに整然と配列されたコスモス畑。中を歩けるよう複数の小道を設けている

のどかな風景と合わせたコスモスや、走り行く電車と一緒の撮影など、さまざまな写真を撮ることができます。また、夕日もよく見えるので、夕日で染められたコスモス畑も格別ですよ」(野田町まちづくり委員会の中西芳三さん)

単色をはじめ3種混合や、赤、白、ピンク、黄、紫、オレンジの6種混合も

コスモス畑を管理するのは、野田町まちづくり委員会のメンバー。約20年前から始まった花植えは、大量のゴミのポイ捨てに悩んでいた住人たちの発案。広大な畑を覆い尽くすかのように咲くコスモスは年々話題を呼び、いまや県内屈指の花畑として観光スポットになっている。県道26号沿いにあり、国道8号や名神高速道路が近く、コスモス畑をひと目見たいと県外からも訪れる人が多い。

「コスモス畑から車で10分ほどのエリアには、国選定の重要文化的景観『近江八幡の水郷』の八幡堀り散策や西の湖遊覧船といった観光スポットもあるので、滋賀県を楽しんでいってくださいね」(野田町まちづくり委員会の中西芳三さん)

 

\コレも必見!/

地元野菜や祭りグルメが並ぶコスモスまつり

新鮮野菜や米を買い求める人で行列ができる

毎年10月15日に開催されるコスモスまつり。今年で16回目を迎える。生バンドや大正琴の演奏、風船ショー、マジックショーなどのステージイベントや、野田町で採れた新米おにぎりと野菜、湖漁の煮物も販売される。葉物類や根菜類などみずみずしい野菜は地元住民のみならず、郊外の人にも好評で、これを目当てに来る人も。

カラフルなヨーヨーを釣り上げた子供たちはすぐにそれで遊びたそう

充実の飲食コーナーでは、新米おにぎりや焼きそば、フランクフルト、ポテトフライといった模擬店の王道メニューがラインアップ。小さい子供が楽しめるよう、ヨーヨー釣りやスーパーボールすくいなども出店。また、消防自動車などが来場し、祭りを盛り上げることもあり、秋の心地よい時間を満喫できる。

野田町コスモス畑

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


5.コスモスの里穂谷(大阪府・枚方市)

地元住民の熱い思いが詰まったコスモス畑がお目見え!

\ここが絶景!/

3ヘクタールの敷地に咲き誇るコスモス

大阪と京都、奈良の県境に位置するコスモス畑穂谷(ほたに)は、「日本の里100選」に選ばれた自然あふれる里山に広がる。農業振興地域のため、昔ながらの農村風景を残し、コスモスとともにその風情を楽しめると評判だ。コスモス畑は9月23日(土・祝)から11月上旬まで開放されている。

10本100円でいつでも摘み取りができる

「ここは『モニタリングサイト1000』にも登録され、自生植物や野生動物が生息し、自然を満喫できる場所です。大阪の中心地からも近く、高速道路のインターチェンジもそばにあるので、ドライブにもオススメですよ」(枚方市穂谷区の南光男区長)

近隣の小学校や幼稚園の子供たちが楽しそうにコスモスを摘み取る

こちらのコスモス畑のもう一つの特徴が、地元民が協力して行うコスモス栽培。スタートは7月中旬。水分が必要な種に梅雨明けした気候は適さないが、雨風に弱いコスモスを台風の時期を越して美しく咲かせるには、どうしてもこの時期からの開始になるそう。雨の日を待って種まきをすることで、「きれいなコスモスをみんなに楽しんでもらいたい」という、地元民のコスモスにかける想いがぎゅっと詰まった花畑なのだ。

「20年前から始まったコスモス栽培は、暑い最中の草刈りも地元の皆さんによるもの。訪れる方に楽しんでいただける労力は惜しみませんと、みんな精を出してくれています。お手伝いに来てくれる方もいるので、大勢の方で作り上げているコスモス畑になります」(枚方市穂谷区の南光男区長)

 

\コレも必見!/

ヒマワリ摘み取りや黒豆収穫ができる1日

子供も大人も一緒になって楽しむ黒豆の枝豆収穫

10月14日(土)には「枚方の里山 収穫の秋 穂谷」が開催される。ここで育てた野菜の朝市が行われ、カレーうどんやフランクフルト、きなこ餅などの模擬店も並ぶ。また、この地域ならではの動植物の展示、ボランティア団体が作った竹や木のおもちゃの販売、ものづくり体験も行っている。中でも人気は、さつまいも掘りと黒豆の枝豆の抜き取り体験。黒豆はモチモチとした食感で味がいいと好評の野菜だ。会場では採れたてをその場で茹でて味わえる。収穫したさつまいもはkg単位、黒豆は一株単位で買うこともできる。

ダイナミックな大輪が花開くヒマワリ畑

コスモスの里穂谷では、コスモス畑と並んでヒマワリ畑も展開し、太陽という品種の花が約1万本咲いている。咲き盛りは10月14日頃。この日から3本100円で自由に摘み取ることが可能だ。1本だけを飾っても存在感があるヒマワリだが、10本くらいを大きめの花瓶にドサッと入れて飾れば、部屋が一気に明るくなるほど迫力がある。摘んだら、ぜひ家でトライしてみよう。

「1万人以上が来場する大きなイベントです。会場内のせせらぎの小川ではドジョウのつかみ取りを行います。また、近くにある畜産団地から来る仔牛とふれあうこともでき、牛乳が無料試飲できます。さらに、乳牛のソフトクリームも販売しますよ!」(枚方市穂谷区の南光男区長)

コスモスの里穂谷

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

オリジナリティに富んだコスモススポットは、どれも魅力的。すべて訪れることを勧めたいが、もし迷ったら目的別に選びたい。開放感を味わうなら、鷲ヶ峰コスモスパークや野田町コスモス畑。仏閣好きには般若寺で、いろいろ遊びたい人には夢コスモス園が適している。そして、自然を満喫したい場合は、コスモスの里穂谷がオススメだ。

取材メモ/コスモスの花を鑑賞する以外の楽しみが充実していることに驚きました。秋の澄んだ青空と鮮やかなコスモスは、写真映えがよく、それぞれのスポットの撮影も楽しめます。

取材・文=茂木宏美(LOCOMO&COMO)

\あわせて読みたい/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES