ウサギの楽園・大久野島 遊んだ後は夕日を見ながら温泉に

ウサギの楽園・大久野島 遊んだ後は夕日を見ながら温泉に

2017/09/30

瀬戸内海に浮かぶ芸予諸島の一つ、大久野島。この地が、たくさんのウサギたちと触れ合える“ウサギの島”として知られているのをご存じですか? 訪れた人々を癒す、大久野島の魅力をご紹介します。

エイ出版社

エイ出版社

愛らしいウサギの群れが、ここにもあそこにも!

忠海港からフェリーで約15分、沖合に浮かぶ大久野島(おおくのしま)は、休暇村のほかに毒ガス資料館ビジターセンターもある、瀬戸内を代表する人気の観光スポットだ。ヤシの木など南洋の植物が茂るその風景は、南国のリゾート地のよう。テニスコートやキャンプ場もあり、7月中旬から8月下旬は海水浴場やプールもオープンする。

しかし、なんといっても大久野島の名を知らしめたのは、島にいるウサギたち。ここは、約700羽以上ともいわれる野生のウサギが暮らす島なのだ。フェリーを下りた途端、山の中から現れたウサギたちが足元に集まり、こちらを見上げて出迎えてくれる。

穏やかな波の音と海を渡る風の香りに浸り、ウサギたちと戯れれば、ここでしか味わえない、とっておきの時間を体験できるだろう。

大久野島に生息するウサギの群れ

芝生広場にはいくつものウサギの群れが。大久野島全体に700羽以上が生息しているといわれる。人懐っこく駆け寄ってくるその姿に、思わずほおがゆるむ。ただし『抱え上げるのはNG』などの注意点は、必ず守って。

瀬戸内の多島美

波間に浮かぶ美しい瀬戸内の多島美。夕暮れ時には茜の空と黄金の海に、島々のシルエットが浮かび上がり、幻想的な光景が見られる。

大久野島灯台

島の周囲は約4.3km。休暇村にはレンタサイクルもあるので、のんびりと周回するのも楽しい。

休暇村大久野島

休暇村大久野島は、キャンプ場を除けば、大久野島で唯一の宿泊施設。カフェレストランなど、日帰りで利用できる施設が充実している。

65の客室は全室南向きで、瀬戸内の島々や、芝生広場でウサギたちが遊んでいるのを眺めることができる。館内にあるふたつの天然ラジウム温泉、『大沓の湯』『小沓の湯』は展望浴場。島々を赤く染める夕日を見ながら温泉に浸かる、贅沢な時間を過ごしてほしい。

たけはら魚飯(1200円)

ランチメニューの郷土料理『たけはら魚飯』(1200円)は、ほぐした塩焼きの魚と、錦糸卵やシイタケ等をご飯にのせ、だし汁をかけて食べる。

トリコガイド 広島 2017-2018[付録あり]

トリコガイド 広島 2017-2018[付録あり]

2017.05.29/1,080円(税込)

「トリコガイド広島」の最新版では、旅の目的別に3つの特集と5つのエリアガイドを用意。広島の代表的グルメ・お好み焼きのおすすめの店や、体験特集では心に残るひと品を自分の手で作る工場を紹介。MAP付き。

※この記事は『トリコガイド 広島 2017-2018[付録あり]』を元に再編集・構成されたものです。掲載している情報は2017年6月22日時点のものです。予告なく変更される可能性もありますので事前確認をおすすめします。

この記事を書いたライター情報

エイ出版社

エイ出版社

年間600冊以上の雑誌・ムック・書籍を出版する出版社。動画、ウェブ、イベント、飲食店などを提供するコンテンツクリエイター集団でもある。バイク、自転車、サーフィン、釣り、登山、ゴルフなどの趣味や、ファッション、旅、飲食、暮らし、などのライフスタイルに強い。写真とデザインにこだわる。

エイ出版社 が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載