世界の渡部の「本当は教えたくない」徳島の名店

特集

9月の連載記事まとめ

2017/09/27

世界の渡部の「本当は教えたくない」徳島の名店

アンジャッシュ渡部がオフを利用して、ときに自らアポ取りし、行きたい店を気ままにハシゴする姿を追った脱力系密着番組『渡部の歩き方』。そんな“食べ歩きの達人”である渡部が、番組で訪れた名店をご紹介! 今回は、徳島で“たらい”に入ったうどんを食す!

Hulu

Hulu

四国でうどんといえば香川、じゃなくて徳島もうまかった!

今回、渡部さんが訪れたのは、徳島県。なんでも、「たらい」で食べる釜揚げうどんの名店があるのだという。県土面積の約75%を森林が占める徳島は、林業などが盛んで、外の仕事に従事していた人が、屋外で茹で上げた釜揚げうどんを、たらいに豪快に入れて濃い目のつゆで食べた始めたことが、「たらいうどん」のきっかけなんだとか。
徳島空港から車で約40分移動した山あいにあるのが、「たらいうどん新見屋」

本当にこの先にお店が!? というロケーションだが……

急勾配な階段を降りると、お目当てのお店が。屋内もあるが、ここは迷わず川の景色とせせらぎを楽しめるテラス席へ。

お品書きを見るご一行

一行は、「たらいうどん」(一人前・540円)と「とりあみ焼き」(一〜二人前・1080円)、店主の新見貴史さんオススメの「カニからあげ」(650円)を注文。待っている間、厨房の中や茹で上げる様子を見学させてもらう。

土日は6人くらいが厨房に入るという
左が店主の新見貴史さん。徳島のたらいうどんの麺には、生卵を練りこんであり、独特の黄色味があるのが特徴

ではさっそく、いただきましょう

まずは、こんがりとあげられた「カニからあげ」

こちらは目の前の沢で採れたサワガニだ
渡部さん
渡部さん
「うん。とれたてだから嫌な泥臭さはまったくない。パリパリ感もありながら肉厚で、ちょっとビビりましたよ。ビールだな、これは(笑)」

お次は、秘伝のタレでじっくり焼いた「とりあみ焼き」

渡部さん
渡部さん
「う〜ん! うまい! 甘辛でニンニクがきいていて、柔らかい。これはたまんない、一番うまいタレだよ」
ご相伴に預かるスタッフも「とりあみ焼き」に感激の様子

おいしくてニコニコが止まらない様子の2人に、メインの「たらいうどんが」。いりこの香りたっぷりのおだしには、溶き卵がイン。つゆが薄まらないように、たらいのふちで湯切りしつつ、お椀にうどんを入れると……。

うどんのつゆが薄まらないように、ふちで湯切りするテクを予習してきたという渡部さん
一心不乱にうどんをすする渡部さん。お味は?
渡部さん
渡部さん
「うん、う〜ん! なるほど! (うどんに)卵が入っているぶん、コシはあるんだけど、小麦がドカンという感じではないですね。普通はのど越しを楽しむものだけど、これは違いますね。噛めば噛むほど、面白い、これはうまい! 」
「昔は林業に臨む人たちが仕事納めのごちそうとして、湯がいたうどんを釜のままみんなで食べていたんですよ」(新見さん)

「コシと旨味を両どりしている」(渡部)というたらいうどん、うどんマニアと言わずとも、わざわざ食べに行く価値ありとみた!

〜グルメ王の食べ歩きは、まだまだ続く〜
(次回更新は、10月29日を予定)

Yahoo!ロコたらいうどん 新見屋
住所
阿波市土成町宮川内字上畑100-1

地図を見る

電話
088-695-2068
営業時間
[月~日]11:00~19:30(売切れ次第終了)
定休日
月曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

『渡部の歩き方 グルメ王の休日』

『渡部の歩き方 グルメ王の休日』

9月30日(土)~青森編がスタート!

アンジャッシュ渡部が月イチで行く、地方の名店一人旅に同行。地上波では紹介できない彼の聖域にカメラが入る。静岡、神奈川、鹿児島、広島、岡山、熊本、小田原、富山、仙台、岐阜、秋田編を配信中!

構成/Yahoo!ライフマガジン編集部

この記事を書いたライター情報

Hulu

Hulu

Huluは人気映画やドラマ40,000本が見放題のオンライン動画配信サービスです。

Hulu が最近書いた記事

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES