これぞ一期一会! 昔ながらの天然藍染を旅先・福岡で体験する

2017/09/30

これぞ一期一会! 昔ながらの天然藍染を旅先・福岡で体験する

旅の楽しみの一つとして、「モノづくり体験」が人気のようです。福岡に来たならグルメ三昧もいいですが、久留米絣の工房で、藍染体験にチャレンジするのも良い思い出になるのではないでしょうか。

エイ出版社

エイ出版社

天然の藍を使った藍染体験ができる工房

200年の歴史をもつ久留米絣(くるめがすり)。藍染体験ができる「藍染絣工房 山村健」がこだわるのは、化学染料ではなく、天然の藍を使って染めること。もちろん体験で使う藍も天然のものを使用する。

染めない部分を作る

まずはサンプルを見ながらデザインを決める。それに合わせ、布を絞ってシワをつけたり、ビー玉を入れて輪ゴムで結んだりして、染めない部分を作っていく。絞りの強度によっても模様が変わってくるので、どんな仕上がりになるか楽しみ。

工房4代目の山村健さん(右)が丁寧に教えてくれる

染色は、最初は濃度の低いものから浸し、少しずつ濃度が高いものに上げていく。藍染は空気に触れることで藍色に変化していくため、藍液に浸けては絞って空気に触れさせ、また浸して、を何度も繰り返す。教えてくれた工房4代目の山村健さんも「水や天気によって藍の状態が変わるので、日々勉強です」と笑う。

布を広げる瞬間のトキメキが堪らない!

よくすすぐ

十分に染めを繰り返したら、2回に分けて水ですすぐ。水の中で布を広げると青と白の美しいコントラストに思わず見とれてしまう。よくすすいだら、水気を絞ってアイロンをかければ出来上がりだ。

できあがり!

様々な表情が楽しめるので、つい「もう1枚……」と作りたくなってしまうのも藍染の魅力。ハンカチとしてはもちろんのこと、大きめの布を使うのでバンダナスカーフなど用途はたくさん。洗うたびに灰汁が抜けて、青も白も鮮やかさが増していくのだそう。日々使いながら色の変化も楽しめるのも天然藍染の魅力。

絞りの強弱や、藍液につける回数など、1つとして同じものが作れない藍染。旅の思い出に挑戦してみては?

<体験>
所要時間:約1時間
費用:1枚2000円~要予約

トリコガイド 福岡2017‐2018 [付録あり]

トリコガイド 福岡2017‐2018 [付録あり]

2017.04.21/1,080円(税込)

「トリコガイド福岡」の最新版では、旅の目的別に8つの特集と3つのエリアガイドを用意。福岡グルメの代表格・もつ鍋はもちろん、屋台特集では編集部厳選の14店が登場。定番も穴場もこれ1冊でOK。MAP付き。

※この記事は『トリコガイド 福岡2017‐2018 [付録あり]』を元に再編集・構成されたものです。掲載している情報は2017年5月6日時点のものです。予告なく変更される可能性もありますので事前確認をおすすめします。

この記事を書いたライター情報

エイ出版社

エイ出版社

年間600冊以上の雑誌・ムック・書籍を出版する出版社。動画、ウェブ、イベント、飲食店などを提供するコンテンツクリエイター集団でもある。バイク、自転車、サーフィン、釣り、登山、ゴルフなどの趣味や、ファッション、旅、飲食、暮らし、などのライフスタイルに強い。写真とデザインにこだわる。

エイ出版社 が最近書いた記事

SERIES