イタリア政府公認!「真のナポリピッツァ」を徳島で堪能した

特集

徳島で見つけた! 満足グルメ&レア体験

2018/01/14

イタリア政府公認!「真のナポリピッツァ」を徳島で堪能した

ピザと発音すればサラミがのったアメリカ風のもの、ピッツァと発音すればフレッシュトマトとモッツアレラがのったナポリ風のものを指すってご存じ? 真っ赤なフレッシュトマトに真っ白なモッツアレラチーズとバジルの緑が最高のコントラストを生み出す、徳島で食べられる本格ナポリピッツァをご紹介!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

本場ナポリの食材だけを使ったおいしいピッツァ!

\私が行ってきました/

中山真都香 

中山真都香 

編集者

どうも! 美味しいグルメのためなら東西南北どこへでもお邪魔するライター中山です。普段からランチの取材をたくさんしていますが、今日は「真のナポリピッツァ協会」(イタリア語でAssociazione Verace Pizza Napoletana)から認定を受けたという、こだわりの本格ピッツァを食べるため、徳島へやって来ました!
焼き立てアツアツのナポリピッツァ、想像しただけでおなかが……。お酒が大好きな私としては、ピッツァにぴったりの美味しいお酒もいただけるといいな♪

厳しい審査をクリアした正真正銘のナポリピッツァ!

たくさんの植物やオリーブの木もいい味出してる!

お邪魔するのは「TRATTRIA PIZZERIA SUGATTiii(スガッチィー)」さん。店名の由来は、オーナー・菅さんの愛称からだとか。つづりの「TT」はテーブルを表現したもので、「iii」は当時5歳の息子さんが考えた「i(愛)がいっぱい」という意味。きっとロマンチックな息子さんなんだろうなあ♪ 
では行ってみましょー!

ううぉ! ナポリの風が吹いていそうな雰囲気ある店構え!

オープン当初から、上品で風格のある雰囲気を出すよう工夫しているという店内

出迎えてくれたのは、オーナーの菅省士朗さん。

菅さん
菅さん
「いらっしゃいませ!」
中山
中山
「お邪魔しまーす! 明るい店内にウッディーなインテリアがなじんでいてすてきですね」
菅さん
菅さん
「ありがとうございます。インテリアは友人の家具職人に特注したものなんですよ」
中山
中山
「ところで外にもあった看板と数字は一体何ですか?」
このマークは一体なんだろう……?
菅さん
菅さん
「これはイタリアの『真のナポリピッツァ協会』のロゴと、正真正銘のナポリピッツァを提供していると世界で認められたピッツァリエにのみ与えられる番号です」
中山
中山
「なるほど、世界共通の認定番号だったんですね!」
この数字には、意味があった……!!
菅さん
菅さん
「協会の定める厳しい条件をすべてクリアし、9年前に295番目の認定を受けました」
中山
中山
「世界で295番目!? それはすごい!」
菅さん
菅さん
現在国内での認定はわずか67店舗ほど。うちは15番目くらいでした」
こだわりのパスタ、トマト、モッツァレラ
菅さん
菅さん
「ナポリピッツァには、さまざまなこだわりが必要なんです。食材は週に1度ナポリから取り寄せていますよ!」
中山
中山
「わ~! 見た目もオシャレです♪ 袋詰めのモッツアレラやパスタ、トマトの赤もピカピカしてきれい!」

ナポリから取り寄せた窯で焼くピッツァをワインと共に

今回ピッツァを焼いてくれるのはオーナー菅さんの弟、菅敏宏さん。

人気メニューの作り方、必見です!
中山
中山
「真っ赤なトマトソースが映えますね!」
敏宏さん
敏宏さん
「ナポリピッツァにはフレッシュなトマトが欠かせません。今作っているのはマルゲリータ(1200円)です」
中山
中山
「生地がすっごく柔らかそう……円くするのは難しくないですか?」
敏宏さん
敏宏さん
「修得するまでは大変でしたね。やってみますか?」
中山
中山
「いえ、私は食べる専門なので(笑)。続けてください(笑)」
素早く釜にピッツァを入れる様が写真から伝わってくる
敏宏さん
敏宏さん
「出来上がった生地を、窯に入れて焼いていきます」
中山
中山
「速いっ! モリ突きのごとく目にも留まらぬスピードで窯に入りましたね! とってもかわいいこの真っ赤な窯もナポリから?」
敏宏さん
敏宏さん
「もちろん! ナポリで発注したものです」
中山
中山
食材も窯もすべてナポリから取り寄せ、一切妥協はないんですね。さすがです。うわあ〜! 生地がぷくっとふくれてきました!」
敏宏さん
敏宏さん
「さあ、焼き上がりです」
中山
中山
「え!? もう?」
焼き上げる時間はわずか90秒
敏宏さん
敏宏さん
「じゃーん! 出来上がりました! 窯の中は450℃の高温になっているので、焼く時間はたったの90秒なのです!」
息ぴったりな兄弟に仲良く焼き上げてもらいました♪
中山
中山
「は、早い! こんなにも早いとは!」
ソムリエの村瀬さん(左)におすすめのワインを選んでもらいました
菅さん
菅さん
「冷めないうちに召し上がれ。うちはイタリア産を中心に約50種類のワインソムリエの村瀬君がセレクトしますよ」
中山
中山
「わあー! 待ってました!! 村瀬さん、今日はどんなワインですか?」
菅さん
菅さん
「お客様とお話ししながら好みとお料理に合うワインをセレクトします。今日はSUGATTiiiのおすすめハウスワインです!」
中山
中山
「では、たっぷり注いじゃってください‼」
菅さん
菅さん
「(……昼間からこんなに飲んで大丈夫!?)」
ではさっそく、カンパ〜イ!
中山
中山
「あれ!? マルゲリータの横のピッツァはなんですか!?」
菅さん
菅さん
「これは4種のチーズのピッツァ、クアトロフォルマッジはちみつをかけて召し上がれ!」
中山
中山
「チーズにはちみつ! たまらないです! いただきまーす♪」 
ハートの形をしたクアトロフォルマッジ(1780円)
食べる直前に、自分ではちみつをかけていただきまーす!
菅さん
菅さん
「ちょっと待って! 本場ナポリの食べ方は、ナイフとフォークで内側にくるっと巻くんですよ!」
中山
中山
「そうなんですか!? 1枚が大きいので女性なら半分に切って巻くと食べやすいですね!」
本場の食べ方は、フォークとナイフを上品に使用するそう
くるっと巻いて、今度こそ、いただきまーす!
中山
中山
「塩の効いたチーズにはちみつの甘さが絶妙にマッチ! クセになる美味しさです! もちもちの生地小麦のうまみをしっかりと感じられますね!」
菅さん
菅さん
「ナポリではピッツァを1人1枚食べるのが基本なんですよ」
中山
中山
「えぇ!? でも確かに、ボリュームはすごいですけど、美味しくてペロッといけちゃいます!」
中山
中山
「ん? 菅さんこれは……?」
シリアルナンバーの付いたピッツァ
菅さん
菅さん
うちのピッツァは1枚1枚、シリアルナンバーが付いてます。召し上がるたび、このカードをお渡ししているんですよ」
中山
中山
「ピッツァにシリアルナンバー!? すごい! 私が食べたのは16万9911枚目ということですね! なんだか感激!」

徳島にいながら本場と時差を感じない絶品ピッツァを堪能し、ナポリの伝統を感じた中山。美味しいワインまでたっぷり堪能し大満足して帰ったのだった。

取材メモ/平日なのに予約席でいっぱいの超人気店! こんな本格的なピッツァのお店が徳島にあるなんて! 私、1枚どころか2枚でもペロリとイケちゃいそうだったなー。

取材・分=中山真都香 撮影=藤川 隆久

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES