ジンベエザメや金箔…関西の個性派ソフトクリーム5選

特集

【関西Clips!】このスイーツが気になる!

2017/11/14

ジンベエザメや金箔…関西の個性派ソフトクリーム5選

いまや季節問わず人気のソフトクリーム。近年では「インスタ映え」にぴったり、見た目が個性的なものもたくさん登場しています。今回、関西でしか食べることができない個性派ソフトクリームを5件ご紹介。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

大阪・京都・奈良の個性派ソフトクリームを厳選!

旅行に来たら、せっかくだしそこにしかないスイーツが食べたい。東京にも「カワイイ」ソフトクリームはたくさんあるけど、関西は「個性派」という点では負けてません! カラフルでおいしいソフトクリーム5件を巡ってみました〜。

1.ジンベエソフト(大阪・天保山「海遊館」)

青色が美しすぎる、海遊館の「ジンベエソフト」

今年2017年3月、「海遊館」内にドリンクスタンド「SEA SAW(シー ソー)」、カフェ「マーメイド」がリニューアルオープン。それに伴い誕生したのが、ジンベエザメの体の色と水玉模様をイメージした、その名も「ジンベエソフト」(400円)。

ジンベエザメをイメージ、青と白のコントラストが美しい「ジンベエソフト」(400円)

「海遊館という場所で、やはり海の生きものにちなんだメニューを提供したいという思いがありまして。1番人気のあるジンベエザメをモチーフに、この濃い青色のラムネ味のアイスを特注で開発しました。色の再現度はもちろん、ミルク味もこのラムネと合うものを選んだりと、かなり試行錯誤しましたね」とは、カフェを運営する「近鉄リテーリング」の小籔さん。ラムネ味は甘さすっきりで、練乳ミルクとの相性も抜群だ。

館内を回って出口すぐのエントランスビル2階にあるドリンクスタンド「SEA SAW」。こちらは海遊館に入館しなくても購入が可能

今年8月は、1カ月で約2万9000個も売れたという「ジンベエソフト」。その購入者のほとんどが、食べる&溶ける前に急いで写真撮影をしているのが印象的だ。天気が良い日は建物をバックにしたり、その裏手には海が広がっているので、絶好のフォトジェニックスポットとして活用できそう!

大水槽で優雅に泳ぐ、ジンベエザメ。2018年の春までは企画展『顔博』も開催中です

「海遊館に来るお客様にしてみれば、飲食は目的ではない。でも、館内を回って疲れたときに、こういう商品があれば少しでも思い出に残ってくれるんじゃないかと思っています」と話すように、ジンベエソフトのほかにも、チンアナゴの細長い体から発想した全長40センチの「チンアナゴドッグ」(600円)や、海藻からとれた藻塩を使用した「クラゲ藻塩ソーダ」(400円)などユニークなメニューが多数。今後もオリジナル商品は増える予定とのことなので、楽しみが増えそうだ。

Yahoo!ロコ海遊館
住所
大阪府大阪市港区海岸通1-1-10

地図を見る

アクセス
大阪港駅[1]から徒歩約7分
朝潮橋駅[2-A]から徒歩約26分
弁天町駅[3]から徒歩約47分
電話
06-6576-5501
営業時間
10:00~20:00(入館は閉館時刻の1時間前まで)※季節により変更します
定休日
不定休(年に4日間程度休館日あり)
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

2.パインアメソフトクリーム(大阪・あべの天王寺「ハルカス300」)

砕いたアメがオン! 食感も楽しい「ハルカス300」のパインアメソフトクリーム

今春オープンから3周年を迎えた、日本一高いビル「あべのハルカス」。その展望台「ハルカス300」の58階にあるカフェ「SKY GARDEN 300」でしか食べられないのが、この「パインアメソフトクリーム」(400円)だ。

パインアメのクラッシュをまぶした新食感の「パインアメソフトクリーム」(400円)

「カフェのメニューで使う食材は、ハルカスから見えるご当地のものを使っていこうというコンセプトがあるなかで、大阪人に馴染みがあり、実は本社が天王寺にある『パインアメ』を使ったソフトクリームを開発しよう、ということになったんです」と、担当の垣野さん。ちょうどカフェのテラスやその窓際席から、黄色い建物の「パインアメ」の本社が(めっちゃ小さいですが)見えるんです!

地上300mの壮大な景色を見ながら食べるソフトクリームは、絶品! 実はここに「パインアメ」の本社が写っています

パインアメの味を再現するのにとても苦労したそうで、何度も試作を重ねてやっと完成! 飽きがこないようにクラッシュしたパインアメ(毎日1つ1つ袋から出してスタッフが手作業で砕いてるのだとか!)が、ソフトクリームの上に振りかけられており、絶妙なアクセントに。甘酸っぱいパインアメとソフトクリームが合わさり、なんだか懐かしい味がする!

カフェスペースは屋内外合わせて約250席。インパクト抜群な顔出しパネルでぜひ記念撮影を!

このカフェでは1年通して1番の売れ筋商品で、もはや「あべのハルカス」の名物。子どもからお年寄りまで、小さい頃から親しんできたパインアメのソフトクリームを、地上300メートルの壮大な景色を見ながら味わっている。ツッコミどころが満載な顔出しパネルもあるので、SNSへの投稿にもぴったりだ。

Yahoo!ロコSKY GARDEN 300
住所
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス 58F ハルカス300 展望台内

地図を見る

アクセス
大阪阿部野橋駅[阿倍野口(近鉄)]から徒歩約0分
天王寺駅[9(地下鉄)]から徒歩約0分
天王寺駅前駅[出口2]から徒歩約2分
電話
06-4399-9181
営業時間
9:30~22:00(LO21:30)
定休日
年中無休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

3.ロングソフトクリーム(大阪・アメ村「Long Softcream」)

全長40cm!日本一長〜い、アメ村名物ロングソフトクリーム

1970~90年代には「流行発信地」として全国の若者が集まった、大阪「アメリカ村」(通称アメ村/大阪市中央区西心斎橋付近)。時代とともに人が減りつつあった街に、今再び10代〜20代前半の若者が集まっているのをご存じですか? その火付け役の一端を担ったのが、こちら店名にもなっている、全長40cmもの「ロングソフトクリーム」(500円)! テレビでもよく紹介されてるので、見たことある人も多いのでは?

「集中力が切れると巻けなくなる」と言いながら、1日中ず〜っと巻き続けている店長さん。1個500円

4年前にアメ村に誕生し、オープン当初から変わらず、このソフトクリーム1本で勝負。小さなお店で店長さんが1人、夏の暑い日も、冬の寒い日も、雨の日も風の日もソフトクリームをひたすら巻き巻きしています。「これくらい長いとインパクトあるでしょ」と、熟練の技でなんと12巻き! その技を一目見ようと覗きこみ、スマホで動画を撮る人も多いとか。

カメラを縦にしないと入らない、もはや芸術品。溶けていくので写真撮影は急いで!

全長40cmといっても、ものはアイスクリーム。購入してすぐに撮影し、食べ始めないとどんどん溶けてしまう。店長さん曰く「半分くらいまでは上からどんどん食べていって、そこからはコーン付近を舐めて溝を作る」のが垂れずにキレイに食べるコツだとか。ソフトクリームの味はあっさりしているので、この量でも最後まで飽きずに食べられ、大満足になること間違いない。

「少し固めにしている」そうで、半分食べた時点ではまだ大丈夫! コーン付近の根本から溶けていくので、そこをまず解決しよう

この店があるエリアは、「TOTTI CANDY FACTORY」の超巨大わたがしや、「世界で2番目においしい焼きたてメロンパンアイス」の焼きたてメロンパンアイス・・・など写真を撮って投稿せずにはいられない「SNS映えするスイーツ」店が並ぶ、新・スイーツ通り。平日でも若い女性が自撮りしている姿が多く見られる、活気溢れるスポットとなっている。アメ村に来たら、個性派スイーツ巡りをしてみては?

Yahoo!ロコLong Softcream アメリカ村店
住所
大阪市中央区西心斎橋2-11-9 RE-011 105号

地図を見る

アクセス
四ツ橋駅[5(四ツ橋駅)]から徒歩約3分
なんば駅[26-D]から徒歩約5分
心斎橋駅[7(心斎橋駅)]から徒歩約5分
電話
06-7182-0798
営業時間
11:00~19:00
定休日
無休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

4.金閣そふと(京都・金閣寺「金閣そふと」)

金箔を贅沢に使用した、豪華絢爛なその名も「金閣そふと」

京都で最も有名な観光名所の1つ、世界遺産「金閣寺」。平日も修学旅行生や海外からの観光客で溢れかえっているこのエリアに、約10cm四方の金箔がそのまま乗った豪華絢爛なソフトクリームが誕生。その名も「金閣そふと」が、2016年7月にオープンした。

ギラギラ輝く「金閣そふと」(950円)。外国からの観光客の注目も一身に集められます

「金閣寺は京都駅から離れており、さらに参道が少ないため、参拝後に立ち寄る場所がありません。そんななかで、少しでも楽しいスポットを作れないか?というのがはじまりでした」と、広報担当の和田さんが誕生のきっかけを話してくれた。

金閣寺の入り口すぐそばにオープン。和テイストの外のテラスで味わいながら、ゆっくり贅沢な時間が過ごせます

ソフトクリームはバニラ・抹茶・ミックスの3種類から選べ、白玉と小豆がトッピングに。その上に、金閣寺に使用されているものと同じ金沢産の金箔を1枚まるごとふんわりと乗っけてくれる。ソフトクリームが金箔で包みこまれてキラキラ輝く姿はインパクト抜群だ。また、それを店員さんが目の前で乗せてくれるので、写真撮影はばっちり! その繊細で豪華なパフォーマンスは国内外の観光客にかなり好評だそう。

店員さんも真剣な眼差し。ゆっくりと乗せてくれるので、シャッターチャンスは充分!

金箔が乗ったソフトクリームはもちろん、コーンを包むスリーブにもこだわりが。「なかなか和紙を手に取る機会も少ないと思いますので、和紙の質感や見た目を楽しんでもらえたら」と、金銀箔を散りばめた和紙を使用・・・とどこまでも贅沢。一口頬張ろうとすると、唇に金箔が張り付くという、貴重でリッチな体験ができる。繊細ですぐに溶けてなくなってしまうのも、儚くて風情を感じます・・・。1つ950円の価値、アリます。

Yahoo!ロコ金閣そふと
住所
京都府京都市北区衣笠西御所ノ内町38-1

地図を見る

アクセス
北野白梅町駅[出口]から徒歩約18分
等持院駅[出口1]から徒歩約22分
龍安寺駅[出口]から徒歩約25分
営業時間
月~金 11:00~17:00 土・日・祝 10:00~17:00
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

5.大和茶ソフト(奈良「カフェ エトランジェ ナラッド」)

鹿のクッキーがかわいすぎる! ぷっくりフォルムの「大和茶ソフト」

最近インスタグラムでよく見かける、絞りが丸いぷっくりフォルムのソフトクリーム。そのなかに、鹿のクッキーが乗ったなんだかかわいらしいものが・・・と思ったら、このソフトクリーム、今年6月にオープンしたカフェ&レストラン「カフェ エトランジェ ナラッド」で、いまや看板となっているというウワサのスイーツだ。

鹿クッキーがかわいい「大和茶ソフト」(450円)。SNS映えするのは、大和茶とバニラの「ミックス」!

近鉄奈良駅から歩いて5分。「奈良市観光センター」がリニューアルし、そのなかにオープンしたこのカフェ&レストランでは、奈良の食材や食文化を取り入れたメニューを提供。145席の広々としたおしゃれな店内で、大和野菜を使ったピッツァやパスタ、大和雌牛のステーキグリルなど地産メニューや地酒が味わえ、また昼夜問わず活用できると、観光客だけでなく奈良県民にも早くも人気のスポットとなっている。

カフェのとなりには、観光案内のコーナー。奈良のお土産もずらり揃っている

そこで1番人気なのが、1つ1つ手作りの鹿クッキーが乗った「大和茶ソフト」(450円)だ。コーンにはチョコレートがコーティングされ、そこにカラフルなパウダーやナッツがまぶされていて、濃厚かつめっちゃカワイイ。ソフトクリームには奈良で生産されているお茶「大和茶」が使われており、こちらはお茶の風味が楽しめる甘すぎないやさしい味わいなので、幅広い世代に人気だという。

丸い絞りからモコモコっと出てくるソフトクリーム

近年、かき氷に話題を奪われがちな奈良だけど、この大和茶ソフトも定番になる予感。ソフトクリームはテイクアウトOKなので、観光の際にはぜひ立ち寄ってみて。

Yahoo!ロコカフェ エトランジェ ナラッド
住所
奈良市上三条町23-4 奈良市観光センター「ナラニクル」内

地図を見る

アクセス
近鉄奈良駅[高天交差点口]から徒歩約3分
奈良駅[中央口]から徒歩約8分
京終駅[出口]から徒歩約20分
電話
0742-20-5620
営業時間
11:00~22:00(LO)
定休日
OPEN EVERYDAY
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材メモ/今回ご紹介したソフトクリームは、海遊館やあべのハルカス、金閣寺など観光が目的で訪れたとしても、さらに思い出をプラスしてくれると感じた。ソフトクリームを目がけてその観光地に行く人も増えているように思う。また、写真撮影をするなら、暑い夏よりも秋のほうが溶けにくくて良い!

構成/Lmaga.jp(価格はすべて税込)

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES