両国江戸NOREN! 相撲アートと伝統的なそばを両方楽しむ

特集

【動画付き】両国で相撲グルメを楽しむ!

2018/01/14

両国江戸NOREN! 相撲アートと伝統的なそばを両方楽しむ

本店は明治35年に東京・日本橋に創業した老舗のおそばやさん「日本ばし やぶ久 両国江戸NOREN店」では、初代から続く製法で香り豊かで味わい深いそばを作っている。日本酒ソムリエの店長や相撲絵の描かれた店内など、様々な「そばの楽しみ方」を体感できるお店を紹介!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

まずは、どんなお店かが1分で分かる動画をご覧ください!

両国国技館そばにある、東京各地の名店がそろった飲食施設「両国江戸NOREN」。ここには江戸の町屋を意識した吹き抜け空間と共に和食の名店がそろう。今回はその中にある、明治35年から続く老舗のおそばやさん「日本ばし やぶ久 両国江戸NOREN店」を紹介。

伝統と格式を感じる佇まい
開放感のある店内

店内の見所は、壁に描かれたたくさんのイラスト。江戸時代のそばを楽しむ男女、力士の姿や相撲観戦のにぎわいも描かれている。相撲観戦の客席には、社長が選んだ力士やアニメのキャラクターがところどころに…あのキャラクターを見つけるのも楽しみの一つ。

店内を埋め尽くす相撲絵の数々

そば粉10割・つなぎ2割、伝統的な外二そば

「日本ばし やぶ久」では、創業からずっと「そば粉10割・つなぎ2割」の伝統を大事にしている。いわゆる二八そばよりそば粉の量が多く、そばの芳醇な味わいを楽しむことができる。

せいろ(800円・税抜)

大事なのはそば粉の量だけではなく、国内産最上級のそば粉を手でもんだ後、さらしを巻いて足で踏むことで、それによって強いコシを生みだしている。添加物をまったく使用しないそばと、厚削りの本枯鰹をじっくり煮出した汁で、挽きたて、打ちたて、茹でたての本物の味を味わうことができる。

そばに合うのはやっぱり日本酒

江戸時代の庶民にとって親しみ深いそば。そばには、日本酒とともに食されてきた伝統がある。店長の白石さんは唎き酒師の資格を持ち、日本酒についての造詣も深い。白石さんは「造りのしっかりとした蔵元をまず選び、様々なタイプを味わえるようにしています。」と語る。

名物カレー南蛮+そばづくし!

江戸時代から続く老舗の味

江戸時代から営業していた「やぶ」。こちらを初代・久次郎が買い取って始まった「日本ばし やぶ久」。その伝統をいまでもしっかりと守りながら営業を続けている。

そばとカレー南蛮の両方を楽しめるお得なセット

店長がこっそり教えてくれた裏メニュー。それは「そばづくし」+「カレー南蛮」のお得なセット! そばづくしコース〆のせいろを+300円(税別)で、名物のカレー南蛮に変更可能。ぜひ、「日本ばし やぶ久」の名物フルコースを楽しんでみては?

Yahoo!ロコ日本ばし やぶ久 両国江戸NOREN店
住所
東京都墨田区横網1-3-20両国江戸NOREN

地図を見る

アクセス
両国駅[西口]から徒歩約0分
両国(都営線)駅[A3]から徒歩約6分
馬喰横山駅[C2]から徒歩約10分
電話
03-5637-8209
営業時間
【月火水木金】 11:00-22:30 (L.O. 22:00) 【日土祝】 10:30-22:30 (L.O. 22:00)
定休日
不定休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES