両国江戸NOREN! 人気を誇る秘伝のちゃんこ料理屋

特集

【動画付き】両国で相撲グルメを楽しむ!

2018/01/14

両国江戸NOREN! 人気を誇る秘伝のちゃんこ料理屋

ちゃんこの本場、東京・両国で店を構えるちゃんこ専門店。相撲部屋をイメージした店内で、大相撲陸奥部屋の秘伝の味を楽しめます。ちゃんこ鍋だけでなく、甘辛い手羽先もオススメ!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

まずは、どんなお店かが1分で分かる動画をご覧ください!

大相撲陸奥部屋の味を堪能

両国国技館そばにある、東京各地の名店が揃った飲食施設「両国江戸NOREN」。ここには江戸の町屋を意識した吹き抜け空間と共に和食の名店がそろう。今回はその中の、大相撲陸奥部屋の味を堪能できる人気店「ちゃんこ霧島」を紹介。

両国江戸NORENの最大奥に構える大きな店構え

相撲の本場両国において、フードコート「両国江戸NOREN」の最大奥、広いスペースを構えるこのお店は、自信をもってちゃんこ料理を提供する人気店。入口に飾られた陸奥親方(元大関・霧島)の姿が目印だ。

力士が食べる本物の味

こちらでいただけるちゃんこ料理は鍋だけでなく、力士が食べる料理全般を指す。

刺身から手羽先まで「霧島御膳(2160円)」

あっさりとしながらもコクのあるスープに、魚介や肉、つみれに加えてたっぷり野菜が入った健康志向のちゃんこ鍋をメインにしながら、サラダやお刺身も人気。相撲部屋伝統のちゃんこと四季折々の日本料理を、相撲観戦後すぐに味わえるのがこのお店の特徴だ。

ちゃんこ激戦区の両国において大きな店を構える霧島の味

陸奥部屋に伝わる秘伝のポイントは、改良を重ねた鶏ガラ豚骨スープ。具材から染み出でる出汁(だし)の味は、現役の相撲部屋でも使われる本物の味わい。

広くゆったりと相撲部屋をイメージした店内

「霧島」の店内は、入ってすぐに東西に分かれる。広いスペースでくつろげる「東」と、しっとりと落ち着ける「西」。店員を呼ぶ時は太鼓をたたくなど、随所に相撲をモチーフにした遊び心が隠れている。

秘伝の手羽先唐揚げ

手羽先の味の秘密は総料理長秘伝の極上ダレ。陸奥親方(霧島関)が現役時に通っていた割烹の板前さんが総料理長をつとめるからこそ出せるオススメの味。

ちゃんこ鍋は絆の深さを確かめ合うソウルフード

店長の工藤さん

店長の工藤さんは語る。「仲間や同僚、家族と一緒に大きな鍋をつつき合って食べる鍋料理は、言うなれば、絆の深さを確かめ合うソウルフード。ぜひ皆さま、笑顔でちゃんこ霧島の料理を召し上がっていただきたいと願っています」

Yahoo!ロコちゃんこ霧島 両国江戸NOREN店
住所
東京都墨田区横網1-3-20 両国江戸NOREN

地図を見る

アクセス
両国駅[西口]から徒歩約0分
両国(都営線)駅[A3]から徒歩約7分
馬喰横山駅[C2]から徒歩約10分
電話
03-3621-0075
営業時間
月~土、祝前日: 11:00~23:00 (料理L.O. 22:00 ドリンクL.O. 22:00)日、祝日: 11:00~22:30 (料理L.O. 21:30 ドリンクL.O. 21:30)
定休日
なし
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES