一度食べたらヤミつき! 上野アメ横の中国揚げパン

特集

【動画付き】食べなきゃ損! 上野の食べ歩きグルメ

2018/01/30

一度食べたらヤミつき! 上野アメ横の中国揚げパン

アメ横を歩いていて、食欲をそそられる揚げ物のいい香りがする方を見てみると、そこにあるのが中国揚げパン。あまり口にすることのない中国揚げパンだが、中国の人たちにとっては朝食の定番。揚げたてふわふわを一度食べたらヤミつきになること間違いなし!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

まずは、中国揚げパンと中国風屋台の魅力がわかる1分の動画をごらんください。

JR山手線、東京メトロ銀座線上野駅から徒歩3分。ガード下の中国屋台風のお店が『天天楽(テンテンラク)』

店頭のテーブル席

店頭には15人くらい座れるテーブル席もあるので、食べ歩きだけでなく、座ってゆっくり食べることもできる。そしてお店の壁には大量の料理の写真が…。

壁に貼ってある料理の写真

店主のお父さんが中国の黒竜江省で料理店を営んでいたそうで、その影響もありこの店を始めたとのこと。さらに店頭のショーケースには、よく煮込まれた豚足や手羽先などの中国らしいお惣菜がずらり!

ショーケースには豚の顔も並んでいる

中でも目を引いたのが『豚の顔』。日本ではあまり見かけない光景だ。店頭のテーブル席で食べることもできる。

中国人の朝食の定番! 中国揚げパンをおいしく作るには!

中国揚げパンの生地は小麦粉と秘伝の調味料を混ぜたものを軽く発酵させたもの。

薄く延ばした生地を細長くカット

薄く延ばして、切って準備オーケー。そして揚げる前に長く延ばして…。

生地を長〜く延ばして…
油の中に投入

素早くやるのがコツ。生地が柔らかいのでゆっくりやっていると生地が垂れてしまうのだ。そして、ふっくらモチモチになるよう、油の中でくるくると回転させて、満遍なく揚げる。

油の中で回転

中国人の朝食の定番、中国揚げパンは1本200円

中国揚げパン(1本200円)

揚げたての香ばしい香りが食欲をそそる。一度に5〜6本食べる人もいるらしい。さらにテイクアウトする時は、ビニールの袋に入れてくれるので、手も汚れず食べ歩きに最適!

うれしい気遣い

中国揚げパンをさらにおいしく食べるには!

中国では、揚げパンを豆乳に浸して食べるのも定番中の定番。

豪快に豆乳に浸す

ちょっと甘めの豆乳を夏は冷やして、冬は温めて、それに揚げパンをつけて食べる。揚げたてとは違う、しっとりした食感が楽しめる。

テーブル席で食べる中国料理も絶品!

店頭のテーブル席では、中国の屋台料理も食べられる。中国の東北地方の料理が中心で焼き小籠包や土鍋が人気。

焼き小籠包(6個600円)

人気の焼き小籠包は中からスープが溢れ出す。ほかにも点心のメニューは豊富で、アツアツの土鍋料理も大人気!

土鍋(600円)

あっさりからピリ辛、激辛までたくさんの種類があるので色々な味が楽しめる。

手軽に中国揚げパンを食べ歩くもよし、店頭で中国屋台の雰囲気を楽しむもよし。何度でも通いたくなるお店だ!

Yahoo!ロコ天天楽
住所
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル1F

地図を見る

アクセス
京成上野駅[広小路口]から徒歩約2分
上野御徒町駅[A5]から徒歩約2分
御徒町駅[北口]から徒歩約2分
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES