芥川龍之介やジョン・レノンも愛した「銀座カフェーパウリスタ」

芥川龍之介やジョン・レノンも愛した「銀座カフェーパウリスタ」

2018/01/29

新橋駅から徒歩約5分。中央通り沿いにある創業明治44(1911)年の「銀座カフェーパウリスタ」。創業当時から多くの文化人が集い文化の発信地となったこのお店は、ジョン・レノンが来日した際、3日間通い詰めたとか。著名人に愛されたお店の雰囲気と、こだわりのコーヒーをご紹介します。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

まずは、どんなカフェかが1分で分かる動画をご覧下さい!

明治44年、銀座に開業した西洋風カフェ

JR山手線、京浜東北線の新橋駅から徒歩約5分のところにある「銀座カフェーパウリスタ」。明治44(1911)年、銀座に開業し、当時、ほかのお店が1杯30銭で出していたコーヒーを、5銭という安さで提供して大人気になりました。

現在は銀座8丁目にある。1階が喫煙席、2階が禁煙席
明治44(1911)年、銀座6丁目に白亜二階建の洋館としてオープン

喫茶店の原型となったともいわれるお店

開業当時、カフェと呼ばれるお店で働いていたのは女給さんたちでした。本格的な西洋風のカフェにしようと、店員を全員、清潔感のある男性にしたそうです。

お店の歴史とコーヒーに詳しい店長の矢澤秀和さん。現在は女性の店員さんもいらっしゃいます

正装をした店員が銀の盆に載せたコーヒーを運び、メニューはドーナッツやサンドウイッチ、内装は本格的な洋風のテーブルやイス。当時斬新だったこの形が、現在の喫茶業の原型になったといわれています。現在の内装は、その当時の雰囲気を残したものだそうです。

現在の1階フロア。シャンデリアや大きな鏡が、創業当時の雰囲気を残している

多くの著名人が訪れた文化の発信基地

以前のお店は銀座6丁目にあり、お店の向かい側に時事新報社があったことから、森鴎外、菊池寛、芥川龍之介、谷崎潤一郎、高村光太郎などが原稿を届けに来たついでに立ち寄っていたのだそうです。また「パウリスタ」は多くの文学作品の中に登場しています。

昔のデザインを復元したお店のロゴ入りコーヒーカップ

青鞜派(せいとうは)=ブルーストッキング

6丁目にあった当時、2階には女性専用の喫茶室「レディス・ルーム」があり、女流文学者集団「青鞜派(せいとうは)」の平塚らいてう、与謝野晶子、高村智恵子なども集っていたそうです。その歴史を受け、実は現在、青いストッキング、靴下を履いて来店された方には、コーヒーを一杯無料サービスしているんだそうです。

現在の2階。今は女性専用ではなく禁煙席(喫煙席は1階)

ジョン・レノン、オノ・ヨーコが座った席

ジョン・レノン、オノ・ヨーコ夫妻が来日した際に、3日連続で通ったと話題になりました。1階奥の右手のソファー席が、二人が座った席。二人のサインが入ったソーサーとカップの写真が、その席の後ろに飾られています。

今も残るジョン・レノンとオノ・ヨーコ夫妻が座った席

「銀ブラ」の語源といわれる店

開業当時、慶応義塾大学の学生が“慶応のキャンパスから、銀座のカフェーパウリスタまで歩き、ブラジルコーヒーを飲みながら会話をすること”を「銀ブラ」といって流行らせたという説が有名です。当時と同様、ブラジル産のコーヒー豆に特にこだわりがあるそうです。

もともと「ブラジルコーヒー宣伝所」として創業したお店。ブラジル産の有機豆にこだわっている

一番人気のメニュー「森のコーヒー」

コーヒーは本来、背の低い木で栽培することが多いのですが、パウリスタが契約しているブラジルのコーヒー畑は木の背が高く、まるでジャングルのようだということで、そこの豆で作るコーヒーの名を「森のコーヒー」としたそうです。農薬も肥料も一切使っていない安全な有機栽培豆で、完熟したものだけを使っています。

「森のコーヒー」580円。香りがよくマイルドな味わいです
長年親しまれているチョコレートケーキ「ザッハ」550円。中にはフランボワーズソース、外にはたっぷり生クリーム
モーニングセット「トースト」(ジュース・ミニサラダ・コーヒー付)676円 ※昼以降は単品で500円

最先端の文化人達や学生が集った、歴史ある銀座のカフェ。先人達も味わっていた、異国風の落ち着いた空間と、こだわりのコーヒーをぜひ味わってみてください。

銀座カフェーパウリスタ

住所:東京都中央区銀座8-9 長崎センタービル1F
電話:03-3572-6160
交通:JR山手線・京浜東北線、東京メトロ銀座線、都営地下鉄浅草線新橋駅から徒歩約5分、東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線銀座駅から徒歩約7分
時間:月~土8:30~21:30、日・祝11:30~20:00
休み:なし

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

取材・撮影・動画制作・文=日テレアックスオン AX-ON Inc.

\あわせて読みたい/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

特集

連載