遠藤周作をはじめ文豪の溜まり場になっていた神保町の老舗喫茶

特集

【動画付き】読書好きはたまらない! 文豪ゆかりの神保町・神田グルメ

2018/01/17

遠藤周作をはじめ文豪の溜まり場になっていた神保町の老舗喫茶

遠藤周作などの文豪が足繁く通い、溜まり場となっていたお店が「ミロンガ ヌオーバ」。創業は昭和28年という老舗。本格炭火焙煎コーヒーと世界のビールが楽しめるお店だ。文豪たちを虜にしたお店とはどんなところなのか。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

まずは、文豪たちが通ったお店が1分でわかる動画をご覧ください。

都営地下鉄新宿線、都営地下鉄三田線、東京メトロ半蔵門線神保町駅から徒歩2分、靖国通りからちょっと入った裏路地にあるのが「ミロンガ ヌオーバ」

裏路地にあるレトロな看板が目印

重厚なレンガの壁とレトロな看板が歴史を感じさせる。以前は「ミロンガ」という名前だったが、お酒を飲めるように改装したのをきっかけに「ミロンガ ヌオーバ」に改名した。

BGMはレコードから流れるアルゼンチンタンゴ

席と席との間がゆったりとしている店内はウッディーでシックな雰囲気。壁には古いタンゴ関連の写真やレコードジャケットなどが飾られている。

ウッディーでゆったりした店内

出迎えてくれるのは、レコードから流れるアルゼンチンタンゴ。レコードならではの少しかすれた音やレコード針を盤面に置く音が趣を感じさせる。

レコードから流れるアルゼンチンタンゴ

タンゴ関連のレコードの在庫は500枚以上。お客さんにいただくこともあるという。ちなみに店名の「ミロンガ」は音楽のジャンルとしてのミロンガが由来。

レコード針を置く音も趣を感じさせてくれる

香り豊かな本格炭火焙煎コーヒーに舌鼓!

本格炭火焙煎コーヒーが楽しめる

炭火焙煎された豆をその場で挽き、ペーパードリップで丁寧にじっくり入れる「ミロンガ ブレンド」。

「ミロンガ ブレンド(600円)」

酸味が控えめで少しの苦味と深いコクがある。本を片手にゆっくりとコーヒーを嗜む、贅沢な時間を過ごすことができる。

50種類以上ある世界中のビールが楽しめる

ベルギー、ドイツ、フランス、ギリシャなど世界中のビールもラインナップ。

さまざまな国のビールが並んでいる

50種類以上のビールがそろっているので、飲み比べて自分好みのビールを探すこともできる。

オリジナルピザや日替わりケーキも!

コーヒーやビールのお供として人気なのが、オリジナルの「ピザ ミロンガ」。

「ピザ ミロンガ(800円)」

たっぷりのチーズに卵とジューシーなサラミがのった、まさに昔ながらの喫茶店のピザ。お店の雰囲気とも相まって、どこか懐かしい味だ。

ケーキは日替わり

日替わりケーキは行ってからのお楽しみ。常時3〜4種類以上をそろえてある。

周りに本屋や出版社が多いので、今でも作家や文化人が来店するらしい。レコードから流れるアルゼンチンタンゴと大人の雰囲気が楽しめる空間に文豪たちも酔いしれたのかも。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES