電球に入ったキュートなソーダがキュートな街・原宿で大人気!

特集

【動画付き】原宿カワイイカフェ&スイーツ

2018/01/21

電球に入ったキュートなソーダがキュートな街・原宿で大人気!

JR山手線・原宿駅から徒歩7分、2017年5月にオープンした「原宿電気商会」。竹下口から竹下通りを抜けて明治通りを渡り、しばらく歩いていくと大きな電球の形をしたソーダの看板が見えてくる。これが目印。電球に入った可愛いソーダ。そのアイデアの秘密に迫った! 

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

まずは、どんなアイデアが人気なのか、1分で分かる動画をご覧あれ!

電気商会というレトロな響きに、ポップで可愛いソーダがハマった!

JR山手線・原宿駅から徒歩7分。裏原宿に今年5月12日にオープンした「原宿電気商会」は、大きな電球ソーダの看板が目印。昭和のレトロな雰囲気の建物にパステルカラーの装飾を施し、原宿らしい可愛らしさをプラス。いかにもインスタ映えしそうなお店だ。

水色とピンクの可愛い外観

店内も水色を基調とし、さまざまな可愛い飾り付けがされているので、どこで写真を撮っても画になるようになっている。

至る所に電球が飾られている

店内はビーズなどさまざまなものを入れた電球のインテリアが飾られており、飲み終わった電球を持って帰り、試したくなるようなワクワクするアイデアにあふれていた。

見慣れた電球が可愛く大変身!
至るところがフォトスポット

フォトジェニックでしかない電球ソーダ

中国で生まれ、韓国で大ブームを起こした電球ソーダが日本に上陸。オープン以来、いつもお店はにぎわっている。電球と言ってもガラスではなくペットボトルの素材でできているので安全。味は12種類で12色、どれでも1個700円。

どれも個性があって可愛いビジュアル

電球のフタには穴があいており、ハートの形のストローを差し込む。歩きながらでも飲みやすく可愛い。

ストローまでハートというこだわり

人気はやはりソーダの定番、ブルーハワイソーダ。鮮やかなブルーにシュワシュワのアワが清涼感を演出。見ためだけでなく買い物で疲れた体にも最高!

店内を配色する鮮やかな青とマッチして可愛い

さらに実際に鮮やかに光る小さな電球ストラップがついており、どこまでもフォトジェニックなドリンクとなっている。

ストラップは電球から外せる
持ち帰りやすい透明のキュートな袋に入れてもらえる

見ため以外にもこだわりが!

こちらのお店のソーダは強炭酸になっており、外を歩きながら飲んでも炭酸が長持ちするように工夫されている。

強炭酸はお客さまへの配慮から

さらにシロップもこだわっており、バーなどで出しているカクテル用の高級なシロップを使用。そのためお客さんからは「見ためはモチロン可愛いけど、ちゃんと味もおいしい」という声が多い。

手際よくシロップを電球に入れる

ブルーハワイソーダ以外にもイチゴソーダなど人気メニューがそろっているが、なかでも店員さんのオススメはピンクグレープフルーツソーダ。やっぱり原宿といえばピンク! 味に関してもグレープフルーツの刺激的な酸味がティーンにウケている。

キュートなピンクグレープフルーツソーダ

オーナーがアパレル業界で働いていた頃、中国製の電球型ペットボトルの存在を知り、このお店を始めたのだとか。可愛いスイーツはアジアから発信! ぜひ皆さんも一度体験してみては?

原宿電気商会

住所:東京都渋谷区神宮前3-20-7
電話:なし
交通:JR山手線原宿駅竹下口から徒歩7分
時間:11:00〜19:00
定休日:無休

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES