関西地区最大規模を誇る文房具店「伊東屋 京都店」がオープン

特集

【関西Clips!】京都・大阪の最新ブームを追え!

2017/10/03

関西地区最大規模を誇る文房具店「伊東屋 京都店」がオープン

東京・銀座で1904(明治37)年に創業し、日本を代表する文房具店として親しまれている「銀座・伊東屋」が、関西地区では最大規模の売り場面積を誇る店舗を9月6日、ジェイアール京都伊勢丹にオープン。京都店オリジナルの商品なども用意され、独自の業務展開が注目を集めています。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

オリジナリティーあふれる京都店の魅力をご紹介!

東京・銀座で1904(明治37)年に創業し、日本を代表する文房具店として親しまれている「銀座・伊東屋」は、文房具をただ使うだけではなく、嗜好品としての楽しみ方も提唱し、さまざまな商品を世に送り出してきました。今回は、新たにオープンした京都店で独自に展開するオリジナル商品や人気のサービスなどをたっぷりとご紹介します!

JR京都駅を降りると伊勢丹はすぐ目の前。アクセス抜群!

世界各国から毎日のように観光客が訪れる京都。その中心地であるJR京都駅に隣接する、ジェイアール京都伊勢丹の10階でエレベーターを降り、レストラン街、催事会場などを抜けると「伊東屋 京都店」の店舗が現れます。

にぎわう店内。スタッフによる人気商品の解説には人だかりができることも

開放的な売り場は、万年筆などを中心に扱うエリア、レターセットなどを扱うエリア、カラフルなサインペンや消しゴムなどカジュアルな文房具を扱うエリアなど、大きく3つにわかれています。ちなみに、店にあるすべての筆記具は試し書きOKという、文房具ファンにはたまらないサービスも。

\アテンドしてくれるのは!/

「伊東屋 京都店」副店長の脇剛志さん。 小学生の頃から銀座・伊東屋の文房具に魅了され、学生時代には毎日のように銀座本店に通っていた文房具好き。京都店の開店に伴い東京から転勤となり、地理を覚えるのに奮闘中

文房具を愛する脇さんに、マニアもうならせる京都店で注目のサービスや商品を紹介してもらいました。

8万円越えの万年筆も試し書きできる!

カラフルな商品が並ぶカランダッシュのコーナー
「伊東屋 京都店」副店長・脇さん
「伊東屋 京都店」副店長・脇さん
「多彩な商品ラインアップの京都店ですが、なかでもスイス・ジュネーブに本社を置く高級文房具メーカー・カランダッシュ社の大型コーナーは要注目ポイントの一つです」

スタイリッシュなディスプレーには、アルプスの雪解け水で作られたというインクや、デッサンなどに使用する木炭、カラフルな849シリーズのノート、水でにじませて水彩絵の具のように描ける色鉛筆などが並びます。

手触り・書き心地ともに抜群!

せっかくなので、同社の高級万年筆の手触りを確かめるべく、試し書きを実行。使用したのは鉛筆と同じ六角形のフォルムが特徴的なエクリドールシリーズのシェブロン(3万3480円)。おぉ、なんというフィット感!そして、スムーズな書き具合!

「伊東屋 京都店」副店長・脇さん
「伊東屋 京都店」副店長・脇さん
「スイス製ということから、時計の精密機器と同様、ペン先の製作や、ボディの彫刻においても熟練職人の技術が活かされているんです」

なるほど~。思わず癖になりそうな書き心地でした。カランダッシュ社の筆記具は、その他の商品もデザインが多彩で、見ているだけで十分に楽しめます。

レマン万年筆(8万1000円)、レマンボールペン(5万4000円)、バリアスコレクションのボールペン(7万200円)、エクリドールのボールペン(1万8360円)、エクリドールの万年筆(3万3480円)
人気の849シリーズ、日本をイメージして造られたハウチワカエデカラーのボールペン(5400円)は、伊東屋限定の商品で、11月1日(予定)より京都店先行発売

機能性・デザイン性ともに抜群!伊東屋オリジナル商品

バリエーション豊かな伊東屋オリジナルの文房具

伊東屋ではオリジナルブランドによる商品も多数展開しています。その中でも特に注目しておきたいものをピックアップしてご紹介しましょう。

老舗メーカー・あかしやの筆ペンに伊東屋 京都店のオリジナルキャラクター・犬の「まろ」を刻印

まずは、京都店のオリジナルキャラクター・犬の「まろ」の刻印が施された万年毛筆(3672円)。こちらは奈良県で約380年の歴史を誇る筆メーカー・あかしやとコラボレーションしたもの。

ポケットにも入るサイズの伊東屋オリジナルの測量野帳(本体410円)。水色、赤、黄色など5色を用意

続いては、コンパクトで使い勝手の良い測量野帳。名前の通り測量の現場などで使われるノートで、技術者御用達の品でしたが、今では文房具ファンからの人気も高い一品。(別途540円で箔押し)

「伊東屋 京都店」副店長・脇さん
「伊東屋 京都店」副店長・脇さん
「こちらも京都店のオリジナルのキャラクターが箔押しされていますが、箔押しや名入れのサービスは216円から行うことができます。商品により異なりますので、詳しくは店頭でお尋ねください。せっかくなので、ここで名入れの作業工程もご覧ください」

箔押し作業をのぞき見!

正確な位置を見定め、しっかりと文字を刻むには熟練の技術を要します
名入れが完成。自分だけの一品になり、より愛着が深まります

印字する活版の文字を選び、年季の入った機械で丁寧に作業を行います。ポイントを見定め、熱転写したネームは、ご覧の通りのきれいな仕上がりに! ちなみにこのトラベルバゲージタグ(756円)も京都店のオリジナルで、通常の飛行機に対して、千鳥の模様が型抜きされています(お名入れ代・別途540円)。混雑状況により異なりますが、通常約1時間で受け取れます。

世界に一つだけのマイノートを作る「ノートクチュール」

ノートクチュールのパーツが並ぶ棚

伊東屋のサービスの中でも極めて独自性が高いのが、自分で選んだ材料でオリジナルのノートを作成するノートクチュール。まずはサイズやリング、中紙の色や罫線、表紙の色、印字する文章などを細かく決め、オーダー。このサービスを展開しているのは銀座店と京都店だけです。

「伊東屋 京都店」副店長・脇さん
「伊東屋 京都店」副店長・脇さん
「革パーツやヒモ、ハト目の色まで決められるんですよ!」
自分で選んだ素材が、どんどんノートとして組み上がっていく様子にテンションアップ!

お店のスタッフがオーダーシートを受け取ると作業開始。パソコンで印字する文字や絵柄を設定すると、作業用の機械を使って中紙のリング穴を開けたり、オプションのパーツをつけたり、手際よくオーダー内容を形にしてくれます。

\完成したノートがこちら/

材料や絵柄、字体の組み合わせを考えているだけで楽しく、あっという間に時間が過ぎていきます

そして完成したノートがこちら! 選択できる絵柄にはなぜか海の生き物(なぜか軍艦巻きも!)が多く、今回はタコをあしらってみました。表紙やオプションパーツも、京都ということで落ち着いた色を選んで大人っぽい仕上がりに。

「伊東屋 京都店」副店長・脇さん
「伊東屋 京都店」副店長・脇さん
「ノートクチュールのサービスは出産祝いやお仕事のプロジェクトリーダーがチームメンバーに配るなど、プレゼントで使用される方が多いですね。大切な方への贈り物に、ぜひ、ご利用ください」

銀座・伊東屋は、創業時から世界各国の文房具の輸入、オリジナル品の開発など、大いなる開拓精神をもって現代まで老舗の伝統と新たな文房具の歴史を紡いできました。そんな同店が、創業113年目に古都・京都と出会ったことで広がる商品展開は留まることを知らず、今後も発表される限定商品からも目が離せません!

伊東屋 京都店
住所:京都市下京区鳥丸通塩小路下ル東塩小路町 ジェイアール京都伊勢丹10階
アクセス:JR京都駅から直結
電話:075-748-1411
時間:10:00~20:00
定休日:不定休

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

取材・文=伊東孝晃(クエストルーム)、撮影=小川康貴


\話題のお店をチェック!/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES