街のリノベーション店が革命を起こす!(前編)

特集

いま、リノベーションスポットが面白い!

2016/03/22

街のリノベーション店が革命を起こす!(前編)

街の元気のバロメーターは小商いのお店が放つ唯一無二の個性だったりする。東京の街の隆興や変遷に詳しい不動産プランナー・岸本千佳さんに、注目するリノベーションされたお店をヒアリング。名前の挙った「お米や」と「未来食堂」を訪れた。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

話題の建築家・長坂常さんが設計したおにぎり屋さんとは

「もともと八百屋さんだった建物を、清澄白河のブルーボトルコーヒーを手がけたことで知られる建築家・長坂常さんがリノベーションしたお店なんですけど、すごく商店街になじんでいて」

不動産プランナーの岸本千佳さんがそうレコメンドするのが、戸越銀座からほど近い宮前商店街で主におにぎりを販売する「お米や」である。

「子供達がおにぎり買いに来る光景なんかがもう、すっかり商店街の日常風景で、“普通のなかの新しさ”を感じるんですよね」と岸本さん。

元八百屋さんをリノベーション

テレビ番組のロケも頻繁に訪れる有名商店街**戸越銀座と比べると人通りも少なく、落ち着いた雰囲気の通りにの宮前商店街。通りに面した「お米や」は、奇をてらうことのない素朴な店構え。軒先には、おにぎりをチャキチャキと握る店長の山口真央さん。

おにぎりの具材は、種類によって、ひとつひとつ、ここはと思う仕入れ先から取り寄せている

うめ、しゃけ、かつおこんぶ、大葉みそ、あさりの佃煮(つくだに)など、10種類近くのおにぎりがズラリと並ぶ。店内にある木のベンチに腰掛けておにぎりをパクつけば、地元の田舎に帰ったかのような、安堵感(あんどかん)に包まれるから不思議だ。

右から、しゃけ、あさりの佃煮、大葉みそ(すべて180円)

“シェアリング・ニュー・ローカリズム”で商店街をコミュニティデザイン

「お米や」を立ち上げたのはブランド開発やウェブ制作を手がけるデザイン事務所OWAN。同じ宮前商店街で、自家焙煎(ばいせん)コーヒー専門店「MR.COFFEE」と、近所の商店街でカフェ「PEDRA BRANCA」も運営しているという。

いずれも商店街を引退する店主さんから、使わなくなった店舗を貸してもらいリノベーション。商店街での小商いのバトンを引き継いだ格好だ。いったい、3軒もなぜ? OWAN代表の大塚崇雄さんがその理由を教えてくれた。

日常に溶け込む店構え

「僕たちは、地方の課題と、自分たちが住んでいる商店街の課題を掛け合わせてシェアすることで社会課題を解決していく“シェアリング・ニュー・ローカリズム”というコンセプトのもと、3つのお店をリノベーションし作ってきました」

ひとつひとつ心を込めておにぎりを握っている

「例えば、『お米や』の場合は、新潟の南魚沼のコシヒカリを作っている若い農家との出会いから生まれたんです。品種改良せずにおいしいコシヒカリをずっと引き継いでる農家さんなんですけど、農業の高齢化問題と後継者不足の現状について不安を覚えていらして。一方、僕の住む宮前商店街も高齢化とともにシャッター化し、地域コミュニティの課題を抱えている。このふたつの課題をシェアすることで、両方とも解決できればと思い『お米や』をやろうと決めました」(大塚さん)

お米は新潟の南魚沼従来品種コシヒカリを使用。地方の農家と商店街が抱える問題をシェアし、解決を目指す

お米は毎日食べるもの。カフェと違うのは、毎日お店に来てくれるお客さんが少なくない点だ。客層は、通勤途中のサラリーマンから、散歩途中のお年寄り、小さな子供、ファミリーまで幅広く、商店街で新潟の物産展と餅つき大会を開催した際は多くの住民が参加してくれた。

役目をいったん終えた古民家を「お米や」として再生したことで、ちょっとばかり寂しかった商店街の人の流れが変わったことを、大塚さんは実感しているという。

日本のソウルフードおにぎりが世界と商店街をつなぐ!

「『お米や』を始めて、おにぎりという日本人の“ソウルフード”は、商店街を、ひいては日本文化を継承するキーポイントになるのかと気付きました。おにぎりと、世界的に注目を集める建築家・長坂常さんが手がけた建物の組み合わせに興味を持ってくれた海外メディアや、クリエイターからも、取材や視察のオファーをいただくんですよ」と大塚さん。

「毎日を結ぶ」というお店のテーマ通り、国内外の人々をおにぎのりが結んでいる。

お米や
住所:東京都品川区戸越4丁目8−6
電話:03-6421-6908
時間:8:00〜15:00
休み:日曜、月曜※隔週


〈メニュー〉
「しお」(140円)
「たらこ」(180円)
「かつおこんぶ」(180円)
「ちりめん山椒」(180円)
「大葉みそ」(180円)
「しゃけ」(180円)
「あさりの佃煮」(180円)
「うめ」(180円)
「季節の炊込み」(おにぎり200円、小パック200円、大パック380円)

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

取材・文=城リユア(mogmog gizmocchi)、撮影=神保達也

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES