寒い冬は“マー活”を!知るほどに食べたくなる、シビ辛の世界。

2017/11/07

寒い冬は“マー活”を!知るほどに食べたくなる、シビ辛の世界。

最近、グルメトレンドの1つとしてよく聞く言葉が、シビれる辛さを表す「シビ辛」。これに応じてか、「麻婆豆腐を食べ歩く活動」=「マー活」をする人が増えているそう。新潟市中央区にある四川料理店「風雅」は、シビれる辛さにこだわるお店。「心もシビれる!」というほどの麻婆豆腐があります。

月刊新潟Komachi

月刊新潟Komachi

ビリビリ、というより、ジリジリ! 今まで味わったことのないシビ辛

シビれる辛さの麻婆豆腐と聞いて、真っ先に思い浮かぶのが四川飯店の陳麻婆豆腐。四川料理の第一人者・陳建民さんの子、陳建一さんが日本に浸透させた陳麻婆豆腐は、今やシビ辛の代名詞的存在と思えます。

こちら「風雅」で提供している特製四川麻婆豆腐(1100円)は、その流れをくむ一皿。陳建一さんから四川料理を学んだ、永澤さんの自信作です。「これが四川料理!」と訴えてくるような味。ビリビリ、ではなく、ジリジリ。独特のシビ辛なんです。

オーナーシェフの永澤さん。ホンモノの四川料理を貫き続けています

ジリジリの秘密は三種類の四川山椒

四川料理に使う食材で、シビれる辛さといえば、そうです、山椒です。風雅の山椒へのこだわりは、ちょっとレベルが違います。

永澤さんの山椒愛は、もはやマニアの領域。四川に足を運んでモノを確かめるだけでなく、特徴の異なる3つを仕入れて来るんです。特製四川麻婆豆腐には、全種類使います。しかも、たっぷりと。

仕入れる3つの山椒。左から、花椒、貢椒、藤椒です
まずは花椒。花山椒と呼ばれているのがこれです
次に貢椒。花椒の中でも最高級クラスのものです。とても華やかな香りがします
最後は藤椒。別名、青山椒です。青々しいといいますか、とても爽やかな香りがします

油と粉末で! 仕上げに「これでもか」と山椒を

ご存じでした? 山椒にもいろいろあるんですね。鼻を近づけると、香りが全然違います。びっくりするくらい。風雅の特製四川麻婆豆腐には、それぞれの特徴が生かされています。刺激的な辛さを持つベーシックな花椒は辛みが引き立つように油にして、個性的な香りの貢椒と藤椒はそれがダイレクトに伝わるように粉末で。とても考えられているんです。奥が深いんです。

花椒の油や貢椒と藤椒の粉は、火にかけている間は入れません
皿に盛った後、提供する寸前の仕上げにかけます。豪快に
寄りです。表面に浮かぶ油と粉がそれです。かなりの量ですね

食べてみたら驚きますよ。シビれ方が全然違いますから。ものすごく細かく舌の上が振動する感じ。まさに、ジリジリです。そして、そのシビれはなかなか止みません。ひと口食べるだけで、しばらくジリジリ。汗はダラダラです。

でも、不思議。「辛すぎて食べられない」なんて、全く思わないんですよ。もしろ、体の反応とは裏腹に、「意外と辛くない」という印象。理由は、貢椒と藤椒の香りです。口にした瞬間にフルーティーな香りが鼻を抜けて…なんだかとても上品に感じるんです。面白いですよね。山椒の辛さを山椒の香りが和らげるなんて。山椒にとことんこだわった風雅の特製四川麻婆豆腐。「心もシビれる!」。そんなファンがいるのも納得です。

 
Yahoo!ロコ中国酒家風雅
住所
新潟県新潟市中央区愛宕2丁目7-11

地図を見る

アクセス
関屋(新潟県)駅[南口]から徒歩約38分
青山駅[出口]から徒歩約42分
白山(新潟県)駅[出口]から徒歩約47分
電話
025-210-7969
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

KomachiMAG.

KomachiMAG.

新潟県のタウンマガジン「月刊新潟Komachi」のWEBマガジン。個性豊かな地元編集者が実際に見て、聞いて、みなさんに知ってもらいたいと感じたとっておきの情報を発信しています。

新潟Komachi12月号「毎日食べたいおいしいパン案内」

新潟Komachi12月号「毎日食べたいおいしいパン案内」

2017年10月25日発売

新潟の本当においしいパン屋さんを125件掲載。人気ベーカリーとの期間限定コラボパン、編集部注目の最新パンニュース、パンのお供にぴったりのジャムも紹介。

この記事を書いたライター情報

月刊新潟Komachi

月刊新潟Komachi

創刊25周年を迎えた新潟県のタウンマガジン。「グルメ」「おでかけ」「イベント」「ライフスタイル」など、新潟女性の毎日をもっと楽しくする、お役立ち情報をお届けしています。

月刊新潟Komachi が最近書いた記事

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES