熊本の魅力を再発見! 伝統工芸の町“荒尾市”に行ってきた!

2017/11/14

熊本の魅力を再発見! 伝統工芸の町“荒尾市”に行ってきた!

熊本県内の市町村にお邪魔して、その土地の魅力を再発見する『タンクマ』人気コーナー『市町村おじゃまし隊』。まだまだ知らない市町村の「いいとこ探し」に、今すぐ出掛けて♪

月刊タウン情報クマモト

月刊タウン情報クマモト

荒尾市 西に有明海、東に小岱山と豊かな自然に囲まれる。炭鉱や古墳、レジャー施設など、新旧の観光スポットが充実。

今回ご紹介するのは★の3軒

伝統工芸に触れて スローな大人の遠足を満喫

熊本市から車で北上すること約1時間、荒尾市に到着。静かな街並みながらも、日本の近代化に力強く貢献した万田坑や、5世紀前半に作られた古墳群など、脈々と続く歴史がすぐそこに感じられる。

“おとなランチ”1080円(Calcutta Cafe)

ランチを探して目に留まったのが、コーヒーカップのイラストがかわいらしい水色の看板。ここ『カルカッタ カフェ』は、ウッド調のインテリアで居心地が良く、キッズウェルカムな雰囲気が魅力。看板メニューは、お子様ランチの大人版ともいうべき“おとなランチ”。ハンバーグやエビフライ、フルーツなどが盛られたワンプレートは、童心に返ってワクワクする夢のような一品だった。

ナチュラルな雰囲気が魅力(Calcutta Cafe)

陶芸家気分に浸り 日頃の雑念を忘れる

ここ荒尾の特産品といえば、約400年の歴史を持つ、全国伝統的工芸品である「小岱焼」が有名。初心者でも気軽に陶芸体験が出来る『小岱工芸館』へと向かった。講師を務める「ちひろ窯」の前野さんに教えてもらいながら、陶土をこねる作業からスタート。土を何層にも重ね、ろくろを手で回しながら形づくっていくのだが、どうにもうまくいかない。

窯元の講師が丁寧に教えてくれる(小岱工芸館)

全神経を手元に集中していくうちに徐々に口数が減る。「見た目は地味だけど、使い勝手の良さが抜群」と語る前野さんの言葉に救われながら、なんとか作り上げた作品は、形は不細工ながらもお気に入りの一品になる予感。焼成をお願いし、仕上がる1か月後の再訪を誓ってこの場所を後にした。

素朴な風合いが普段使いにもってこい(小岱工芸館)

時刻は夕方に差しかかり、慣れない陶芸体験で凝り固まった体を癒しに『ドリームの湯』へ。里山の温もりを感じる露天風呂や開放的な露天のジェットバス、よりリラックス出来る寝湯など種類豊富。微乳白色のヌルヌルした湯が新鮮で、時間を忘れて湯あみを堪能した。

五木村の巨石を並べた露天風呂(ドリームの湯)

いつになく、時が過ぎるのを早く感じた荒尾市散策。次は出来上がった小岱焼を引き取りに行きつつ、絶景と評判の夕陽に染まる有明海を眺めたい。

Calcutta Cafe(カルカッタ カフェ)

クリーム色の外壁に水色がアクセント

三姉妹と元寿司職人の父親が腕を振るうカフェ。子供が遊べるキッズスペースやキッズメニューもそろい、ファミリーでの利用も多い。店内の一角ではハンドメード作家の作品を始め、カラフルな雑貨やアクセサリーも販売。

Yahoo!ロコカルカッタ カフェ
住所
荒尾市東屋形4-2-24

地図を見る

アクセス
荒尾(熊本県)駅[出口]から徒歩約38分
南荒尾駅[出口]から徒歩約39分
電話
0968-57-9192
営業時間
11:00~20:00
定休日
木曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

小岱工芸館(しょうだいこうげいかん)

器やお皿、マグカップなど、自分好みの作品を作れる

国の伝統工芸品である「小岱焼」作りを体験出来る公共施設。料金は、粘土1kgと焼成代を含めて2000円とリーズナブル。遠方の人には着払いで郵送可。1日陶芸体験の他に、半年間通う定期教室(月2回)もあり。

Yahoo!ロコ小岱工芸館
住所
熊本県荒尾市野原1523

地図を見る

アクセス
長洲駅[北口]から徒歩約54分
電話
0968-68-7400
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

ドリームの湯

遠赤外線サウナ、100%源泉水噴霧式ミストサウナもあり

源泉かけ流しの天然温泉で、美と健康づくりを目指したメディカル・スパ。露天風呂や歩行浴、サウナといった多彩な温泉の他、20種類以上のフィットネスマシーンが並ぶ。いつでも一番風呂が楽しめる家族風呂と食事処もあり、一日中楽しめる。

Yahoo!ロコ荒尾温泉 ドリームの湯
住所
熊本県荒尾市水野1534-1

地図を見る

アクセス
南荒尾駅[出口]から徒歩約28分
長洲駅[北口]から徒歩約46分
荒尾(熊本県)駅[出口]から徒歩約57分
電話
0968-68-7773
営業時間
11:00~22:00
定休日
第三水曜
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

この記事を書いたライター情報

月刊タウン情報クマモト

月刊タウン情報クマモト

創刊から37年、熊本県民の皆さんに“タンクマ”の愛称で親しまれ続けるている『タウン情報クマモト』。グルメ、温泉、観光、人、音楽、ファッション、アートなど、熊本の“旬”を満載。毎月27日発売。360円。

月刊タウン情報クマモト が最近書いた記事

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES