世界一の大梵鐘が響き渡る『蓮華院誕生寺奥之院』/熊本

2018/09/23

世界一の大梵鐘が響き渡る『蓮華院誕生寺奥之院』/熊本

世は「絶景ブーム」。熊本にも「自慢したい絶景」がたくさんあるって、ご存知ですか? 誰もが知る絶景から、ちょっと目線を変えて出会える絶景まで、12の絶景をお楽しみください。

月刊タウン情報クマモト

月刊タウン情報クマモト

寺院の町・玉名で心の平穏を取り戻す
[玉名]蓮華院誕生寺奥之院

個性ある寺院が点在することで知られる町・玉名。その歴史は長く、一つひとつ学びながら巡るには数日かかってしまうほど。今回は、世界一の大梵鐘を有する『蓮華院誕生寺奥之院』と、その周辺スポットをご紹介。

1日に2回打ち鳴らされる大梵鐘の音が
人々を平穏へと導いていく

“日本一”の見どころ満載。
驚きの特徴を持つ寺院

早朝6時と正午の2回。厳かに打ち鳴らされる大梵鐘が響き渡ると、土地の人たちは手を合わせ、その日一日の幸せを祈るという――。玉名の人たちと深いつながりを持つ『蓮華院誕生寺奥之院』の魅力に迫る。

玉名の地で誕生した皇円大菩薩(こうえんだいぼさつ)を本尊とする、真言律宗の九州別格本山の寺格を持つ蓮華院誕生寺。その歴史は古く、鎌倉時代の永仁6(1298)年の『東妙寺文書』(重文)によれば、「惠空上人が浄光寺蓮華院を建立した」と記されている。戦国時代に焼失するも、昭和5(1930)年に再興。さらに昭和53(1978)年、本院から北に約4キロ、霊峰・小岱山の中腹に開創されたのが奥之院だ。

有明海を眼前に望み、周囲を深い緑に包まれた場所に東京ドーム12個分の広大な敷地を有し、世界一の大きさを誇る大梵鐘『飛龍の鐘』をはじめ、日本初の「登って、お参り・修行ができる五重塔」など見どころが満載。五重塔の五層目回廊からは、天気の良い日は遠くに雲仙普賢岳を望むこともできるので、その日の運試しに登ってみるのも面白い。

風が穏やかな日は、逆さ「五重塔」に出会える

敷地内を彩る紅葉や桜、シャクナゲなど四季折々の花木も素晴らしく、腰をおろして飲食を楽しめるスポットも用意されている。古くから多くの僧が修行を積んだと言われるこの地は、願い事の1つは必ず叶うと言われる「一願成就」のパワースポットとして、訪れる者を静かに受け入れてくれる。

参拝を経て清らかな心を取り戻した後は、『畑のキッチンちゃぶ台』でマクロビオティック料理を堪能。さらに、熊本を代表するパティスリー『ロワゾー・ブルー』で宝石のように輝くスイーツをお土産にゲットしたら、忘れられない1日になるはずだ。

玉名、広域MAP

お立ち寄りSPOT

[玉名市岱明町]
畑のキッチン ちゃぶ台

築100年の古民家でいただく
マクロビオティック

農薬・化学肥料を使わない、みずみずしい旬の野菜を使った料理を提供する一軒。築100年の古民家は、まるでおばあちゃんの家を訪れたかのような雰囲気でホッとする。おすすめは“ちゃぶ台定食”1550円。酵素玄米や季節のおかず7品からなり、滋味深い味わいがうれしい。野菜やお弁当の販売もやっているので、ドライブ途中に立ち寄って。

心地よい満腹感で満たされるヘルシー定食
「特に酵素玄米は自慢の一品」とスタッフ
築100年の古民家は天井が高く落ち着ける

[玉名市中]
創作仏蘭西菓子 ロワゾー・ブルー

製菓コンテストで日本一に輝いた
実力派シェフの店

2007年に製菓コンテスト『ルクサルドグランプレミオ大会』で優勝し、日本一の称号を得たシェフパティシエ・霜上明宏氏が創り出す、アーティスティックなプチガトーが迎えてくれる。旬の素材が持つポテンシャルを存分に引き出したスイーツは目と舌に至福をもたらす逸品ぞろい。ショーケースの前でどれにするか悩むひと時も楽しんで。

旬素材を贅沢に使った限定品は要チェック
マシェリ450円とムラングシャンティ400円
店内の一角にはカフェコーナーも完備

この記事を書いたライター情報

月刊タウン情報クマモト

月刊タウン情報クマモト

創刊から37年、熊本県民の皆さんに“タンクマ”の愛称で親しまれ続けている『タウン情報クマモト』。グルメ、温泉、観光、人、音楽、ファッション、アートなど、熊本の“旬”を満載。毎月27日発売。360円。

月刊タウン情報クマモト が最近書いた記事

SERIES