熊本県上天草・天草五橋を海から仰ぎ見るクルージングが人気

熊本県上天草・天草五橋を海から仰ぎ見るクルージングが人気

2018/09/18

世は「絶景ブーム」。熊本にも「自慢したい絶景」がたくさんあるって、ご存知ですか? 誰もが知る絶景から、ちょっと目線を変えて出会える絶景まで、12の絶景をお楽しみください。

月刊タウン情報クマモト

月刊タウン情報クマモト

“海上”という視点から見つめる絶景
上天草・天草五橋

変わらない自然と、人々の手によって作られた人工物。一見ミスマッチにも思える2つだが、共に時を重ねると次第に景色と一体になるから不思議だ。天草では、5つの橋と海が織りなす唯一無二の絶景を楽しめる。

潮風に吹かれながら爽快クルージング

非日常へと誘う30分間。
“海の散歩”を存分に

1966年に開通した天草五橋。三角から大矢野島、永浦島、大池島、前島、そして天草松島までの島々を5つの橋で結んでいる。橋の開通により車でのアクセスがしやすくなり、日本三大松島の1つである絶景も気軽に楽しめる。

熊本人にとって定番のドライブコース天草。中でも大小約20もの島々が浮かぶ松島の景色は“日本三大松島”の1つに数えられ、いつ訪れても心をゆさぶる景色との出会いが待っている。そんな絶景を陸からではなく、海から楽しめるのが『シークルーズ』の“天草五橋クルージング”だ。前島にある発船場から出発するクルーザーに乗り出発。穏やかな波間をゆっくり動き出した船は、すぐそばの前島橋(4号橋)をくぐり、次第に松島橋(5号橋)が見えて来る。

それは海と空のブルーを背景にくっきりと浮かび上がる赤いアーチ。美しいコントラストに見惚れているうちに橋の下をくぐり始め、今度は太いパイプや強固な橋組が間近に。そのダイナミックな姿に思わず乗船客が一斉にカメラを向ける。続けて中の橋(3号橋)、大矢野橋(2号橋)へ。ランガートラス、ラーメン工法、パイプアーチ……と橋の形状の違いに気づくのも、海からのアプローチならでは。「海を散歩するように」と設けられたコースだけあり、所要時間は30分。爽やかな海風が感動を運んで来てくれる。

「天草五橋クルーズ」でこの絶景に出会える!

海上からの景色を楽しんだ後は、丘から海を臨む絶景スポットへ。クルージング船の発着ポイントに数年前に完成した複合施設『リゾラテラス天草』は、レストラン、ベーカリー、物産店などを併設していて、訪れて欲しい場所の1つ。ラグジュアリーなランチを楽しむならリゾートホテル『天空の船』内にあるイタリアンレストランへぜひ。

上天草MAP

お立ち寄りSPOT

[上天草市松島町]
Ristorante Festa del mare
(リストランテ フェスタ デル マーレ)

天草の食を凝縮!
海に迫る絶景レストラン

県外客にも人気が高いリゾートホテル『天空の船』。その中にあるイタリアンレストランがココだ。イメージしたのは天空に浮かぶ豪華客船。全席オーシャンビューになっていて、紺碧の海と島々を臨みながらの食事は五感を満たしてくれる。ランチは土・日・月曜、祝日のみの営業で、天草産の肉や有機野菜をふんだんに使用。

北イタリアで腕を磨いたシェフによる本場の味
ため息が出るほどの景色が目の前に広がる
食事は前日までの要予約

[上天草市松島町]
L’ISOLA TERRACE AMAKUSA(リゾラテラス アマクサ)

食事や買い物を楽しみながら
オーシャンビューを満喫

ウッドデッキでつながる7つのショプを行き来しながら、海辺でゆったりとした時間を過ごせる。注目はハワイアンテイストのランチがおすすめの『プレートカフェ・リゾラ』。ぜひ潮風を浴びるテラス席で、プチトリップ気分を堪能して。帰る前に、天草の美味が揃う『リゾラマ―ケット』でオリジナルお菓子をゲットするのを忘れずに。

“天草黒糖ばなな” 864円(20本入)
“エスプレッソサブレ”1,080円(24枚入)
“天草オリーブ&ソルトラングドシャ”1,000円(16枚入)

この記事を書いたライター情報

月刊タウン情報クマモト

月刊タウン情報クマモト

創刊から37年、熊本県民の皆さんに“タンクマ”の愛称で親しまれ続けている『タウン情報クマモト』。グルメ、温泉、観光、人、音楽、ファッション、アートなど、熊本の“旬”を満載。毎月27日発売。360円。

月刊タウン情報クマモト が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載