わざわざ出掛けたい!熊本の人気店『BAKERS/ベーカーズ』

2017/12/04

わざわざ出掛けたい!熊本の人気店『BAKERS/ベーカーズ』

ひとつの目的地のために、車を走らせるのは、正直……という人も多い中、このコーナーで紹介するお店は、みんなが“わざわざ”出掛ける人気店ばかり。一体何を求めて、人々は出掛けるのか? あなたの目で確かめてみて!

月刊タウン情報クマモト

月刊タウン情報クマモト

御船町でレトロキュートなカフェバスが発進!

目的地になる『BAKERS/ベーカーズ』のバスカフェ

国道445号沿いの交差点、恐竜のモニュメントの後ろにドーンと置かれた存在感のある大きなバス。いまや御船のご当地名物“恐竜バーガー”を提供するベーカリー『BEAKERS』が2017年10月にオープンしたカフェで、早くも御船町の新たなランドマークになっている。

通り沿いでひと際目立つバスカフェ

「かわいい! バスが届いた時、みんなで聖なるバスだよって盛り上がったんです。沢山の仲間が、内装から電気や水道の工事などそれぞれの専門分野で協力してくれて完成しました」とオーナーの宮本さん。店舗として利用しているのは、白く塗られた、いわゆる“school bus”と呼ばれる大きなアメリカ製のバス。前方にはかつての所有者であるカリフォルニアのバプティスト教会の名が点刻してある。中に入ると、流石にアメリカのバス! 広々とした空間には、窓毎に小さな木のテーブルが設置され、思わず写真を撮りたくなるフォトジェニックな雰囲気だ。

“BLT恐竜バーガー”600円に“ポテト”と“コーヒー”200円を付けて

いただけるのは、こだわりのバーガーやホットドッグ、コーヒーなどのカフェメニュー。もちろん自慢のパンは移転後も健在。上質なパン粉“ゴールドクラウン”と北海道バターを用いて作る食パンやシフォンケーキ、九州産小麦粉・全粒粉、豆乳を使い香ばしくもっちり焼き上げた“恐竜バーガー”専用のバンズなど、変わらず丁寧に焼き上げた商品ばかりが並ぶ。

思いのほか広い店内は雰囲気も◎。恐竜クッキーなどもあり

「御船愛」に満ちた宮本さん。町おこしに取り組む人たちから依頼されて“恐竜バーガー”を開発した事をキッカケに、御船の町おこしに関心を持つようになったという。この活動からつながり、熊本地震後に知り合った人の提案・協力もありこのカフェが完成したというから運命すら感じてしまう。

だからこそ、使用する素材は、地元で有機農業を営む『清村養豚』のお肉を使ったり、栗や抹茶をはじめ御船素材を盛り込んだり、カップも御船窯作を使用。「御船ってこんなに魅力的だったんだ」と気づかせてくれるバスカフェで、ゆっくりと楽しい旅に想いを馳せたい。

栗や豆乳など御船素材を用いたシフォンケーキは人気だ

白地に緑のストライプが印象的な大きなバスの中は、なんとベーカリーカフェ! 広々とした空間はアメリカのバスならでは、どこか懐かしさを感じる内装も雰囲気抜群。運転席のある入り口から乗車すると一番奥がキッチンで、その前のショーケースにはお手製のシフォンケーキやイギリスパンが並んでいる。また、御船町のシンボル・恐竜のモニュメントが置かれ、トロピカルな植栽が施された前庭にはテーブルもあり、ここで食事を楽しむことも可能。

「かわいいバスに遊びに来てくださいね。待っています」 店主・宮本昌枝さん

BAKERS cafe BUS(ベーカーズ)

住所: 熊本県上益城郡御船町木倉155-1
電話番号:090-4584-3235
営業時間:11:00〜18:00
定休日: 月・木曜(木曜は事前予約でパンのみ販売可)
備考:
・清村養豚無添加ソーセージホットドック……400円
・THE焼き恐竜バーガー……500円
・THE煮込み恐竜バーガー……500円

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

この記事を書いたライター情報

月刊タウン情報クマモト

月刊タウン情報クマモト

創刊から37年、熊本県民の皆さんに“タンクマ”の愛称で親しまれ続けるている『タウン情報クマモト』。グルメ、温泉、観光、人、音楽、ファッション、アートなど、熊本の“旬”を満載。毎月27日発売。360円。

月刊タウン情報クマモト が最近書いた記事

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES