奈良の家庭の味「茶粥」がワンコインで味わえる!

特集

全国ご当地グルメ(奈良県編)

2016/05/17

奈良の家庭の味「茶粥」がワンコインで味わえる!

米をほうじ茶や番茶などの茶で炊いた茶粥は、奈良県では日常的に食べられている郷土料理。各家庭で微妙に作り方は異なり、漬け物やつくだ煮、あられなどをのせてアレンジして食べることも多いようだ。桜井市にある「いにしえ茶屋」では、家庭的な茶粥のセットをワンコインで気軽に味わうことができる。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

茶粥は懐かしい母の味

遺跡や文化財が多く、邪馬台国の中心地であったと考えられていることから「卑弥呼の里」とも呼ばれる奈良県桜井市。名産の三輪そうめんは、全国的なブランドとして知られている。

そんな桜井市でそうめん処・喫茶「いにしえ茶屋」を営む西村八重子さんは、地元の農家の出身。子供のころ、毎日のように、母親がほうじ茶の茶粥を作ってくれたのを覚えているという。

「よく大和の朝は茶粥で明けると言われますが、うちでは、茶粥は、農作業の合間や小腹がすいたときのおやつ代わりでした」と西村さんは語る。

大人になった西村さんは、近鉄桜井駅からほど近い場所で酒屋を営んでいた今は亡きご主人と結婚。2000年ごろ、駅前に地元の人や観光客が立ち寄れる飲食店がないことに気付き、酒屋に併設する形で「いにしえ茶屋」を始めた。

店は近鉄桜井駅のすぐそばにあり、日本最古の道と言われる「山の辺の道」を散策する際に、ランチや休憩スポットとして利用する人が多い

漬け物やつくだ煮と一緒に味わうのが地元風

「いにしえ茶屋」では、そうめんやにゅうめん、茶粥、黒米カレーなど、この土地ならではの料理メニューが取りそろう。料亭のよそ行きの味ではなく、奈良の一般の人が普段から親しんでいる家庭の味を楽しめるのがこの店の一番の魅力だ。

「茶粥セット」(500円)には、奈良県産米「ひのひかり」を使った茶粥に、旬の野菜を使ったおかず一品、漬け物、佃煮が付く。「子供のころ、母が作ってくれた茶粥を思い出しながら、あまりかき回さず、さらっと仕上げています」と西村さん。

ほうじ茶が香る味わい深い茶粥を、地元風に漬け物やつくだ煮と共に堪能したい。

「茶粥セット」(500円)。茶粥のほかに、野菜をふんだんに使った家庭的なおかず一品が付くのがうれしい

そのほか、地場産業である三輪そうめんを使った料理も人気だ。夏は「冷やしそうめん」、冬は「にゅうめん」(ともに670円)で楽しめる。

観光や散策でおなかがすいたときには、黒米、おかず1品、漬け物が付く「にゅうめん定食」(830円)などのセットものもおすすめ。ランチや休憩の後には、店舗内の「古代の道本舗」でおみやげを物色しよう。三輪そうめんや吉野葛、奈良漬けのほか、オリジナル商品の地酒にも注目を。

席数14席の店内は、アットホームな雰囲気。「食後のコーヒーもご用意しています」と店主の西村さん。
Yahoo!ロコいにしえ茶屋
住所
桜井市川合258-1

地図を見る

アクセス
桜井(奈良県)駅[北口]から徒歩約2分
桜井(奈良県)駅[南口]から徒歩約3分
桜井(奈良県)駅[南口]から徒歩約3分
電話
0744-42-9288
営業時間
11:00~18:00
定休日
毎週月曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES