ブルーボトルコーヒー三軒茶屋は元診療所。地域密着型店舗の魅力

特集

【東京Clips!】今年行っておきたいスポットが続々登場!

2017/11/11

ブルーボトルコーヒー三軒茶屋は元診療所。地域密着型店舗の魅力

ブルーボトルコーヒージャパン合同会社は、国内7店舗目となる「ブルーボトルコーヒー三軒茶屋カフェ」を10月27日にオープンした。地名のとおり、地元の方のコーヒーを楽しんでもらうための「茶屋=休憩所」になるようにという思いを込めて出店。内覧会で店舗を見に行ってきた。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

ブルーボトルコーヒーって?

ブルーボトルコーヒーは2002年に開業し、今年で創業15周年を迎える。サードウェーブコーヒーの代表として、焙煎してから48時間以内のコーヒー豆だけを使用し、一杯一杯ドリップして淹れた高品質なコーヒーを提供している。国内では2015年に清澄白河に第1号店を開き、今回オープンした三軒茶屋カフェが第7号店となる。

人と人とをつなぐ場として出店

三代にわたり三軒茶屋に住むオーナーの「祖父母が営んでいた思い出の詰まった診療所に新たな価値を加え、コミュニティをつなぐ場所にしたい」という思いに創業者が共感。築50年の歴史ある旧診療所をリノベートして出店するにいたった。

店舗は道沿いから少し奥に行った場所にある

三軒茶屋カフェのこだわりはこちら

1.創業から変わらぬコーヒーへのこだわり
2.毎日焼き上げる自慢のフード
3.憩いの場、三軒茶屋カフェ

1. 創業から変わらぬコーヒーへのこだわり

日本では7店舗目となる三軒茶屋カフェのコーヒーは、国内1号店の清澄白河ロースタリー&カフェにあるロースタリーで焙煎したコーヒー豆を使用している。季節に応じた豆を使い、いつ訪れても旬のコーヒー豆を使ったおいしい一杯を味わえる。常設のメニューだけでなく季節限定のメニューも用意されるので、そちらも楽しむことができる。

手間を惜しまず丁寧に淹れてくれる
ほどよい酸味の、ブレンド 450円
まろやかで口当たりがよい、カプチーノ 500円

2.毎日焼き上げる自慢のフード

ペイストリーは毎日キッチンで焼き上げて提供する。サンドイッチなども用意されており、気分に合わせてコーヒーに合うフードを一緒に楽しめる。また、オープンに合わせて三軒茶屋カフェでは「グリルドサンドイッチ(ベジタブル)」650円を販売していて、こちらもおすすめ。

シンプルな見た目と裏腹に具材がたっぷり詰まった、グリルドサンドイッチ(ベジタブル)
チョコレート チップ クッキー 300円 ※実際に販売されるものと大きさが異なります
バナナラム パウンドケーキ 400円 ※実際に販売されるものと大きさが異なります
内覧会のお土産でもらったオリジナルチョコレート

クッキーやサンドイッチ、リエージュ ワッフルといった軽食を提供する。フードも期間限定のメニューが用意され、時期に合わせて楽しむことができる。

3.憩いの場、 三軒茶屋カフェ

この店舗は、三代にわたり三軒茶屋に住み続けているオーナーの祖父母が営んでいた旧診療所。ブルーボトルコーヒーが新店の候補地を探しているときに、カフェの空間デザインを担当しているスキーマ建築計画の方がオーナーと話をしたのがオープンのきっかけになる。

オーナーの思い出の詰まった診療所の部分を残しつつ、来店した人の思い出に残るような、どこかやすらぎを感じられるデザインになっている。

壁はあえてコンクリートをむき出しのままにしている
サーバースペース後ろの壁も、診療所だったころの名残を残す形になっている

\地域密着の店舗/

ブルーボトルコーヒーは店舗ごとに異なるテーマを持っている。三軒茶屋カフェは、六本木カフェや青山カフェのようなオフィス街の仕事中の人が立ち寄る整然としている店舗や、新宿カフェや品川カフェのように旅行客が多く訪れるカウンター席の多い大きな店舗とは趣が異なる。茶屋=休憩所として地元の人がふらっと立ち寄り一休みできるような、小規模でどこか懐かしさのある景観で、地域に寄り添った店舗を目指している。

席のスペースは詰め過ぎないようにとられているので、のんびりと休憩することができる。日当たりも良く、時間を忘れてゆったりと過ごせるだろう。

席は全体的に日当たりがよくなっている
庭に植えられた植物から四季の移ろいを感じることができる

オリジナルグッズも

ドリンクやフード以外にも、バンダナやマグカップといったブルーボトルコーヒーのグッズも買うことができる。また、アメリカで発売しているブルーボトルコーヒーの書籍を日本語訳したものも発売されている。

コーヒー豆やトートバッグなど、いろいろ置いてあるので確認してみたい
「The Blue Bottle Craft of Coffee」の日本語版  「ブルーボトルコーヒーのフィロソフィー」3600円
Yahoo!ロコブルーボトルコーヒー 三軒茶屋カフェ
住所
東京都世田谷区三軒茶屋1-33-18

地図を見る

アクセス
三軒茶屋駅[南口B]から徒歩約2分
西太子堂駅[出口]から徒歩約9分
若林(東京都)駅[出口]から徒歩約17分
電話
03-6453-2468
営業時間
8:00~19:00
定休日
無休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

今までの店舗とはガラッと変わった雰囲気の三軒茶屋カフェ。サ-ドウェーブコーヒーなどと呼ばれているが、そういったことも気にせず、肩肘張らずに中庭を眺めながらのんびりできるカフェでした。

取材メモ/コーヒーはおいしく、日当たりも良く、植物も観賞できる心地よいカフェでした。地元の人にとってはもちろん、偶然立ち寄った人にとってもくつろげる休憩所となっていました。是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

取材・文・撮影=エストール

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES