美しい秋の景色を楽しもう! 岐阜の紅葉スポット3選

2017/11/11

美しい秋の景色を楽しもう! 岐阜の紅葉スポット3選

ついに紅葉シーズンが到来! 岐阜でこれから見頃を迎える美しい紅葉スポットをご紹介します。

NAGOYA MAG

NAGOYA MAG

岐阜で押さえておきたい紅葉スポットをチェック

岐阜で見ることができる美しい紅葉スポットをピックアップ!

\紹介するのはこの3スポット!/
1.養老公園
2.曽木公園
3.恵那峡

1.養老公園

豊かな自然に癒される

養老公園

自然に触れ合える癒しのネイチャースポット。園内には、日本の滝百選・名水 百選に選ばれ、親孝行物語の「孝子源丞内」伝説が伝わる「養老の滝」などがあります。

「養老孝子坂」から滝までの散策などを楽しみながら、四季の自然をたっぷり満喫することができます。

養老の滝

公園駐車場から徒歩30 分ほどでたどり着く養老の滝。高さ30mから流れ落ちるその光景に思わず感動!

うつくしい紅葉

山の中を吹きぬける爽やかな風を感じながら、心地よい散策を楽みましょう!

養老公園の秋

山を朱色に染める紅葉をはじめ、四季折々の豊かな情景をたっぷり観賞できます。紅葉の秋を感じにぜひ、『養老公園』に足を運んでみてはいかがでしょう。

養老公園

住所:岐阜県養老郡養老町高林1298-2
アクセス:名神高速道路大垣ICより車で20分、養老ICより車で10分
電話:0584-32-0501
営業時間:9:00~17:00(施設により異なる)
定休日:施設は月曜(祝日の場合は翌日)
駐車場:あり(平日無料)、民営駐車場(有料)

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

2.曽木公園

水鏡に映し出された美しい紅葉

昼の曽木公園

愛知との県境近く土岐市曽木町に位置する『曽木公園』「飛騨・美濃紅葉33選」にも選ばれた人気の紅葉スポット。毎年紅葉の季節には多くの人がここを訪れます。

夜の曽木公園

暗闇に浮かび上がる幻想的な光景。約170本の色とりどりの木々が優しく照らされ、8つの池の水面に美しい「逆さもみじ」が描き出されます。

ロマンチックな夜の紅葉は、デートにもおすすめです。

水面にうつる紅葉

ライトに照らされて池の水面にぼんやりと映る紅葉の姿は、昼とはまた違った風情を楽しめます。1999年にスタートしたあと隠れた名所として人気を集め、5年後には「飛騨・美濃紅葉33選」にも認定された『曽木公園』。美しい逆さもみじを見にぜひ、訪れてみてはいかがでしょう!

曽木公園

住所:岐阜県土岐市曽木町
アクセス:東海環状自動車道土岐南多治見ICより車で20分、 または中央自動車道土岐ICより車で30分
電話:0572-52-3001(土岐市役所曽木支所)
営業時間: 終日解放(ライトアップは17:30~21:00)
定休日:無休(曽木支所は土曜・日曜・祝日閉庁)
ライトアップ日程:11月10日(金)~11月19日(日)※ライトアップ期間は中学生以上200円の入場料(事業協力金)がかかります。
駐車場:25台(ライトアップ期間は臨時P600台あり)

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

3.恵那峡

穏やかな湖景と奇岩が立ち並ぶ峡谷美

秋の恵那峡

約90年前に木曽川の恵那峡をせき止めて作られた大井ダムの湖景と、奇岩・怪岩が続く渓谷美がともに観賞出来る景勝地。奇岩は屏風岩、軍艦岩、獅子岩、鏡岩など見応えがあるものが多く見られ、それらを見物するためのジェット船が周航しています。

また、秋は紅葉、春は桜をはじめツツジや藤の花など、四季を通して様々な楽しみ方ができる県立自然公園としても親しまれています。

遊覧船

恵那峡の豊かな自然の中をクルージング。黄色く色づく紅葉の美しさに癒されます。

傘岩

自然が作り出す珍しい形の岩の数々を見ることができます。恵那峡公園にある「傘岩」は国の天然記念物に指定されています。美しい水を湛える恵那峡が魅せる秋の紅葉。ジェット船に揺られながら色づく紅葉を楽しんでみてはいかがでしょう。

恵那峡

住所:岐阜県恵那市大井町
アクセス:中央自動車道恵那ICより車で約10分
電話:0573-25-4058(恵那市観光協会)
駐車場:約80台

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

NAGOYAMAG

NAGOYAMAG

20年以上、地元・名古屋、東海地区の情報を地元のライター陣で書き続けてきたノウハウを元に、雑誌からwebメディアへ展開。NAGOYAMAGはより深く、よりリアルな情報をネット配信しています。

日本プリコム

日本プリコム

お客様の”これが欲しかった!”をお届けします。 お客様の”これが欲しかった!”をご提供するため、編集、デザイン、DTP、WEB、 ITツールを駆使して、ニーズに合ったモノづくりをしていきます。

この記事を書いたライター情報

NAGOYA MAG

NAGOYA MAG

定番から通なスポットまで、より深く、よりタイムリーに情報配信。 20年以上、地元・名古屋、東海地区の情報を地元のライター陣で書き続けてきたノウハウを元に、雑誌からwebメディアへ展開しています。

NAGOYA MAG が最近書いた記事

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES