愛猫家にはたまらない 猫と一緒にお酒が呑める店 都内3選

特集

猫が大好き!

2017/11/13

愛猫家にはたまらない 猫と一緒にお酒が呑める店 都内3選

「猫と一緒にお酒が楽しめる店」として厳選した店を紹介した本が山と渓谷社より発売。著者・はるやまひろぶみ氏に都内のオススメ店と楽しみ方を聞いてみた。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

猫と美味しい料理とお酒、どちらも味わいたい人に

猫を愛する人に提案したいスポットが「看板猫がいる酒場」だ。あえて猫カフェではない店へ行く魅力などを『〜東京猫呑みのススメ〜猫と呑み助』著者、はるやまひろぶみ氏に聞いてみた。

——なぜ「猫カフェ」ではなく「猫と呑める店」なのでしょうか。

「お酒と猫が好きな人って意外と多いのですが、そういう人はあまり猫カフェには行かなかったりするのかなと。猫カフェは猫を愛でに行くのが主な目的ですが、この本に登場する店はあくまでも飲食に行く店で、お客さんもその店のお酒や料理が好きな人ばかりです。そんな猫と酒が好きな人にとっては堪らないお店をみんなに教えてあげたいと思って」(はるやまさん)

猫に会う+お酒を呑む

——猫がいる店で呑む魅力とはなんでしょう?

「猫って我儘気儘(わがまま)じゃないですか。そういうところって呑み助と近いものがあるんですよ。あ、呑み助っていうのは酒好きな酔っぱらいのことなんですけどね。だから寄ってくれば相手をするし、知らん顔をしているならこちらからもちょっかいを出さない。でもその子(猫)が好きだったら見つめながら呑む、みたいな。自然体で呑めるんだけど、なんかニヤニヤしちゃったりして」(はるやまさん)

かまったりはしないけど、つい注目してしまう

——そういうお店で楽しむときの注意点はありますか?

「特段、猫に対して上にも下にもならないことでしょうか。猫は店のスタッフか同席した客だと思うくらいでいいのではないですか。お店の人から、『おもちゃどうぞ』『おやつあげてください』と言われたら、遊んであげてください」(はるやまさん)

はるやさんに聞いた
都内オススメ猫酒場3軒

「あしびなー」(中野)

沖縄料理と泡盛と黒猫を堪能できる店

 

中野にある沖縄居酒屋「あしびなー」。ここには、まだ若い黒猫がいる。

はるやまひろぶみさん
はるやまひろぶみさん
「産まれたてのころに近所で救われて、2カ月くらいになるまで店のスタッフが24時間体制で育てた子です。だから人に慣れているというか怖がらないというか、自由でやんちゃな男の子です。名前は沖縄方言で“黒”という意味のクルーです」
大人になっても顔が小さいクルー

猫が目当てで来るお客さんよりも、沖縄料理やお酒を楽しみに来る人が多い。

はるやまひろぶみさん
はるやまひろぶみさん
「料理は本当におすすめできます。ただ、たまに店主の金城吉春さんがよかれと思って新たなアレンジを加えることもあって、それが当たったり……個人的にはごくたまにハズしているなあ、と思うこともあります(笑)。お酒と料理を楽しんでいる客の間を自由奔放に歩くクルーは人気者ですよ」
プルプルのてぃびち(豚足)入りおでん。コラーゲン豊富

常連だけでなく一見の客も多い。どちらにも人気のクルーと店主の吉春さん。

はるやまひろぶみさん
はるやまひろぶみさん
「本には店主、金城吉春さんの格好いいエピソードも書いています。少し前の話ではありますが、その場にいて、惚れてしまいそうになるほど格好よかったです。お客さんがみんなクルーを構うわけではなく、チラッと見て笑っている光景をよく見ますね。とても自然に、“そこにいる”感じです。『店と客の距離が近い。猫と客と店主の距離が、いい具合に近い。』そんな店です」
客がいなくてオーダーがないときは三線の練習をする金城吉春さん
Yahoo!ロコあしびなー
住所
中野区中野5-53-9 内藤店舗 2F

地図を見る

アクセス
中野(東京都)駅[北口]から徒歩約5分
新井薬師前駅[南口]から徒歩約11分
沼袋駅[南口]から徒歩約15分
電話
03-3389-7810
営業時間
17:30~24:00
定休日
火曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

「神楽坂モンジャ」(神楽坂)

和やかな雰囲気の中で酒ともんじゃと猫を楽しむ

 

神楽坂にあるもんじゃ焼きの店「神楽坂モンジャ」には2匹の猫がいる。

はるやまひろぶみさん
はるやまひろぶみさん
「オープンして30年以上経つ店です。今年11歳になる三毛猫は2代目ミィちゃんで、これまでひとりっ子を満喫していたのですが、そこにやってきた新入り、1歳の黒猫クロミによって心穏やかでなくなってしまったようです。決して仲が悪いわけではないんですけど、大人のミィと元気で奔放で人気者のクロミには微妙な距離感があるようです。これは猫同士でもそうですし、猫と呑み助の間にもいえることです。人と人でもそうですよね。ちょうどいい距離感を保つことは大切なことなんです」
10歳差のミィ(右)とクロミ(左)
アニメに出てきそうなルックスのクロミ

「神楽坂モンジャ」のメニューには独創的な名前の料理が並んでいる。かつては、女優のもたいまさこさんの事務所が近くにあり、よく食べに来ていたのだそう。そのころ、もたいさんのトッピングリクエストで生まれたのが、「もたいさんスペシャル」(そば・カレー・コーン入り。1150円)だ。

はるやまひろぶみさん
はるやまひろぶみさん
「アルバイトをしていた子が作ったトッピングはその子の名前を冠しています。今後もメニューは変更や増減があるとのことなので、現時点で本に書いてあるメニューがなくなっていても、そこはご了承ください。もんじゃは基本的にスタッフが焼いてくれます。そのときにお話もできるので、どのテーブルもコミュニケーションが盛んで、お店全体が終始和やかな雰囲気なんです」
店内でひとり遊びをするクロミ
はるやまひろぶみさん
はるやまひろぶみさん
「ソフトドリンクもあります。それなのになぜ『猫と呑み助』という本に取り上げたのかというと、常連さんのなかにはミィとクロミに会いにきてお酒だけを呑んで帰る人もいるからです。ほぼ毎日来る常連の特権ですね。あと、やはりもんじゃ焼きや鉄板焼きはお酒に合いますからね。お酒のメニューも豊富で、呑み助には嬉しいですよ」
サワー類も種類が豊富
Yahoo!ロコ神楽坂 もんじゃ
住所
新宿区神楽坂5-26

地図を見る

アクセス
牛込神楽坂駅[A3]から徒歩約1分
神楽坂駅[1]から徒歩約4分
飯田橋駅[B3]から徒歩約5分
電話
03-3260-1066
営業時間
平日日・祝 17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日
火曜日・お盆・年末年始
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

「BAR 猫」(上野)

スレンダーで目がパッチリとした美猫と酔う

 

美猫が毎夜お客さんを魅了しているのは、ママさんがひとりで営む上野にあるバー。その名も「BAR猫」。

はるやまひろぶみさん
はるやまひろぶみさん
「シンガプーラという、もっとも小さい猫といわれている種のアクビちゃんが、カウンターを歩いたり酒棚にある自分の場所で寝たりしています。お客さんはママの三根さんと話をしつつ、アクビのことを気にしたりしながら杯が進む店です」
「もともと物があった棚だけど、アクビに取られちゃった」(ママ)とのこと

常連+リピーター、たまに一見さんという客層で、アクビ目当ての方も多い。バーといわれると、“ハードルが上がってしまう”と思う人もいるかもしれないが、看板に偽りなし、女性ひとりでも安心して来られる。

はるやまひろぶみさん
はるやまひろぶみさん
「ママの三根さんはとても人あたりがよくて優しいんです。アクビ目当てに来た人も三根さんの対応が気に入ってリピーターになることがあるんじゃないかと思いますね。たくさんお酒を呑んで雰囲気を楽しんでほしいです」
酒棚を歩く姿にも気品を感じるお嬢さん

店にはオモチャもあり、アクビと遊ぶことも、アクビに遊んでもらうこともできる。ただ、気が向かなければアクビは定位置で寝てしまう。

はるやまひろぶみさん
はるやまひろぶみさん
「お客さんに見える位置の酒棚を、アクビが自分の場所にしてしまったらしいです。本当にカウンターのどの席からも見えるところで、寝ていてもお客さんはその姿にニヤけてしまうベストポジションなんですよね」
「遊んでほしいの?」と言うように見つめるアクビ
ソファで微睡む姿もかわいい

BAR 猫

住所:東京都台東区上野2-8-7上野広小路永谷ビル3階
営業時間:19:00〜深夜 
定休日:日曜・第1月曜・第3水曜休
アクセス:JR・東京メトロ「上野駅」より徒歩約6分

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

猫と呑み助 東京「猫呑み」のススメ

猫と呑み助 東京「猫呑み」のススメ

著者:はるやまひろぶみ 定価:本体1300円(税別)

酒と猫が好きな“ノウミさん”と著者が、猫と呑める12店を巡る。各店のエピソードやそこで出会う呑み助の金言やボヤキなども紹介。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES