11/30、県営名古屋空港に「あいち航空ミュージアム」が誕生

特集

【名古屋Clips!】名古屋を食と文化で楽しむ。

2017/11/20

11/30、県営名古屋空港に「あいち航空ミュージアム」が誕生

2017年11月30日、県営名古屋空港に「あいち航空ミュージアム」がオープンする。機体の展示のほか、映像コンテンツや体験に特に力を入れており、大空への憧れを高めながら興味を深められる工夫満載のミュージアムだ。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

空を飛ぶワクワクを! あいち航空ミュージアム

空港の出発ゲートを模したエントランス

「あいち航空ミュージアム」ができるのは、名古屋空港の旧国際線ターミナルのエリア。2008年にできたショッピングモール「エアポートウォーク名古屋」に隣接している。
一体どんな施設なのか⁉
今回は11月30日(木)のオープンに先駆けて、その内部をご紹介しよう。

\教えてくれるのは、この人!/

いちばんお好きだという展望デッキにて撮影

案内してくださるのは、愛知県庁航空対策課主事の石原裕士さん。オープン間近で毎日多忙のなか、丁寧に答えていただいた。

至近距離で見る航空機の大きさは圧巻!

三菱のビジネスジェット「MU300」は女子ウケしそうなレトロなフォルム

オープン時点で、あいち航空ミュージアムに展示される機体は6機。これは航空博物館としては多いほうではないらしいが、ぐるり360度の至近距離から航空機を眺められる機会はそうそうない。

航空対策課 石原さん
航空対策課 石原さん
「ヘリコプターはいずれも国産の「MH2000」ですが、奥の機体はプロペラの下部を開けており、中の様子を見ることができます」
昭和天皇もお乗りになったプロペラ機「YS-11」

こちらは名古屋空港で初飛行した国産旅客機「YS-11」。
昭和40年代に航空自衛隊に納入され、2017年5月まで鳥取県の航空自衛隊美保基地で輸送機として活躍していた。
内部の前半分はVIP仕様になっている。

航空対策課 石原さん
航空対策課 石原さん
「ラストフライトは5月29日で、航空自衛隊美保基地から県営名古屋空港まで。愛知県の大村知事も鳥取に赴いて搭乗しました。機体内部は普段は公開しませんが、イベント時などに限定公開することは考えていますのでお楽しみに!」
8~14人ほど乗れる小型のビジネス飛行機「MU-2」

おもちゃのようなコンパクトサイズの飛行機は、三菱重工の「MU-2」。
これももちろん、本物の飛行機だ。
「YS-11」の翼の下に隠れるような配置は、その大きさの差を実感できて楽しい。

明治時代の航空機研究家・二宮忠八氏の「玉虫型飛行器」を基に製作

名古屋市立工業高校の飛行機同好会が作った人力飛行機「名市工フライヤー」は、1年限定のレンタルで展示されている。
2010年から製作を始め、2017年1月28日に津市香良洲町の民営飛行場で1メートルほどの高さを約70メートル飛行したという大作だ。

航空対策課 石原さん
航空対策課 石原さん
「『鳥人間コンテスト』には出場していませんよ(笑)」
零戦の正式名称は「零式艦上戦闘機」

あいち航空ミュージアムには零戦も展示されているのだが、ここの展示エリアは少し趣向が違う。
飛行機の工房をイメージした倉庫のような造りになっており、ここだけ物語の世界のような雰囲気になっているのだ。

航空対策課 石原さん
航空対策課 石原さん
「昔の工具を置いたり、壁にペンキのシミをつけたりと凝った展示室になっています」
11月3日の零戦据え付け作業の様子

去る11月3日に行われた零戦の据え付け作業の一般公開には、多くの航空ファンが詰めかけた。
オープン後の飛行機工房の展示では前からしか見ることができないため、この後ろ姿は貴重!

明治以降の名機が25分の1サイズで勢ぞろい「名機100選」

一般公開は約2年ぶりで、初の常設展示となる

あいち航空ミュージアムのエントランスを入ってすぐ左側には「名機100選」として、世界的な名機の精密模型が100機展示されている。
ちなみに明治43年以降の世界の名機を選んでいるので、ライト兄弟の飛行機は含まれない。

航空対策課 石原さん
航空対策課 石原さん
「すべて25分の1サイズなので、飛行機の大きさの違いもよくわかると思います」
展示されている実機と比べてみよう

1階に展示されている「YS-11」も模型になっている。
塗装のデザインは違うが形はまったく同じなので、見比べるとその精巧さがよくわかるだろう。

映像コンテンツはなんと3種類!

縦2m×横6mの大きなビジョン

あいち航空ミュージアムの大きな特徴は、映像コンテンツが3つもあること。
この「オリエンテーションシアター」では、飛行機作りの歴史を3D映像で学ぶことができる。

航空対策課 石原さん
航空対策課 石原さん
「長すぎず短すぎず、みなさんに楽しんでいただけるベストな時間を考えて約7分の上映としました。飛行機が客席に向かってくる映像もありますよ」
揺れる「モーションシート」で、まるで自分が空を飛んでいるかのような体験ができる

「フライング・ボックス」は、飛行機に乗った気分で愛知県や名古屋の上空を遊覧飛行できるシアター。
先に紹介した「YS-11」の実機の後方に見える、紅白の市松模様の箱がこの「フライング・ボックス」だ。

風も吹き出すので、ビックリしそうだ

飛行機のエンジンカバーの形をした立体的なパネルは、プロジェクションマッピング用のスクリーン。
ここ「”飛行”の教室」では、飛行機が飛ぶ仕組みやエンジンの構造などを学べる映像を見ることができる。

楽しく学ぼう! 職業体験やワークショップ

残念ながら、CA体験プログラムはないそう

子どもたちに大人気の職業体験のプログラムもある。
予定されているのは「パイロット体験」と「整備士体験」で、写真はパイロットの操縦体験用の施設。
先着順、予約制、整理券制のいずれになるかはまだ未定だが、かなりの競争率が予想される。

航空対策課 石原さん
航空対策課 石原さん
「操縦体験だけだとゲームになってしまうので、座学(講義)と体験で40分ほどのプログラムにする予定です。楽しみながら、しっかり学べます」
大人の講座にも期待!

サイエンスラボは、鳥や飛行機が飛ぶ仕組みを学ぶための場所。
小学校や中学校の団体利用を想定しているが、一般向けの講座やワークショップも開催していくとのことなので公式サイトはこまめにチェックしておこう。

晴れた日に通いたい、展望デッキとカフェ

車椅子利用者や子どものために、柵の部分に覗き窓も設けられている

県営名古屋空港にできるミュージアムということで、期待がかかるのはやはり展望デッキ。
屋上は3階にあたるが、普通のビルの4階くらいの高さなので離着陸する航空機を見上げることなく眺めることができる。

航空対策課 石原さん
航空対策課 石原さん
「展望デッキにはハンモックを設置する予定です。ごろりと寝転がって空と航空機を眺めるのは最高だと思います!」
次々と離発着する航空機が見られる

ここは滑走路まで300メートルと近いので、カメラ好きにとっては最高の撮影スポットになりそうだ。

だだっ広い駐機場の風景は、不思議と落ち着く

ミュージアム内にはドリンクが飲める小さなカフェコーナーがあり、駐機場に向かう窓際にカウンター席が並ぶ。
暑さ寒さに悩まされることなく、ゆっくりと駐機場を見物できるのは航空機ファンには至福の時間になりそうだ。

もっと知りたい! あいち航空ミュージアムQ&A

ライター 一番ヶ瀬
ライター 一番ヶ瀬
「ご案内、ありがとうございました! いくつかわからないことがあったので最後にお聞きしますね。まず、県営名古屋空港ターミナルビルからはけっこう遠いですね……。ミュージアムまでのアクセスは大丈夫ですか?」
航空対策課 石原さん
航空対策課 石原さん
「県営名古屋空港ターミナルビルからは徒歩10分程度かかりますが、バスもあります。またオープン時期に合わせて、名古屋駅や栄駅などからミュージアム前までのバスの運行も始まりますよ。駐車場は、1時間200円です」
ライター 一番ヶ瀬
ライター 一番ヶ瀬
「同じ日に、県営名古屋空港の隣接地に『MRJミュージアム』ができると聞きました。これは『あいち航空ミュージアム』の一部なのですか?」
航空対策課 石原さん
航空対策課 石原さん
「『MRJミュージアム』は、三菱重工グループが開発する国産初のジェット旅客機「MRJ」の最先端テクノロジーを紹介する展示と最終組立工場を一度に見学できるミュージアムですが、あいち航空ミュージアムとは別施設です。ただ、MRJミュージアム見学ツアーの集合場所はあいち航空ミュージアムの2階ですし、両方を割引料金で見学できるセット入場券も販売します。
なお、MRJミュージアムは完全予約制で未就学児不可ですが、あいち航空ミュージアムは予約不要で未就学のお子様もご見学いただけます」
ライター 一番ヶ瀬
ライター 一番ヶ瀬
「なるほど! では、あいち航空ミュージアムについて伺っていきます。見学時間の目安はどれくらいですか?」
航空対策課 石原さん
航空対策課 石原さん
「職業体験など限定人数となるプログラムを除けば、だいたい1時間半から2時間程度で見ていただけると思います」
ライター 一番ヶ瀬
ライター 一番ヶ瀬
「対象年齢はどれくらいを想定されていますか?」
航空対策課 石原さん
航空対策課 石原さん
「年齢制限はないので、小さなお子様から航空好きの大人の方までお楽しみいただけます。職業体験やサイエンスラボは小学校高学年から中学生くらいをターゲットにした内容が中心になりますが、低年齢のお子様や大人を対象にした講座も考えていきたいと思っています」
ライター 一番ヶ瀬
ライター 一番ヶ瀬
「年間パスポートはありますか?」
航空対策課 石原さん
航空対策課 石原さん
「オープン時点では年間パスポートの販売はありません。ただ、特に展望デッキを気軽にリピートしたいという要望も多いと思われますので、検討はしています」
ライター 一番ヶ瀬
ライター 一番ヶ瀬
「よくわかりました、ありがとうございました。オープンしたら、家族で伺います!」

あいち航空ミュージアム
住所:愛知県西春日井郡豊山町大字豊場(県営名古屋空港内)
電話:0568-39-0283
料金:大人1,000円、高校生・大学生800円、小学生・中学生500円
営業時間:10:00~19:00(最終入場18:30)
定休日:火曜日
アクセス:名古屋駅、栄駅、勝川駅、西春駅からバスで約20~40分

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

取材・文・撮影/一番ヶ瀬 絵梨子(日本プリコム)

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES