新潟発! “燕背脂ラーメンタクシー”ってなんだ!?

2017/11/27

新潟発! “燕背脂ラーメンタクシー”ってなんだ!?

2017年10月からスタートした新潟の観光タクシー「燕背脂ラーメンタクシー」。そのネーミングに負けないインパクトのあるビジュアルは、乗るのが恥ずかしくなるほど!?

月刊新潟Komachi

月刊新潟Komachi

背脂でギトギト!? 名物ラーメンを案内してくれるタクシーが誕生!

突然ですが、皆さん「観光タクシー」ってご存じですか? 地元のタクシードライバーがガイド役になって、観光名所や名物グルメを案内してくれるタクシーのことです。実は先日、新潟県三条市に本社がある中越交通さんが、これまでにない全く新しい観光タクシーを送り出しました。

その名も、燕背脂ラーメンタクシー!

ビジュアルのインパクトがすごい……

ニュースサイトでこのタクシーのことが取り上げられると、

「車内でラーメンが食べられるのか!?」
「座席がベタベタしてそう……」
「背脂ラーメンってそもそも何?」


などと、結構話題になったんです。確かにネーミングと外装のインパクトがヤバいですもんね! だってほら。ボディに「のれん」、タイヤホイールに「なると」、行灯にラーメン、さらに地元のゆるキャラのプリントでドレスアップされているんですから。

背脂! と勢いよく。かなり目立ちます
こちらもかなり目立ちます。ぐるぐる
行灯は今後このデザインになるんだそう。存在感がヤバい
左からセ・アブーラくん、ラメンちゃん、カーレーくん。程よいゆるさ

……とんでもないタクシーを考えたものだよっ!

とはいえ、ビジュアルのインパクトは大きいですが、至って普通のタクシーです。決して車内でラーメンが食べられたり、背脂でベタベタしているわけではありません。車内だって、普通ですよ。

おや。こんなところにラーメン情報が……
こんなところにもラーメンが……

……普通とはいえない変わったタクシーであることは間違いないようです。

中越交通さんによると「燕背脂ラーメンタクシー」燕背脂ラーメンを始め、パワースポットとして人気が高まる彌彦神社、世界に誇れるメイド・イン・ジャパンの職人技を見学できる工場、魚のアメ横として平日でも賑わう寺泊海岸など、新潟県の燕三条エリアを中心とした観光スポットをまとめて案内してくれる新しい観光タクシーとして誕生したそう。

走ってる姿は結構カッコいいですよ

そもそも“燕背脂ラーメン”とは、新潟県に根付いた特徴のある5つのラーメン「新潟5大ラーメン」の一つ。誕生の地・燕市といえば「工場の祭典」などで全国的な知名度が上がってきている世界に誇れる職人の町。世界的大ヒットとなった音楽プレイヤーの鏡面仕上げを請け負っていたのも、燕の職人たちでした。

そんな職人たちに向けた「出前」として発展したラーメンは、毎日汗だくになって働く作業員たちのため、味付けは濃いめのしょうゆベース、麺も伸びにくいように極太麺を使い、仕上げにスープが冷めないよう背脂を大量に入れるようになりました。これが燕背脂ラーメンの始まりです。

写真は王風珍(燕市)の王風麺。大量の背脂がまぶしい

職人の町らしい文化的背景もあって、新潟県の中でも燕市と、そのとなりの三条市という狭い地域の中で独自の発展を遂げ、現在では燕背脂ラーメンを目当てに、県外からも多くの観光客が訪れるまでに成長しています。

塩ラーメンに背脂を合わせた独自進化も。写真は麺屋はる(燕市)の背脂らーめん(塩)

そんな燕背脂ラーメンのことを熟知し案内してくれるのが、燕背脂ラーメンタクシー認定ドライバーたち。中越交通三条営業所の所長・山村さんもその1人です。認定ドライバーになるためには、45問中40問以上が合格ラインという中越交通独自の認定試験をクリアしなければなりません。出題範囲はラーメンのことはもちろん、地域の歴史や文化なども含まれます。認定ドライバーたちは、まさに燕三条エリアのプロフェッショナルです。

背脂ラーメンタクシーの認定ドライバーは、わずか4名のみ

実際の利用のイメージとしては、新潟の中越エリア観光の起点であるJR燕三条駅まで迎えにきてもらい、彌彦神社寺泊海岸などの観光地を巡り、燕背脂ラーメン地元スイーツを経由して、弥彦温泉まで送ってもらう、という流れでしょうか。

すごく気さくで話しやすい方でした。プライベートでもラーメンが大好きらしい

ラーメン店の案内も個人的なおすすめを教えてくれるわけではなく「燕背脂ラーメンは初めてか」「味の濃いめ薄め、麺の固さ、背脂の多さなど好みはあるか」など聞き取りながら、今の気分に合った背脂ラーメンを探してくれるんです。中には背脂ラーメンタクシーを利用して来店すると、デザート麺大盛りなどのサービスを受けられるお店もあります。ドライバーさんに相談してみましょう。

燕市には工場見学できるスポットも多く、見学の予約も代行してくれます(要相談)

ちなみに、新潟5大ラーメンの一つ三条カレーラーメンのお店も案内してくれますよ。

正広(三条市)のカレーラーメン。食欲をそそるスパイシーな香り。たまりません

今回ご紹介した燕背脂ラーメンタクシーの利用には、事前予約が必要です。料金は60分3,000円から(2名利用時の1名料金)。世界に誇れるメイド・イン・ジャパンの逸品を生み出す燕・三条エリアを知るきっかけになってほしいという思いから生まれた、一風変わった観光タクシー。新潟におこしの際は、ぜひご利用を。

Yahoo!ロコ中越交通株式会社三条営業所
住所
新潟県三条市北入蔵1-9-5

地図を見る

アクセス
東三条駅[出口]から徒歩約10分
北三条駅[出口]から徒歩約30分
三条(新潟県)駅[出口]から徒歩約34分
電話
0256382021
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

Komachi MAG.

Komachi MAG.

新潟県のタウンマガジン「月刊新潟Komachi」のWEBマガジン。個性豊かな地元編集者が実際に見て、聞いて、みなさんに知ってもらいたいと感じたとっておきの情報を発信しています。

新潟Komachi12月号「毎日食べたい おいしいパン案内」

新潟Komachi12月号「毎日食べたい おいしいパン案内」

2017年10月25日発売

おいしいパンがあると、いつもの食事がちょっと楽しくなる! 最新ニュースやエリア別パン屋さんガイド、さらに今しか味わえないコラボパンまで。誰かに教えたくなる、新潟で話題のパン情報を集めました。

この記事を書いたライター情報

月刊新潟Komachi

月刊新潟Komachi

創刊25周年を迎えた新潟県のタウンマガジン。「グルメ」「おでかけ」「イベント」「ライフスタイル」など、新潟女性の毎日をもっと楽しくする、お役立ち情報をお届けしています。

月刊新潟Komachi が最近書いた記事

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES