有松絞りの開祖・竹田庄九郎の本家が風情あるカフェ&バルに!

2017/12/05

有松絞りの開祖・竹田庄九郎の本家が風情あるカフェ&バルに!

400年以上の歴史があり、尾張藩御用として納入し諸大名との交際に土産の品として好んで用いられた有松絞り。有松絞りの開祖・竹田庄九郎の本家を一部改装して今年の2月8日にオープンした、名古屋市緑区にある『ライブラリーカフェ&バル庄九郎』をご紹介します!

NAGOYA MAG

NAGOYA MAG

風情ある古民家のカフェ&バルでくつろぐ

江戸時代にタイムスリップしたような店内で、趣向が凝らされた創作料理や、ライブコンサートなどのイベントを楽しむことができます。

染織文化の継承を目指す地元のNPO法人「コンソーシアム有松鳴海絞」が企画したこちらのお店。有松絞りの開祖・竹田庄九郎の邸宅ならではの有松鳴海絞の世界観を感じられるのも魅力のひとつです。

「アフタヌーンティーセット(2名分)」 (2700円)※要予約

ランチやパンメニュー、スイーツ、バルメニューなど様々なメニューが充実しています。どれも素材にこだわった身体にやさしいものばかりなので、子供からお年寄りまでおいしくいただけます。

写真は「アフタヌー ンティーセット」。おいしいスコーンや焼き菓子、サンドイッチは一つ一つ丁寧に手作りされています。かわいい見た目はインスタ映えもばっちり! 前日までに予約が必要なので、気になる方は事前に連絡をお忘れなく。香り高い紅茶とともに贅沢な時間を。

「庄九郎ランチ」(1620円)

イクラとホタテ、ネギトロ、マグロの3種類のアレンジ寿司は、ハマグリスープ、ドリンク、デザート付で平日限定15食のセット。

「カナッペ」と「夏野菜ゼリー寄せ」

区内にある三つの酒蔵の地酒もそろっていて、九平次はじめ地元の銘酒やワインなどのお酒に合うバルメニューは産地にこだわった素材を使用。

趣ある店内

築200年の歴史ある貴重な日本家屋を、ほぼそのままの形に残してオープンしたこちらのお店。有松ならではの絞りがあしらわれ、八畳の板の間と五畳の茶室でゆったりくつろぐことができます。

店内には絞りの研究家、故竹田耕三さんが残した染織関係の蔵書を並べて自由に読めるほか、絞りの魅力を伝える映像も流れています。

有松の伝統と趣のある素敵な空間で、おいしいランチやスイーツを楽しんで。

ライブラリーカフェ&バル 庄九郎

住所:名古屋市緑区有松1804
アクセス:名鉄名古屋本線有松駅より徒歩4分
電話:052-627-2055
営業時間:11:00~16:00、17:00~22:00
定休日:月曜
駐車場:5台

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

NAGOYAMAG

NAGOYAMAG

20年以上、地元・名古屋、東海地区の情報を地元のライター陣で書き続けてきたノウハウを元に、雑誌からwebメディアへ展開。NAGOYAMAGはより深く、よりリアルな情報をネット配信しています。

日本プリコム

日本プリコム

お客様の”これが欲しかった!”をお届けします。 お客様の”これが欲しかった!”をご提供するため、編集、デザイン、DTP、WEB、 ITツールを駆使して、ニーズに合ったモノづくりをしていきます。

この記事を書いたライター情報

NAGOYA MAG

NAGOYA MAG

定番から通なスポットまで、より深く、よりタイムリーに情報配信。 20年以上、地元・名古屋、東海地区の情報を地元のライター陣で書き続けてきたノウハウを元に、雑誌からwebメディアへ展開しています。

NAGOYA MAG が最近書いた記事

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES