ワンコインランチで話題の中国料理店は夜もコスパがすごかった!

特集

【福岡Clips!】福岡のスゴかニューオープングルメ!

2017/12/05

ワンコインランチで話題の中国料理店は夜もコスパがすごかった!

地元で人気の“博多中華”の店「侑久上海」のセカンドブランドとして、9月にオープンした「侑久飯店」。本格中国料理をワンコインで楽しめるランチがすでに話題だが、実は夜もカジュアルに利用できることをご存じだろうか? コンセプトやこだわりを、中国料理一筋の店長さんに伺った。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

本格中国料理をカジュアルに楽しめる店が天神に誕生!

カフェのようなおしゃれな店構えの「侑久飯店」

福岡市天神の商業施設、福岡パルコの新館の地下2階に、“安くて、美味しい、気軽なお店”をコンセプトとした中国料理店「侑久飯店(ゆうきゅうはんてん)」がオープンした。

こちらは、地産地消にこだわった“博多中華”を提供する地元の人気店「侑久上海(ゆうきゅうしゃんはい)」のセカンドフランド。ワンコイン価格の麻婆豆腐のランチや、本店でも人気のスペアリブといった料理の数々をカジュアルに楽しむことができる。

地下鉄天神駅の中央口、および、西口の目の前にある、福岡パルコ新館入口。侑久飯店はここから入ってすぐ左手に!

\アテンドしてくれるのはこの人!/

侑久飯店 店長の谷卓也さん。ホテルニューオータニ東京で8年間腕を磨いた後、福岡に帰郷して「侑久上海」へ。今回紹介する「侑久飯店」のメニューのレシピのほとんどは谷さんが考案したものだそうだ

本格中国料理をワンコインから! コスパ抜群のランチが話題

麻婆豆腐ランチ(500円)。写真はサラダバーとスープバーのセット

麻婆豆腐スペアリブの煮込みなど、ランチメニューは全5種ですべて白ご飯付き。プラス150円でサラダバーとスープバーがセットになるため、ボリュームは申し分なしだ。

なかでも人気なのは、ワンコインで食べられる「麻婆豆腐」。香辛料を効かせつつも醤油(しょうゆ)と砂糖をベースに作ることで、日本人の味覚にあわせた味付けとなっている。

チーズやナスなど、すべてのランチメニューに追加できるトッピング(50円~)も用意。写真は麻婆豆腐に温泉玉子(50円)をトッピングしたもの

“麻婆系”は「麻婆ナス」(600円)と「もつ麻婆」(800円)もあり、すべて辛さを5段階から選べる。トッピングにあわせて辛さを調整して注文するのがおすすめ。

スペアリブのランチも気になる

スペアリブ(700円)。カットされた骨付き肉や大根などがごろっと入り、見た目から食欲をそそる

昼に食べられるスペアリブは、骨ごとカットした国産豚肉をブラックビーンズでじっくり煮込んだもの。トロトロ食感しっかりと味が染み込んでおり、ご飯との相性も間違いなし!

店長の谷卓也さん
店長の谷卓也さん
「麻婆豆腐は、夜に単品600円で提供しているものと全く同じレシピで作っています。スペアリブも、昼と夜とで使う肉は変わりません。サラダバーやスープバーはもちろん、セットのご飯もおかわり自由なので、しっかり満腹になっちゃってください! このほかにも、冬にあわせたあったかメニュー『炊き込み餃子』(700円)も提供していますよ」

ランチタイムは16:00まで。ランチ生ビール(400円)やランチハイボール(350円)もあり、「昼からちょっと1杯」なんて利用もできそうだ。

昼だけじゃない!夜もリーズナブルに利用できる

破格のランチに目が行きがちだが、実は夜も料理が1品300円~、アルコールが1杯550円~とお得な価格帯であることにも注目したい。

本日の焼き物2種(500円)。内容は日替りで、写真はチャーシューと皮付き豚バラ。生ビール(550円)のお供にぴったり!
摩訶不思議カシューナッツ(300円)。香辛料などをブレンドした特製の粉末がたっぷり。甘さのあとでスパイシーな風味が残る“摩訶不思議”な味わい
トマトスライス(300円)。糸島産の甘いトマトに塩とごま油を垂らし、手軽なおつまみに。料理人の技術が光る盛り付けでSNS映えも狙えそう!?
オムライス(900円)。ほぐしたスペアリブ入りのソースがかかる。とろふわの卵の下には、ピリ辛に仕上げたケチャップライスが隠れる。グループでシェアするのもいい

メニュー表には、前菜から酒のアテにぴったりの一品料理、おなかにたまる麺・ご飯ものまでが並ぶ。グリル、煮込み、酢豚風と3種から選べる「スペアリブ」(1200円)は、昼に比べて肉のボリュームが格段にアップ!  ちなみに店のスタッフ内では「酢豚風」が一番人気なんだとか。

店長の谷卓也さん
店長の谷卓也さん
「骨付き肉の醍醐味(だいごみ)は、なんといっても骨の周りについているうまみたっぷりの肉を食べられること! うちのスタッフにも好評の『酢豚風』は、骨付きのままガリッと揚げています。かじった瞬間に口内に広がる、トロトロのスペアリブをお楽しみください」
スペアリブは味付けにかかわらず、一律1200円

店の人気メニューに飲み放題も付いたお得なコース(要予約)も展開。海鮮から肉料理までを楽しめ、ボリュームたっぷりだ。

飯店コース(1人4000円、注文は2人~)。デザート込みで全8品、2時間飲み放題付き。コース料理は仕入れ状況によって変更の場合もある

ちなみに、ランチ終了後すぐの16:00~19:00には「ハッピーアワーセット」も提供中。好きなドリンク2杯に料理3品(生ハムサラダ、シュウマイ2個、ヤリイカのガーリック炒め)で1500円。もちろん、1人からも利用OKだ。

どうしてカジュアル路線?

本格的な中国料理を提供しながら、なぜここまで手軽な価格を実現できるのか。尋ねると、「グランドメニューの種類を絞っているから、コストを抑えて作れるんです」と谷さんは教えてくれた。

店長の谷卓也さん
店長の谷卓也さん
「カジュアル路線は、『侑久上海』の“新たな挑戦”です。なんとなく敷居が高いと思われがちな中国料理をもっと広い世代に届けたいという思いがあります。“パルコの地下”という立地もあって、若い人にも気軽に来ていただけるようなお店を目指しました」
カウンター席は2タイプ。まるでカフェのような雰囲気だ
店の奥にはテーブル席も3つある
店長の谷卓也さん
店長の谷卓也さん
「私も職人なので、提供価格が安いからという理由だけで安易に素材や調理過程に妥協はしたくありません。一生懸命作った料理を食べてもらって、帰り際に『おいしかったよ』なんて言われたら調理人冥利(みょうり)に尽きますね

タイミングがあえば、メニュー表にない料理もお作りできます。事前に相談いただければ、予算にあわせた『おまかせコース』などにも対応していますので、よかったらぜひ!」

侑久飯店

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

取材メモ/地下鉄の改札からお店までは、約30秒と超近距離。夜遅くまで利用しやすい場所ではありますが、福岡パルコの営業終了時間(24:30)には出入口が完全に閉まってしまうそうなのでご注意ください!

取材・文=廣田祐典(シーアール)、撮影=長崎辰一

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES