全国の有名ラーメン店が福岡空港に着陸! 九州初登場麺に注目だ

特集

【福岡Clips!】福岡のスゴかニューオープングルメ!

2017/12/05

全国の有名ラーメン店が福岡空港に着陸! 九州初登場麺に注目だ

2017年11月21日、福岡や全国の有名店など9店舗のラーメン店が集まる「ラーメン滑走路」が福岡空港にオープンした。6店舗の九州初登場店舗をはじめ、福岡の実力派もそろった注目度抜群のフードエリアだ。福岡空港に“着陸”したてのラーメン店へ、さっそく取材を試みた!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

2020年のリニューアルに向けて、福岡空港での食の選択肢が増加!

通路は滑走路、店舗は駐機場をイメージした作りになっている。天井には主翼を模したV字のオブジェと誘導灯が並び、飛行機が飛び立つ躍動感を演出

2020年の完全リニューアルを目指す福岡空港。2017年2月にフルオープンしたフードホール「the foodtimes」に続き、11月21日に「ラーメン滑走路」が完成。

「全国のラーメン店が福岡空港に着陸し、福岡のお店がここから全国へ飛び立つ」をコンセプトに、全国各地の9軒のラーメン店がラインアップ。九州初出店が6軒、地元福岡から3軒が名を連ね、そのうち2店舗は、定期的に入れ替わる期間限定枠となっている。

また、抹茶のスイーツが味わえる、西日本初進出の「茶寮 伊藤園」も入り、食後のシメまで楽しめるエリアだ。

通路には、本物の滑走路に刻まれている方位を示す数字を再現

\私がレポートします!/

福岡を拠点に取材・執筆活動を行うライター・モリカワ。おいしいものと新しいものにめっぽう弱く、その両方をかなえてくれる「ラーメン滑走路」に終始テンションの高ぶりが収まらない

\ココに注目!/

1.九州初進出の常設ラーメン店が4店舗
2.期間限定店舗も登場
3.お口直しのスイーツ店も九州初!

まずは、北海道から大阪まで、九州に初上陸した常設店舗4軒をチェック!

担当者が全国のラーメン店行脚を行い、100杯以上を食べた中から、コンセプトに共感した店舗が集まった「ラーメン滑走路」。強烈な煮干しラーメンがファンをとりこにする東京の「ラーメン凪」、本場北海道産のカニなどを使った地産地消ラーメンの「弟子屈ラーメン」、進化系博多ラーメンが人気の「まんかい」、行列ができるつけ麺で有名な東京の「つじ田」など、常設店舗にはハイレベルな4軒が決定した。

ラーメン凪(From東京)

オリジナルの平麺“いったん麺”のトッピングが印象的な「すごい煮干ラーメン」890円

「煮干しが苦手な方はご遠慮ください」と掲げるほど、煮干しにこだわった一杯が味わえる。そのスープには、北は青森から南は熊本や大分など20種類の煮干しをブレンドし、一杯につき60g以上を惜しげもなく使用。自家製の中太の縮れ麺とよく絡み、最後の一滴まで煮干のうまみを堪能できる。

一人でも気兼ねなく利用できる、全席カウンターのみの店内
「空飛ぶラーメン」という、ユニークなオーダーシステムも必見。客席に取り付けられたタブレットで、麺の固さや量、辛さなどを選べば、飛行機の形をした機械がラーメンを席まで運んでくれる仕掛けだ
店長の夏山宣明さん
店長の夏山宣明さん
店長の夏山宣明さん
「モチモチ食感が自慢の自家製麺は、時間がたつごとにスープを吸ってくれるので、食べ進めるほどにおいしく変化していきます。日本が誇る和ダシ“煮干し”のうまみをぜひ楽しんでください」

弟子屈ラーメン(From北海道)

巨大な焼き豚がのった、食べ応え十分の「焼豚味噌」950円

北海道の地名「弟子屈」がそのまま店名になった、弟子屈を代表するラーメン店。カニ、鮭とば、行者ニンニク、山わさびなど道内から直送される食材を総動員した一杯が魅力だ。魚介やワイン、数種類の中華醤油(しょうゆ)が合わさった特製の味噌ダレが複雑な味わいを演出する「弟子屈味噌」のほか、タラバガニ、ズイワイガニ、花咲ガニという北海道を代表するカニが盛り付けられた「北海道三大味噌ラーメン」(1980円)など豪華なラーメンも必食。

北海道の既存店舗同様、木造で温かみのある雰囲気の店内
社長の菅原憲一さん
社長の菅原憲一さん
社長の菅原憲一さん
「お店は新千歳空港にもあるのですが、福岡空港にも出店することで、北と南の玄関空港にそれぞれに店舗を構えることができました。豚骨ラーメンの聖地・福岡で、私たちのラーメンがどのように受け入れていただけるのか、これから非常に楽しみです」

まんかい(From大阪)

純豚骨スープに潮の豊かさがフュージョンした唯一無二の「潮豚骨らーめん」860円

「未来と希望。人とのご縁を大切に」をコンセプトに福岡での初出店を果たした「まんかい」。同店は、「一風堂」で19年修行を積んだ社長の奥長さんが、地元・大阪で開店した博多系豚骨ラーメン店。基本となる「博多純系豚骨らーめん」(790円)のほか、磯の風味がやみにつきになる「潮豚骨らーめん」(860円)、女性でも食べやすい「トマト豚骨らーめん」(890円)など、3種類のラーメンが楽しめる。

縁起の良い水引を用いたカラフルなラインで富士山をかたどっている壁のアートや、主翼をイメージして斜めに配置されたカウンターなど、内装にもこだわりを見せている
社長の奥長義啓さん
社長の奥長義啓さん
社長の奥長義啓さん
「いつかは、第二のふるさとである福岡に店を出したかったので、今回の機会をいただき感謝しています。人との縁を大事にしながら、多くの方に喜んでいただけるようにがんばっていきたいです」

つじ田(From東京)

トッピングもボリューム満点の「濃厚つけ麺(250g)」880円

2003年に創業し、東京都内を中心とした首都圏に10店舗、海外に2店舗を展開する、つけ麺店。常に行列が耐えないほど人気のつけ麺は、豚骨、鶏ガラ、魚介、野菜などから作る濃厚なスープ自家製麺が最大の特徴だ。

初めにそのまま食した後は、麺にすだちを絞って爽やかさをプラス、最後はオリジナルの薬味「黒七味」をお好みでふりかけて食べるのがおすすめだ。つけ麺のほかにも「濃厚ラーメン」(780円)もある。

カウンターのほかにテーブル席も完備
店長の小林梅弘さん
店長の小林梅弘さん
店長の小林梅弘さん
「博多は東京ほどつけ麺の文化が浸透していないと思いますので、福岡につけ麺の魅力を届けるためにやってきました。少しでも多くの人にその良さを知っていただきたいです」

さらに進化を遂げた福岡の人気ラーメン店も参戦!

福岡からは、ラーメン専門誌のランキングで1位の実績を誇る「ラーメン海鳴」、“脱泡系”を掲げる屋台ラーメンの新業態「博多一幸舎 HAKATA OLD STYLE」、福岡空港で22年間愛されている「屋台ラーメン 玉龍」の3軒が入居する。

ラーメン海鳴

「ラーメン辛子明太子(めんたいこ)」(920円)。かわいいコーヒーカップのどんぶりで提供される

魚介と豚骨のうまみが絡みあった魚介豚骨のスープと自家製麺の抜群の相性が、多くのラーメンファンをとりこにする「ラーメン海鳴」。“豚骨を進化させる”をテーマに、バジルが香る「ラーメンジェノバ」などの個性派メニューを生み出す、独創麺メーカーとしても知られる。

今回、福岡空港店限定で「ラーメン辛子明太子」が登場。明太子の原液を入れたタレを使用し、トッピングにほぐし明太子をオンした一杯だ。ここでしか食べられない、豚骨と明太子の見事な融合は要チェック。

白と黒のツートンで統一された、清潔感のあるシンプルな店内
社長の大久保茂雄さん
社長の大久保茂雄さん
社長の大久保茂雄さん
「福岡のラーメン界をさらに盛り上げたいと思い、出店をさせていただきました。これからも、手作りにこだわり、豚骨ラーメンの新化を目指していきたいと思います」

博多一幸舎 HAKATA OLD STYLE

写真の「ラーメン」(780円)のほか、「黒ラーメン」(880円)と「赤ラーメン」(880円)もある

豚骨本来の濃厚でクリーミーさ表現した“元祖泡系豚骨ラーメン”として、国内外に多くの店舗を展開する「博多一幸舎」。今回は、その“泡系”とは一味違う、昔ながらの“屋台ラーメン”を提供するブランド「博多一幸舎 HAKATA OLD STYLE」を出店する。

博多の屋台で昔から親しまれてきた豚骨ラーメンに、同店が培ってきたスキルを生かし、どこか懐かしさを感じながらも独自性を感じる一杯に仕上げたラーメンが魅力だ。

入り口や店内も屋台風に仕上げている
店長の鶴丸龍弥さん

屋台ラーメン 玉龍

「ラーメン滑走路」出店を機に、味を一新した「玉龍ラーメン」(680円)

福岡空港で22年間営業した店舗が屋号とラーメンを一新。ラーメンのために作られた「ラー麦」を使用した麺と、鹿児島産の豚骨と鶏ガラを煮込んだ、濃厚かつまろやかなスープで、シンプルさを追求した豚骨ラーメンが誕生した。

ネギがたっぷりのった「ねぎラーメン」(760円)と明太子のピリ辛が楽しめる「明太ラーメン」(780円)もおすすめ。

博多の屋台をイメージした店内
店長の江頭慎一さん

定期的に店舗が入れ替わる、期間限定店も必見!

10店舗中2軒は期間限定枠となっていて、定期的に店舗が入れ替わる仕組みになっている。グランドオープンでは、つるつるのワンタン麺が人気の山形の「ワンタンメンの満月」、焦がし味噌がクセになる東京の「博多 焦がし味噌専門 五行」が入る。

ワンタンメンの満月

「ワンタンメン」(880円)

創業60年の老舗ワンタンメン専門店。“雲を飲むような感覚”を追い求めて作られるワンタンと、魚介のあっさりスープが特徴だ

モダンな雰囲気の店内

博多焦がし味噌専門 五行

「焦がし味噌ラーメン」(890円)

「一風堂」のセカンドブランドとして2000年に福岡でオープン。現在は、東京、京都、名古屋で店舗を展開する。300度以上の高熱で一気に焦がしていく、焦がし味噌焦がし醤油焦がし豚骨のタレが、独特の風味を生み出す、オリジナリティーあふれるラーメンを提供。

モダンでスタイリッシュなカフェ風の店内

伊藤園の新ブランドも登場! お口直しに最適な抹茶スイーツを味わおう!

茶屋風の気軽な雰囲気だから、ちょっとした休憩にも便利

関東では4店舗を出す「茶寮 伊藤園」は、今回が西日本初出店となる。「抹茶ホワイトチョコレートラテ」(480円)や「抹茶ーフローズン」(500円)など、九州産の抹茶を使ったスイーツをはじめ、福岡の八女茶も販売する。ラーメンを食べた後、シメとして利用したい。

ラーメン滑走路

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

取材メモ/ますます食のバリエーションが増える福岡空港は、博多駅から地下鉄で2駅と利便性も抜群の都市型空港です。飛行機の待ち時間や福岡に到着したときのファーストご飯に最適ですが、「今日何食べよう?」と困った時に、ふらりと足を運んでみるのもいいかもしれません!

取材・文=森川和典(シーアール)、撮影=長﨑辰一

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES